GMOクリック証券とフォレックストレードは同じGMOクリック証券系システム

GMOクリック証券のシステムとは

金融ビックバンによってFXが始まった頃は、ほとんどの業者、特に証券会社のおまけサービスであるFXサービスでは、システムの運営ノウハウをもっていなかったために、多くの業者は海外システムの劣化コピーシステムを使っていました。しかし今のFX業界では、FXシステムの開発を行ってくれる国内システム会社がいます。そしてFX業者自らがシステムを自社開発しているところも多いのです。そんななかで、FX業者としては後発組でもあるGMOクリック証券は、証券会社としては珍しくFXシステムを自社開発しているのです。

GMOクリック証券は、前社名をGMOインターネット証券といい、正直なところあまり評判がよくない新興会社でした。ただでさえ後発組なのに、評判が悪いGMOクリック証券は、何かしら他の業者にはない違いが必要でした。それがシステムの自社開発なのです。GMOクリック証券は、もともとインターネットビジネスに強いGMOグループであったので開発は比較的楽であり、自社で独自のシステムを開発して行くことで差別化を図ったのです。システムを自社開発することによって、いちいちシステムの変更をシステム会社に注文しなければいけない他業者と違い、顧客のニーズをすぐに反映させることができています。そのため、GMOクリック証券のシステムは何度も改善され、かなり評判のいいシステムとなっています。

GMOクリック証券とフォレックストレードは同じシステム

FX業者の中には、外為どっとコムや、セントラル短資FX、最近ではI&AS社やEMCOM社が多くの業者へ提供しています。こういった自社の取引システムを同業他社へレンタルするという事業をASP(Application Service Provider)事業といいます。GMOクリック証券も、システムの自社開発がセールスポイントであるので他の業者にASP事業を行おうとしています。しかしいまのところ、他業者には搭載されておらず、GMOクリック証券の直径子会社であるフォレックストレードのみに、システムが流用されています。このことは、GMOクリック証券が提供する 「はっちゅうFX」 というトレードシステムがGMOクリック証券と瓜二つであることでハッキリとわかります。ただ、フォレックストレードはGMOクリック証券に吸収される形で無くなってしまったので、今使われているのは本社だけのようです。

関連記事