20代は融通が利く岡藤商事で純金積立がオススメ

金(Gold)への投資方法はたくさんある

金(Gold)は激動の時代には不可欠な勝ち組必須の資産です。しかし一口に金(Gold)へ投資するといっても、金への投資方法には様々なものが存在します。金貨や金地金のような金そのものを手に入れる方法から、先物取引など金の現物すら手に入れずに指数だけを売買する方法まで多種多様です。ここではそれぞれの方法について軽めに触れ、20代の方にオススメできる投資方法を紹介しましょう。

金への投資方法 その方法の説明
<入門者編> 金地金 漫画でよくある金の延べ棒をそのまま買う方法
<入門者編> 金貨 金貨は金貨。価値ある金貨をそのまま買う方法
<初心者編> 純金積立 毎月適度に金を積み立てていく方法
<中級者編> 金ETF 金の指数に連動する上場投資信託
<中級者編> 金FX(金証拠金取引) 証拠金を使って金指数を売買する方法
<中級者編> 金鉱株 金に関係する会社の株式を売買する方法
<上級者編> 金ミニ 金の先物取引を10分の1にした方法
<上級者編> 金先物取引 証拠金を使って金の先物を売買する方法


堅実な金投資方法は純金積立

では20代の若い人にオススメな金の投資方法はどれか?というと、長い期間をかけて堅実な金への投資ができる純金積立がオススメです。純金積立とはその名が示すとおり、毎月一定の金額で純金を積立購入していくシステムです。会社の給料を自動的に貯蓄するのには ”財形貯蓄(勤労者財産形成貯蓄制度)” や証券会社の ”ミリオン” などがありますね。これと同じように、毎月指定した金額が自動的に金融機関から引き落としされ、純金を買ってくれるというシステムです。

純金積立の最大の利点はまとまった資金が必要ないということです。本来は金地金や金貨を直接買えればいいのですが、若い20代の人にはまとまった資金がありません。その点この純金積立は、少しずつ買い足していくために毎月3000円くらいから始められますので、まとまった資金が無い若い20代の方々にも無理なく続けられます。投資信託の積立購入よりも、さらに少ない金額で無理なくできるのです。またドル・コスト法というやり方で金を買うため平均単価が低く抑えられるという特徴をもっています。長く続ければ続けるほど平均価格が抑えられるので、これから長い人生を生きていく20代に向いているというわけです。ここ最近は年金不安や金融不安と合い重なって金投資への需要が増加しています。そのため純金積立会社も、初回限定のキャンペーンとしてギフトカードやポイントをプレゼントしてくれる傾向になりますので、金投資には絶好の機会でしょう。そして純金積立で積み立てた金はある一定量に達したら 「地金」 という金の延べ棒にすることもできます。こうして少しずつ 「金塊を貯めている」 というのはとても気分のいいものですよ。

純金積立は毎月3000円程度の少額から金塊を少しずつ積み立てていくことができる制度なので、将来への時間がたっぷり残されている30代の方々にはピッタリな金投資方法

純金積立には融通が利く岡藤商事が良い

さて、純金積立を行うには、積立購入を行ってくれる業者を選ばなければいけませんね。そこで一番のオススメは岡藤商事の純金積立制度:タートルプランです。この岡藤商事は、積立の購入手数料やスポット購入の手数料などが無料ですので非常にオトクです。また、東京工業品取引所から直接買い付けを行うので、中間マージンを搾取されることが無く他の会社よりも安い値段で金を買い付けることができます。他にも商品のラインナップがとても充実しているので、貯めた金塊を金貨やジュエリーなどの宝飾品に替えることができます。ポイント制度もあり、そのポイントで交換することもできるのです。コスト、サービス面の両方で優れた業者です。

さらには岡藤商事は非常に融通が利く業者でもあります。いくら少額の積立といっても、中には 「今月はお金が厳しい」 「最近の金価格は高すぎて買いたくない」 といったことがあるでしょう。本来なら純金積立は途中で休止することが難しいのですが、岡藤商事はいつでも積立を休止することができます。もちろん余計な手数料はかからず、今まで貯めた金は岡藤商事が責任をもって保管してくれます。とても融通が利くサービスですね。

岡藤商事のURL : http://www.turtleplan.jp/
岡藤商事はコストは安くサポートが整っており金投資に最も適した業者

金(Gold)に関する詳細ページはコチラ

金(Gold)は、勝ち組には絶対に欠かすことのできない格差脱出の必須の資産です!そのため、金(Gold)に関する説明すべきこと、金(Gold)の有効活用法、金(Gold)への投資方法、金(Gold)投資の裏ワザなどここでは語りきれないことが多々ございます。そのため当サイトでは金(Gold)だけに焦点をしぼっている金塊作り専用ページがございますので、格差脱出を希望する方は絶対にご覧ください。

当サイトの金塊作り説明ページ金塊作り専用ページへ

関連記事