負け犬の遠吠えに惑わされるな!投資こそ格差社会で勝ち組になる最大の方法

投資は一発逆転ができる格差脱出の奥義

今20代の若い世代の人は非常に過酷な状況に追い込まれています。高度経済成長期やバブル経済などの恩恵とは無縁のまま、生まれたころから平成不況に苦しめられて、さらに金融危機などによって非常に就職も難しい状況です。しかも、激戦の就職活動に勝ち残って会社に就職できたとしても、資本主義色が強くなった会社は利益の多くを株主に配分して労働者には還元しません。いくら一生懸命働いても報われなくなってしまったのです。悲しいことですが、たとえ就職できようができまいが苦しい状況にさらされて生きなければならないのが今の若い世代の現実です。

しかし、悲観しないでください。どんな年代でも格差脱出ができる方法があるのです。それが ”投資” という方法です。いわば株式投資とか為替取引とか先物取引とかいうものをイメージしてください。これらの方法なら、サラリーマンのように努力が報われないなんてことはありません。投資というのは自己の努力が確実に成果につながる方法です。努力すればするだけ、大きな利益を手に入れる可能性が大きくなります。もちろん100%ではありませんが、努力すればするだけ成功する可能性が高くなるフェアな方法です。この投資を身に付けることによって経済的自由を手に入れれば、会社に依存するような弱い状態に甘んじることもなくなるのです。

 

労働者ではなく株主になって利益を還元してもらえ

21世紀は国や会社に依存しない知恵と力が必要のページで説明しましたが、21世紀になって日本の企業は労働者を重視することを止めて、株主ばかりを優先するようになりました。グローバル経済化が進んでいる現在においては、株主の配当を多くして多額の設備投資を行っていないと、世界のライバル企業に勝てなくなるからです。そのためにどんなに働いて会社に貢献しようとも労働者にはほとんど還元されなくなってしまい、いくら働いても報われない時代へなってしまいました。

しかし悲観してばかりではいけません!考え方を大きく転換しましょう!今の会社が労働者ではなく株主を重視するならば株主になってしまえばいいのです。そうすれば大儲けした会社の利益をたくさん還元してもらい大儲けすることができ、労働の賃金が少なくてもやっていけるのです。これからの時代は見返りの無い労働に見切りをつけて、新たな方法へ転換する柔軟な考え方が必要です。あなたは何故そんな劣悪な状態で働くことを受け入れているんですか?お金を得る方法を働くことしか知らないだけだからではありませんか?ならば何故他の方法を探さないのですか?わからないなら何故勉強しないのですか?今は考え方を大きく変える時代です。

金持ち父さん貧乏父さん:金持ち父さんのセリフ
私のような(金持ちの)人間はあなた方(貧乏人)が従っているルールとは異なるルールでプレーしている ・・・ 企業が(リストラなどの)ダウンサイシングを行うと株価が上がる。すると株主のふところにはまた金が入ってくる。これが(貧乏人とは)異なるルールということなんだ。従業員は(搾取されて)負け、企業のオーナーと投資家は勝ちというわけだ。 <金持ち父さん貧乏父さん .p17>

投資に対する悪いイメージや偏見に惑わされるな!

しかしいきなり投資といっても 「投資ってリスクがあるんだろ?」、「お金がいっぱい必要なんだろ?」 といったイメージがあります。そのイメージによって投資を躊躇してしまう人も多いです。ですがそういったイメージは、あくまで ”誰かから聞いた噂” に過ぎないことが大半です。あなたは投資はリスクがあるといいますが、どんなリスクなのか説明できますか?お金が必要といっても具体的にどれくらい必要なのか知っていますか?多くの人は自分で確認すらせずに物事を決め付けています。これは非常に愚かな行為です。特に 「投資なんてギャンブルだ」 という認識は大きな勘違いです。

投資をギャンブルだというのは負け犬の遠吠え

投資をギャンブルだと言う人が多いのは日本が過去に経験した 「土地・株バブル崩壊」 によるものです。若い人はあまり知らないかもしれませんが、高度経済成長期の日本では株や土地は毎年右肩上がりで上昇していました。ほとんど下落することが無かったために多くの人が 「土地は絶対に値下がりしない」 という勝手な幻想を信じていたのです。事実毎年価格が上昇したために、早めに株や家を買った人は値上がり益でガッポリ儲かりました。しかし土地が上がっていたのはバブルのせいなのは皆さんがご存知のとおりです。バブルが崩壊すると土地もどんどん下がり、土地神話は崩壊し、土地を買っていた人たちは大損しました。そして大損した人たちは 「土地は絶対に値下がりしない」 という勝手な幻想を 「投資は必ず損をするギャンブルだ」 という幻想に変更し、文句を言い始めたのです。いわば 「投資はギャンブルだ」 というのは負け犬の遠吠えなのです。この負け犬たちが損をしたのは、自ら学ぶことを放棄して欲望にまみれた結果なのは明らかですね。全く見当違いもいいところです。

投資というのは自己の努力が確実に成果につながる方法です。努力すればしただけ、大きな利益を手にすることができるのです。今の世の中を支配している ”勝ち組” のほとんどがこの投資をしています。ホリエモンだって村上さんだって、楽天の三木谷さんだって、ソフトバンクの孫さんだって投資をしています。もし本当に投資がギャンブルだったら、彼らは損しているはずですよね?投資せずして勝ち組ならずといってもいいでしょう。もちろん確定ではありませんが、サラリーマンを頑張って会社を大儲けさせて厳しい条件をクリアして昇進して幹部になって金持ちになるという道よりも、はるかにカンタンに金持ちになることができるのは確かです。

ほとんどの人はやらずに嘆いている → 貧乏がいやならやれ!

そんないい方法である ”投資” ですが、若い人の多くは前述の 「投資なんてギャンブルだ」 という悪いイメージがついているためにほとんどの人は積極的にやろうとしません。そして勝手に投資を悪いことだと決め付けて調べもしないのです。これはもう、もったいないを通り越して愚かであるといえるのかもしれません。すぐそこに金塊が埋まっている、ダイヤモンドが埋まっている、努力して掘り出せば、あなたは大きな富を手にすることができるのです。・・・にもかかわらず素通りしている。それが負け組・貧乏人なのです。

あなたはバカな負け犬の言うことを鵜呑みにして

確認も実行もせず

一生素通りし続けていくつもりですか?

現在は投資に対する理解が進んでおらず、学校はお金については一切教えてくれないうえに、悪いイメージが染み付いています。そのため多くの人は投資のことを知らない・やらない状態になるのは仕方ありません。でもそれはただの言い訳でしか過ぎません。あなたは今 ”投資” という一発逆転が可能な方法を知ることができました。もう言い訳はできません。これから投資を勉強して勝ち組になるか、このまま素通りして負け組になるかはあなたの努力次第です!

現在は投資に対する理解が進んでおらず、投資について本気で取り組んでいる人はごくわずかです。しかしこの状況は逆に考えればライバルが少ないということです。仲間が少ないのはさびしいと感じるかもしれませんが、ライバルが少なければ少ないほど自分が成功する可能性は高くなります。投資が浸透していない今の時代は、逆にチャンスであるという前向きな捉え方をしましょう!

関連記事