学生に人気の大企業への就職は席が少なくライバルが多くて難しい

就職氷河はようやく溶けてきた・・・?

就職氷河期には求人数と求職者数の逆転が起こった

上の図は平成に入ってからの有効求人数と有効求職者の推移をグラフにして比較したものです。ご覧のように1990年後半から2000年前半は就職氷河期と言われていて、見事なほどに求職者数のほうが圧倒的に多い環境になっています。つまりこの時期はとてつもなく就職しにくかった時期というのが、明確にデータからもわかります。この就職氷河期に就職時期を迎えた現在の30代の人には非常に不遇の時期でした。

しかし、この就職氷河期の時期も00年代の後半にもなると、ようやく回復に転じます。2002年の超就職氷河期の年度を境にだんだんと有効求人数と有効求職者の差が小さくなっていき、2006年にはついに逆転します。つまり求人数のほうが、求職者数よりも多い ”売り手市場” になったのです。これで就職氷河期は終わったように思えました。ただし、この就職情勢を大企業に限って見ると話は大きく変わります

大企業においては求人数を求職者数が大きく上回っている状態

上の図は、リクルートワークス研究所による従業員1,000人以上の大企業の求人数と、その大企業へ就職を希望する求職者の比較を表したものです。ご覧のように就職氷河期もあいまって、求人数と求職者数との差がかなり開いていることがわかります。わずかな席を巡って多くの就職希望者が殺到しているのです。求職者に対する求人数は、最近の2006年を除いてほとんど半分にも満たない状態が続いているために、大企業への就職というのは、席が少ない上にライバルが多くて、極めて困難であると言えるのです。

また運良く大企業へ就職できた就職勝ち組の人たちも、人員削減のために非常に仕事の量が多く、経費削減で十分な給料をもらえない状態が多いという意見が多数聞かれます。そのためせっかく大企業へ就職できたのに、すぐに転職したり、体を壊すなど大企業への就職=勝ち組のような単純構造とはいかないようです。