金、ゴールド、なんという輝き

金(GOLD)とは

金はその黄金の輝きから古くから宝飾品として好まれてきました。そしてその普遍的な価値から通貨としても使われました。特にヨーロッパでは戦争で目まぐるしく国家が変わり、通貨が変わるため普遍的価値をもつ金が特に重宝されました。また柔らかく加工しやすいだけではなく、熱伝導性にもすぐれ、何よりも腐食しないという金属として重宝され、工業にも多様されています。その価値は全ての時代において認められ、現在も各国政府・中央銀行・および国際通貨基金(IMF)、欧州通貨協力基金(EMCF)、国際決済銀行(BIS)などの機関が金準備を保有しています。

金の役割


・ その輝きから宝飾品に
・ その貴重性から価値ある存在に
・ その金属性質から機械に不可欠な存在に
・ その価値から全ての通貨の基軸に
・ その普遍的価値から資産保全に

その絶対的な数量の不足から、いつの時代もかなり重宝され、時の皇帝のような権力者しか保有できませんでした。ですが現在は金投資の環境が整い、一般の人々も金を手に入れることができるようになっています。しかし今後金の枯渇が確実視されているので近い将来には金は絶対的に不足し価格が高騰するため、一般の人には無縁のものになりつつあります。この輝きを手に入れられるのも今が最後かもしれません

光輝く”金”の魅力