脆弱な証券会社のシステムを作り、ISホールディングスに買収されたFXプラットフォーム

FXプラットフォームとは何か

ISホールディングス傘下のFXプラットフォーム

以前のFX業界は、ほとんどの業者がFXシステムの運営ノウハウをもっていなかったために、海外系システムに頼らざるをえませんでした。しかしそれもいまや昔の話、日々進化するFX業界では、自ら自社システムを開発する業者も出てきましたし、FXシステムの開発を行ってくれる国内システム会社も存在しています。FXプラットフォーム社はそんな開発会社の1つです。この会社は名前にFXがついていることからも明白なように、FXシステムに関する事業やコンサルティングをやっているのです。そしてここで作られたシステムはいくつかのFX業者にレンタルされて使われています。あの脆弱で不人気だった証券会社のシステムは、実はここが作ったのです。そんな老舗の開発会社は、いまや新興FXグループの傘下になってしまっています。

FXプラットフォームはISホールディングスに買収された

FXプラットフォーム社は以前、ユニコムグループHDのシステム開発会社として発足しました。そしてFXが流行り始めるころに大手ネット証券会社へ外国為替証拠金取引システム 「FXDream」 をレンタルし始めることになります。ネット証券の後には総合証券へのレンタルもやっており、証券会社のいくつかはここのシステムとなっているのです。つまり、悪名高いぼったくりで脆弱な証券会社がやるおまけサービスのFXシステムはここの会社が作ったものなのです。まぁ言うまでもなく評判は悪いです。そのため、評判や人気がないのを危惧したネット証券を中心に、システムが変更されて、FXプラットフォーム社のシステムは下火になっていきます。

ISグループ

その後株式譲渡が行われ、FXプラットフォーム社はユニコムグループから脱退し、ISホールディングスの傘下になることになります。つまり外為オンラインが属するISホールディングスに買収された形となるのです。しかしISホールディングスのグループには外為オンラインのシステムを開発したI&AS社があることから、ちょっと置き去りにされている感があります。現在新しいシステムを開発中ということですが、I&AS社がある以上、ISホールディングスが力を入れているわけではないようです。

FXプラットフォームのシステムを使っている業者

FXプラットフォームは、上述のように以前からユニコムグループのシステム開発会社として、ネット証券や総合証券会社のFXシステムを手がけてきました。あの、悪名高いぼったくりで脆弱な証券会社がやるおまけサービスのFXシステムはここの会社が作ったものなのです。その後、総合証券はFXを止めたり、ネット証券は別のシステムで新サービスを開始するなどして、FXプラットフォーム社のシステムはだんだん廃れていきました。今でもいくつかの証券会社がFXプラットフォーム社のシステムを使っていますが、そういった業者は、FX業界の変革についてこれないような ”時代に乗り遅れている業者” であるためにサービスはすさまじく悪いものとなっています。当然オススメできるような業者はありません。

今、FXプラットフォーム社のシステムを搭載しているのは 「ライブスター証券」、「ユナイテッドワールド証券」、「カネツFX」、「日興コーディアル証券」、「益茂証券」 といったところとなります。いずれもFX業者としては認知度が薄い証券会社ですね。そして言うまでもなく、何年も前のFXプラットフォーム社のシステムを使っていて評判が悪い業者です。いや、認知されてませんから評判すら全くないと言った状況なのです。その後、ライブスター証券もFXプラットフォーム社と同じようにISホールディングスに買収されることとなり、I&AS社のシステムに変更されて、ISグループの一員にされてしまいます。FXプラットフォーム社のシェアはほとんどISホールディングスによって食いつぶされてしまったようです。

ぼったくりで脆弱なシステム

関連記事