FXのフィボナッチでサポートやレジスタンスを把握しよう

フィボナッチとは高校数学でやった数列

今回説明するフィボナッチとはちょっと特殊な指標であり、トレンドを支えるトレンドラインや買われすぎ売られすぎを表すオシレーター系とは違い、フィボナッチというある数列を使ってある程度の上げ幅と下げ幅を予測するテクニカル指標です。このフィボナッチはかなり数学的な捉え方が含まれていますが、他の指標と同じようにやり方やシグナルを覚えておけば、だいたい問題はありません。英語名は "Fibonacci" です。

フィボナッチという言葉はどこかで聞いたことがある人も多いはずです。フィボナッチとは13世紀のイタリアの数学者レオナルド=フィボナッチが間接的に生み出した考えた数列のことです。高校の数学で数列をやってことがある人ならわかるでしょうが、どの項もその前の2つの項の和になる F(n+2)=F(n+1)+F(n) で定義される数列がフィボナッチ数列です。このフィボナッチ数列はピラミッドやパルテノン神殿の建築様式に用いられている神秘的な数列であり、自然界の法則の一部とも言われています。そして自然界にあてはまるのなら、相場の世界でもあてはまるのではないかと相場に適用されたのです。すると、思いのほかフィボナッチ数列で定義されたように相場が動くため、神秘的なテクニカル指標として浸透しているのです。

フィボナッチ数列の定義
F(0) = 0 、 F(1) = 1
F(n+2) = F(n+1) + F(n) (n≧0)
0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, …

フィボナッチがレジスタンスやサポートラインになる

高校の数学で気づいた人もいると思いますが、フィボナッチ数列はどの項も1つ上の数に対して0.618倍であり、1つ下の数に対して1.618倍であり、どの数も2つ上の数に対して0.382倍になるという法則があります。この0.618倍や0.382倍という比率が相場に応用されています。

下記の図を見てください。相場に対して、フィボナッチに関連した0.318倍、0.500倍、0.618倍、1.618倍などを適用しています。こうすると、フィボナッチに対応した数値の近くで相場が転換しやすくなっていることがわかりますね。フィボナッチに対応した数値が最初はレジスタンスラインのように相場を押さえ込み、突き抜けた後は逆にサポートラインとして機能しています。このように相場にフィボナッチ関数を適用することによって相場の上げ幅や下げ幅を把握することができるのです。フィボナッチは非常に優れたテクニカル指標なのです。ほとんどの取引ツールにはフィボナッチ機能が搭載されているので、別に計算しなくともカンタンに出すことが出来ますよ。

フィボナッチがレジスタンスやサポートとなっている

フィボナッチでレジスタンスやサポートがわかる
フィボナッチは取引ツールでカンタンに出せる

関連記事