投資信託の運用はプロがやってくれるので投資の知識が無くても大丈夫

プロ(ファンドマネージャー)が運用してくれる

投資信託の最大のメリットとはなんといっても投資のプロ(ファンドマネージャー)が運用してくれるという点です。投資対象の選定から売買のタイミングまで何から何まですべてプロがやってくれますので、こちらは必要以上に何かする必要はありません。私たちがやることといえば、 ”投資信託を買うこと” ぐらいです。他人任せは嫌いだと言う人もいるでしょうが、素人とプロが対決すれば結果は見るまでもないでしょう。私たちのお金を増やしてくれる頼もしい方々です。

もちろん他人任せは嫌いだという方もいるでしょう。しかし個人で運用するのもいいと思いますが、独学でプロに近いレベルの知識や経験を積むのには最低3年間ぐらいの期間が必要であるといわれています。特に今までお金を知識を勉強してこなかった、いやさせてもらえなかった20代の方々は投資知識がとても少ないことでしょう。経験などを考えればそれ以上の期間が必要になることは明白です。これらを考慮すれば、今から勉強を開始して、投資のレベルを上げるまでの繋ぎとして投資信託を選択するべきなのです。もちろん自分で勉強することも怠ってはなりません。

投資のプロがリスク分散をしてくれる

投資のことわざで最も有名といわれる 「卵をひとつのかごに盛らない」 これはリスク回避のためには分散して投資することをうながしています。卵をたくさん持っていてもそれが全部入っているかごを落としてしまえば全て割れてしまう。しかし、複数のかごに分けておけば例えひとつのかごを落としても、割れるのは一部で済む。このようにある最悪のケースが起こったときに、ダメージを減らすことをリスクの分散といいます。

卵を1つのかごに入れておくとリスクが高い    分散しておけば、もし落ちても被害は少なく済む

しかし、リスク分散というのは非常に難しいものでもあります。投資のリスクを分散するには、投資先の株式や為替、商品などの環境を熟知し、どの投資と組み合わせすることでリスクが分散されるのかを徹底的に分析・理解した上で行わなければいけません。投資に関して知識や経験の少ない人にとっては非常に敷居の高いものです。

そのリスク分散を投資のプロであるファンドマネージャーへ任せることができるのが投資信託のメリットです。運用をするプロ(ファンドマネージャー)の人も投資を成功させれば、自分のボーナスがどんどん上昇するので、必死になって投資対象の分析を行いリスク分散をしてくれます。わざわざ私たちが多大な時間を割いて勉強しなくとも、投資のプロへ任せたほうがよいのは周知のことでしょう。

投資のプロの力で世界中へ投資できる

投資信託はあらゆる地域の金融商品を投資対象に入れています。その中には私たち個人投資家にとっては直接投資をしにくいものがたくさんあります。例えば海外の国です。特にBRICsとも言われるB(ブラジル)、R(ロシア)、I(インド)、C(中国)など世界の中でも成長著しいこの新興国は投資の魅力がたくさんあります。しかし、日本の投資環境ではなかなか海外の市場へ投資することは難しいのです。一部の会社で中国株、ロシア株が取り扱われ始めたりもしますが、インド、ブラジルなど投資できない所もたくさんあるのです。

そこで利用できるのが投資信託です。投資信託を運用するプロは日本だけでなく、海外に拠点や人脈をもっているところもあり、現地からしっかりした情報を得て投資することができます。個人では投資しにくい所にも、プロの環境と人脈を使って投資することができるのが投資信託の魅力のひとつです!

BRIC、ブラジル、ロシア、中国、インドという21世紀の大国ともいうべき新興国

日本とは違い、BRICsのような新興国には高度経済成長期の日本のような素晴らしい力が存在し、おいしい投資先となっています。しかし、どんなに将来性がありお宝が埋まっていても投資できなければ意味がありませんね。日本の一個人投資家がこれらの国々に直接投資するのはとても難しいです。しかし投資信託でプロにまかせてしまえば、これらの国々へ投資することができるのです。

投資信託に関する詳細ページはコチラ

投資信託は、勝ち組には絶対に欠かすことのできない格差脱出の奥義です!そのため、説明すべきこと、投資信託の有効活用法、投資信託の裏ワザなどここでは語りきれないことが多々ございます。そのため当サイトでは投資信託だけに焦点をしぼっている専用ページがございますので、格差脱出を希望する方は絶対にご覧ください。

当サイトの投資信託説明ページ当サイトの投資信託徹底解説ページです。格差脱出を希望する人は絶対にご覧になってください

関連記事