相場が空けてしまったギャップ(窓)を埋めるところを狙ったFX取引

ローソク足の間隔が開くことをギャップ(窓)という

あなたはローソク足とローソク足がつながってなく、ちょっと間が開いてしまったチャートを見たことがありませんか?ローソク足というのは指定された期間の始値、高値、安値、終値で構成されます。これが不自然にあいてしまうということは、前のローソク足の終値と次のローソク足の始値が離れてしまったということですね。このような前の日の終値と次の始値に大きな差(ギャップ)があるチャートのことを、開いた空間からギャップ(窓)と言います。 ”窓を開ける・窓開け” ともよく言われますね。

この窓明けは、市場が閉まっている時間に売りか買いかの注文がたくさん発注された株式市場ではとても起こりやすいです。株のチャートをみると、毎日のように窓が開いていますね。日経225などは前日のダウ平均が大きく下げた時に、ほとんど大きな窓を開けて始まります。しかしFXでは相場がしまるのが土日だけということもあって、窓を開けることは週明けに限られています。そのためFXではそれほど窓明けが起こることはありません。月曜日限定といってもいいかもしれないぐらいです。しかしこの窓明け、うまくFXトレードすれば大きなチャンスにもなるのです!

株式市場では毎日のように窓が開いている

行き過ぎた相場が修正されるところを狙う

FXでギャップ(窓)が起こりやすいのは為替相場では週末に雇用統計などの重要指標が発表されて相場が大きく動いた時によく見られます。基本的に窓が開くというのは、相場が窓を開けた方向へトレンドが形成されていると思われがちです。しかし2008年のリーマンショックなど余程の下げ材料がない限り窓明けというのは相場の ”行き過ぎ” として見られることが多いです。行き過ぎは必ず修正されますから、窓を開けてしまった相場はその窓を空ける前の水準まで戻る傾向があります。これを窓を埋める動きとして ”窓埋め” といいます。

株式市場ではあまりこの窓埋めは起こりにくいのですが、市場が開いている時間がとても長い為替市場では窓埋めが起こることが多いのです。下図を見てください。これはある通貨の週末と週明けの相場をチャートとして描いたものです。真ん中に、相場がポッカリと穴を開けたような窓開けが起こっています。しかし窓を開けた相場はだんだんと修正されていって、結局窓を開ける前の水準を回復してしまいました。この窓埋めが起こる性質を狙って取引をすればいいのです。為替での窓明けは月曜の朝早くに起こるので、早起きか徹夜が必要ですが、けっこう勝率の高い方法です。

またこの窓埋めを狙った取引には、できるだけ早い時間から取引ができるFX業者が必要です。朝にメンテナンスがあるくりっく365なんかでは絶対に向いていません。オススメはSAXOシステムを使っている業者です。SAXOシステムなら朝方4:00頃から取引ができるので、週明けの窓埋めを狙った取引に最適でしょう。SAXOシステム業者で一番オススメは、サクソバンク証券です。とあるトレーダーの方は朝方4:00頃からサクソバンク証券を利用して窓埋めを狙ったトレードをして好成績を収めています。

窓明けは行き過ぎとして修正されやすい

窓明けの相場はほとんどの確率で埋まる

下図は2010年4月のGBPJPYの相場チャートです。この時はギリシャ問題が騒がれており週末に大きな材料が出て、相場が大きく動くことがかなりありました。そんな事情がありまして、GBPJPYの相場では4月の第2週は100pips、第3週は120pipsもの大幅な窓あけを起こしています。これほどの窓は株式相場並ですが株とは違って為替相場はもとに戻ろうとする力が強く、窓埋めを行う確率が非常に高くなっています。このGBPJPYの相場も、100pipsという大幅な窓開けをしてながら行き過ぎと判断され、約2日という長い時間をかけて窓埋めを行っています。窓明けの相場はほとんどの確率で埋まることが多いのです。もちろん為替相場に絶対はありませんから、窓埋めをしない相場になる可能性もあります。

