多くの先物業者にFX取引システムを提供しているフラクタルシステムズ

フラクタルシステムズとは

フラクタルシステムズは株・先物・FXなど金融関係システムの開発会社

以前のFX業界は、ほとんどの業者がFXシステムの運営ノウハウをもっていなかったために、海外系システムに頼らざるをえませんでした。しかしそれもいまや昔の話、日々進化するFX業界では、自ら自社システムを開発する業者も出てきましたし、FXシステムの開発を行ってくれる国内システム会社も存在しています。フラクタルシステムズ社はそんな開発会社の1つです。この会社は株式取引・先物取引・FX取引といった金融関係のシステムを中心に開発しています。先物関係は、先物取引業者以外にも東京工業品取引所、東京穀物商品取引所などの取引所に使われており、そのシェアの広さが伺えます。また投資信託の総合サイト 『モーニングスター』 の投信評価システムもここのものです。もちろんFX取引システムもお手の物です。

先物系のFX業者に多く使われているシステム

フラクタルシステムズ社は上述のように先物系を得意とするシステム会社です。そのため先物業者への幅広いシェアを獲得していて、多くの先物業者がやるFXサービスはここが提供しているものです。小林洋行岡地豊商事などいろんな業者へシステムを提供しているのです。撤退した北辰物産やai明治FXもここのシステムが担当していました。またヒロセ通商の新システムLionFXもここの派生ものであるみたいです。ヒロセ通商はフラクタルからシステムを提供され、自社で少しカスタマイズしたのでしょう。ヒロセ通称のLIOFXが人気だったのか、その後エース交易JFX(MATREX)の新システムにも採用されていて結構広がりを見せています

システムの特徴としては、ウェブ上でログインできる簡易的なシステムであり、初心者にとっては使いやすいといわれています。しかし肝心の取引環境は、スプレッドが広がりやすく、約定力もあまり強くないなど評判はよくありません。またJavaを使っているために、自分の使っているPCへJavaRunTimeをインストールする必要もあり、完全にウェブ上で起動できるというわけではありません。ちょっと環境を選ぶ仕様になっています。チャート分析は使いやすくて見やすいという話もあります。

フラクタルシステムのFX取引システム:Forex1

フラクタルシステムズ導入業者はどこがいいか

フラクタルシステムズのシステムを導入している業者は、上述のように先物系の業者に多く使われています。「エース交易」、「小林洋行」、「岡地」、「豊商事」、「第一商品」、「ヒロセ通商(LionFX)」、「JFX(MATREX)」 などがあります。またFXサービスをすでに閉じてしまった北辰物産やai明治FX、ばんせい山丸証券などもここのシステムを使っていました。サービス終了の原因の1つには不人気も少なからず影響していることからも、あまりいいシステムとはいえません。ただし、カスタマイズされたヒロセ通商のLIONFXが一番使いやすいともいえます。JFX(MATREX)なども採用していることから、人気は上がってきていますね。

ヒロセ通商はフラクタルシステムズの改良版

関連記事