海外FX業者の安全性はピンキリ。保証があるところだってある

海外FX業者の安全性・信頼性について

海外FX業者を利用するにあたって一番心配するのが安全性だと思います。おそらく海外FX業者を使うことをためらっている人の2大理由が 「英語が話せなくて心配だ」 と 「海外業者の安全性が心配でお金を預けたくない」 にあると思います。英語の部分は多くの海外FX業者が日本語サポートを充実させていくので、年々減っていく感じです。そのため安全性は海外FX業者を躊躇する最大の理由になってしまうかと思います。では実際、海外FX業者の安全性はどうなのか!?という結論ですが、

安全性に関しては
ピンキリである
としか言えません。

といっても話しになりませんので結論から申しますと、”大手であり、英FCAを含む複数ライセンスを保有している、評判の良いFX会社” が最も安全性が高いといえます。いくら海外FX会社といっても顧客に選ばれているところでなければ会社は存続していけません。そのため多くの投資家に評判がよく、ある程度実績を積んだ大手のFX会社を選ぶのが第一です。そういった大手会社はいろんな国にライセンスを取得していて、その中には後述する信頼性の高いライセンスをもっているところがあります。そういった外部の審査に合格した透明性の高いFX会社がよいところといえます。

登録国籍や運営国家が違うのでまちまち、多いのがタックスヘイブン

そもそも海外FX業者という言い方が紛らわしいですね。正確には日本以外のFX業者はすべて海外FX業者になってしまいます。そのためそれらのFX業者の登録されている国や運営している国家などは全く違ってきます。例えばキプロス、モーリシャス、オーストラリア、マルタ、ニュージーランド、アメリカ、イギリス、などいろんな国があります。国が違いますので制度も全然違ってくるので、日本一国のような統一された制度などがありません。なので、安全性に関してはしっかりしたところから、詐欺的なところまで含まれています。

安全性の基本は、まずそのFX会社がどこの金融監督機関に登録されているかを確認することです。日本だったら金融庁ですね。こういったところに登録されていれば、正規のブローカーということで一定の信頼を得ていることがわかります。登録されていないとあれば、無登録で詐欺をやったアライドLLCやオールインにお金を預けるようなものなので、ハッキリ言って危険です。登録先・国家として主に多いのがキプロス証券取引委員会(Cysec)やモーリシャス共和国金融庁 (FSC)、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)、BVI(英国領ヴァージン島)などです。キプロスやモーリシャス、英国領ヴァージン島などは、税制優遇地として知られるタックスヘイブンなので、ネットで場所を選ばないFX会社の多くはこのタックスヘイブンに登録先を選んでいます。基本的にオフショアのライセンスは無いより合った方がいい程度のレベルです。あまり信用はしないほうがいいですが、対象的に信頼性の高いのがオーストラリアや英国のライセンスです。特に英国の金融行動監視機構(FCA)などは登録審査も厳格で出金問題などがもしあれば登録審査はまず通らないところですから、FCAに認可されているブローカーはかなりの信頼を得ています。

資産管理方法は分別管理、保証がある業者もある

基本的に海外FX業者の資産管理方法は分別管理になっています。FX会社の資産と顧客の資産を別々の管理に置くわけですね。日本業者の信託保全みたいなところをしているところはかなり少ないです。信託保全に慣れてしまった方には分別管理は信頼しきれないかもしれません。ですがしっかりと分別管理されていれば、理論的にはFX会社がお金を持ち逃げはできないのです。この分別管理の徹底も各国でバラバラです。オフショア系のライセンスは分別管理を徹底すると謳っていても内情は全然ダメなところが多いですが、オーストラリアのASICや英のFCAライセンスでは資産管理と出金処理に厳格な規定があるため、それを満たしていないところはライセンス剥奪となってしまいます。これらのライセンスをもっているところは一定の信頼性があります。

また業者によっては複数ライセンスをとっているところもあります。例えばマルタ、キプロスなどのEU諸国の業者はEUの金融監督機関に登録されているため、審査が厳しく一定の信頼があります。ま投資家補償基金(ICF)に加盟しているところは€20,000まで口座資産が補償されます。これによりもし破綻しても2万ユーロまでの顧客資産が保証されています。業者によっては保証があるところもあるのです。一長一短があり、安全性に関しては 「業者によって異なる」 という言い方しかできないのです。

一番大切なのはハイレバレッジ業者にそもそも大金を預けないことです。海外FX業者は確かにレバレッジは高いしボーナスもありますが、大金を預けて運用するんだったら日本FX業者でも十分です。わざわざ胃が痛くなるような大金を預けるのはお勧めしません。海外FX業者の特徴であるハイレバレッジやボーナスを上手く利用するのが賢い使い方です。レバレッジも使い方次第、海外FX業者も使い方次第です。
代表的な使い方:
・ハイレバレッジ+ボーナスで大きなリターンを狙う
・ MT4のEAを作ったり買ったりして、自動売買を行う
・ 凄腕トレーダーと同じ売買をさせる、コピートレードを行う
・ エキゾチック通貨やマイナー商品、株式CFDを取引する
などが挙げられます。これらを理解できない人は手をだすべきではないでしょう。

関連記事