NTTや東海東京証券に使われるセントラル短資FXのシステム

セントラル短資FXとはどんな業者か

1998年の金融ビックバンによってFXが始まった頃は、ほとんどの業者がFXシステムの運営ノウハウをもっていなかったために、多くの業者は海外システムの劣化コピーのようなシステムを使っていました。しかし今のFX業界では、FXシステムの開発を行ってくれる国内システム会社がおり、そしてFX業者自らがシステムを自社開発してしまうところも現れたのです。そのなかでも金融市場で欠かせない短資会社の出資するセントラル短資FXも、FXシステムを自社開発しているのです。

高いスワップ金利と強固な信頼性を誇るセントラル短資FX

セントラル短資FXとは

セントラル短資FXは日本に3つしか無い短資系会社の1つセントラル短資の出資の出資をうけたFX会社です。事実上、倒産することがない短資会社のグループということで、セントラル短資FXは他の業者とは次元が違う信頼性と安全性を持った業者です。そのため安全性を重視する長期投資をする人に人気であり、そんな投資家にニーズに答えるように高いスワップ金利を供えています。高スワップと高い安全性で、長期投資をする投資家で不動の人気を誇っています。さらに、VIP会員には会員限定クラブサービスを導入したり、外貨両替やポイントサービスを導入するなど、サービス性が高いことでも有名なFX業者です。

セントラル短資FX系システムの特徴

高いスワップ金利と絶大な信頼性・安全性を誇るセントラル短資FXには、スワップ金利を貯める長期投資をする人が集まります。特にスワップ金利で不労所得を得ようとする初心者にニーズが高いのです。そのためセントラル短資FXのシステムは、初心者にも直感的にわかりやすい簡易なレイアウトや、やさしい操作性を実装しています。またデータベース業界シェアNo.1のオラクル社や、高速化チューニングにインサイトテクノロジー社のPerformance Insight(R)を採用し、短資会社であるセントラル短資のインターバンク市場における長年の経験を最大限活かし、安定したシステムを確立しています。インターバンク市場の経験といったところは短資会社であるセントラル短資だけの強みともいえますね。2008年には、外国為替証拠金取引システムにおける 「負荷分散設計」 に関する特許権を取得しており、安定度はかなりのものといえるでしょう。安定していて使いやすいシステムとあって初心者に使いやすいシステムといえるでしょう。一方、中級者以上の方にはちょっと物足りない感じがあるかもしれません。

安定度に優れたセントラル短資FXのシステム

セントラル短資FX系システムを導入しているFX業者

セントラル短資FXは自社の取引システムを同業他社へレンタルするというASP(Application Service Provider)事業も行なっています。そのためいくつかの業者では、セントラル短資FXのシステムをレンタルしてやっている業者がいるのです。現在のところ、セントラル短資FXのシステムをレンタルして導入しているFX業者には、「NTTスマートトレード」、「東海東京証券」、「FXクリエイト」、「セゾンFX」 があります。FXクリエイトではホームページにセントラル短資FXのシステムを使っていることを明記していますし、NTTスマートトレードのシステムなどは瓜二つであることが一目瞭然ですね。長期投資に向いているシステムだけあって、NTTスマートトレードも長期投資に向いた業者になっていますね。ただし、NTTスマートトレードなどはシステムが同じなのに手数料がかかったり、スプレッドが広かったりとセントラル短資FX以外の業者はあまり使えないでしょう。

FXクリエイトもセントラル短資FXのシステム

NTTスマートトレードもセントラル短資FXのシステム

関連記事