窓明けの相場はほとんどの確率で埋まる

窓埋めトレードには月曜4:00から取引できるFX業者を使おう

為替相場では市場が閉まる土曜夜から市場が開く月曜朝にかけて窓あけが起こることが多いです。そのため窓明けを修正する動きを狙った ”窓埋めトレード” が有効活用できるでしょう。しかし月曜の朝3時から各FX業者のレートを見てもらえればわかりますが、FX業者によってトレードできる時間が違うのです。多くのFX業者は6時、もしくは7時からやっと取引ができますが、市場というのはシドニーやウェリントン市場が開く時間から動いていますので日本時間で3、4時から動いているのです。7時からやっと取引できるFX業者ではとても窓埋めトレードなどできません。そのため窓埋めトレードを行うには、取引開始時間が早い業者でなければいけません。そこでオススメなのがSAXO関係のサクソバンク証券です。SAXO業者は朝4時からトレードできるので対応の遅い日本業者とは違って窓埋めトレードが有効活用できます。

SAXOBANKでは月曜朝4時から取引ができる。日本の業者とはちがうのだよ!
取引開始時間 4:00

・ kakakufx
サクソバンク証券
・ ヒロセ通商(HiroseTrader)

取引開始時間 6:00
ヒロセ通商(LIONFX)
FXプライム byGMO
IG証券

取引開始時間 7:00
・ その他のFX業者

【論外】
くりっく365 ・・・ 毎日朝6時頃にメンテナンスがあり、取引が完全停止する

月曜4時から取引できるサクソバンクFXへ

窓埋めの過去の事例

普通に窓を埋めたパターン

2010/11/22の窓埋め

窓を埋めずに行ってしまったパターン

窓埋めは100%の確率ではありません。窓を埋めずに相場が行ったままになることもあります。
少なくとも100pipsぐらいには逆指値のストップ注文を入れておきましょう。
どんな手法でも100%勝てるものはないということを忘れてはいけません。



月曜4時から取引できるサクソバンクFX

海外FX業者の0カットを利用した窓埋め手法

窓開けは先週の終値と今週の始値が大きく違う状況ですが、この窓と海外FX業者の0カット制度を利用したW口座手法というものがあります。必要なのはまずハイレバレッジ&0カットのある海外業者を2つ。そして2つの口座で両建をするのです。1つ目の口座では全力で買いポジションを、2つ目の口座では全力で売りポジションを作るのです。このあと相場が大きく窓を開ければ、片方の口座は大儲けできます。逆にもう片方の口座では損失になりますが、海外FX業者では証拠金が0を下回ると、追証にならずに0カットになるので、窓が開けば開くほど、0カットされるレートから離れれば離れるほど片方の口座の利益が伸びるのです。

この手法の注意点

この手法ではポジションを取る枚数と0カットされるpipsの調整が注意点です。あまりに全力でポジションを取ってしまうと、指標前に0カットされる本末転倒になりかねません。いくら入金して何枚ポジションを取るのかの加減が最大のポイントなのです。またハイレバレッジが必要な海外口座であれば、複数口座ができてリアルタイム入金ができ、日本語サポートが充実のXM.comがいいでしょう。

なお、海外業者は口座開設が迅速ですば週末の午前4時や5時になって口座を作ろうとするのはいくらなんでも間に合いません。こういう手法がいつでも使えるように、自分専用の海外ハイレバレッジFX口座を最低1つは持っておきましょう。XM.comはクレジットカードでのリアルタイム入金が可能なので、迅速に対応できる有益な業者です。クレジットカードは楽天カードがお勧めです。最近ではビットコインでの入金や、mybitwalletというサービスでリアルタイムの入出金が可能となっています。非常に便利なサービスが次々導入されているのもXMの魅力です。

海外業者でレバレッジ888倍!日本語サポート充実のXM

関連記事