CNY (人民元) とは通貨バスケット制をとっている中華人民共和国の通貨

CNY (人民元) とは中華人民共和国の通貨単位

CNYとは中華人民共和国で使われる通貨である

CNYとは中国人民共和国(中国)で使われている人民元という通貨です。中国元ともいわれることがありますね。ちなみになぜCNYとなっているかは英語名を見ればわかります。中国の英語名は誰もが知っているChiNaですし、元の正式な発音はYuanというんです。日本の円が ”エン” ではなく ”イェン” となっているようなものです。そのため、C、N、Y をとって人民元はCNYとなっているのです。中国の経済成長や国際的な影響力が高めるにつれて、人民元(CNY)の価値も急速に上昇しており、近い将来には日本の円に換わってアジアの主要通貨になるのではないかと予測されている将来性のある通貨です。

中国の国旗中国の地理情報

人民元は通貨バスケット制をとっている

世界的に重要な通貨である人民元(CNY)ですが、その相場はJPYやUSDのような変動相場制ではなく、ある程度の固定相場になっています。それが通貨バスケット制という制度です。この通貨バスケット制とはペッグ制のような完全固定制度ではなく、いくつかの複数通貨のレートを参考にレートを算出する多通貨ペッグ制とでもいうシステムです。そのためバスケットの構成内容がわからない限りレートを算出することはできません。バスケットの構成内容は、JPY、USD、EUR、KRWなどが含まれていることだけが公開されていますが、厳密には非公開です。

規制が多くて自由に取引できない通貨

中国の人民元(CNY)は世界的にも非常に重要な通貨になりつつありますが、外国為替市場にはほとんど流通しない流動性の低い通貨になっています。これは、欧米からの投機筋に狙われないようにするためや、独裁政治をしたい中国共産党が通貨のコントロールをするために規制を強めているからです。そのため人民元(CNY)は非常に取引がしづらい通貨になっており、調達コストもかかるため、取り扱っているFX業者は非常に少なくなっています。

通貨操作で不当に安かった人民元(CNY)は上がる可能性が高い

人民元(CNY)は通貨バスケット制、及び中国当局の為替介入によってある程度固定された相場になっています。これは人民元を不当に通貨安にすることで国内の輸出企業に恩恵を与えるためです。日本の輸出企業が円安で助かるのと同じ原理です。しかしこのように強制的に通貨の価値をとどめておくことは、以前の日本とアメリカのように貿易摩擦を起こします。そのため中国の人民元(CNY)は通貨の切り上げが行われます。日本のプラザ合意をみてみればわかりやすいでしょう。そのため今後、そういった通貨の操作が是正されていけば人民元は本来の価値まで通貨高になることが予想されます。もちろん中国ですから、何があるかはわかりませんが。

セントラル短資FXで取引できるCNH:オフショア人民元

上述のようrに人民元そのものは取引することが著しく規制されています。しかし一部のFX業者では取引することができます。IG証券セントラル短資FXで取引することができます。特にセントラル短資FXでは日本で初めて対円での人民元通貨ペアであるオフショア人民元が取引できるようになっています。オフショア人民元(CNH)は本来の人民元(CNY)とは違って中国本土外で取引できる人民元でカバー取引を行うために使われている通貨のことです。人民元には、中国本土でのみ取引可能なオンショア人民元(CNY)と、中国本土外で取引されるオフショア人民元があり、中でも香港市場で取引されるCNHは最も取引量が多く、人民元の国際化に大きな役割を果たしています。本土の人民元(CNY)とは違い、香港で取引できるため非常に流動性もよくなっています。

セントラル短資FXの口座開設はこちらから
流動性のよいオフショア人民元(CNH)が取引できるのはセントラル短資FXだけ!


関連記事