大証FXとは税金面が優遇されている大阪証券取引所のFX市場

大証FXとは

大証FXとは大阪証券取引所が創設したFXの公設為替取引所です。つまり株の代わりに為替を扱う証券取引所みたいなものです。しくみなどは同じく東証が創設したくりっく365とほとんど同じであり、公設ということで税制の優遇措置が取られている点が非常に有名です。大証も東証に遅れまいと作った感がありますが、こうしてFXの市場が増えていけば競争原理が働いて、私達投資家にはよりよい条件になっていくので喜ばしいことです。またくりっく365南アフリカランド異常レート事件が起こって以降は、くりっく365と同類と思われて口座開設者は全然増えませんでした。今では存在そのものを知っている人も少なく、誰にも知られるようなことがないように消えていきました。

大証FXの公式ホームページへ

大証FXの公式ホームページへ

大証FXの取引手数料割引キャンペーン一覧

インヴァスト証券 すべての通貨ペアを対象に取引数量50枚につき1,000円
さらに1,000枚以上お取引された方は1,000枚につきプラス10,000円
月間取引50枚だと1,000円
月間取引500枚だと10,000円
月間取引1,000枚だと20,000+10,000円
月間取引5,000枚だと100,000+5,000円
月間取引10,000枚だと200,000+100,000円
※月間のキャッシュバック金額の上限は300,000円
片道手数料は210円に設定されています
~4/30
つまり往復手数料が 210円×2 → 420円
岩井証券 標準では片道手数料が147円
月初からの累計約定枚数が5,000枚に達すると、
翌日から手数料が片道105円になります
つまり往復手数料が 294円 → 210円
オリックス証券 キャンペーンなし
片道手数料が147円
つまり往復手数料が 147円×2 → 294円
光世証券 キャンペーンなし
片道手数料が210円
つまり往復手数料が 210円×2 → 420円
コスモ証券 新規口座開設者に対して
片道手数料を 210円 → 36円
また、セミナーを受講してから口座開設をすると
2,000円をキャッシュバックしてくれる
~6/30
つまり往復手数料が 420円 → 72円
ひまわり証券 キャンペーンなし
片道手数料が190円
つまり往復手数料が 190円×2 → 380円
そしあす証券 標準では片道手数料が210円
取引回数が増えるほど段階的に手数料を割引する制度
スタンダード:1~2,999枚 → 210円
ディスカウント:3,000枚~4,999枚 → 147円
スーパーディスカウント:5,000枚以上 → 105円
つまり往復手数料が 420円 → 420円 (スタンダート)
つまり往復手数料が 420円 → 294円 (ディスカウント)
つまり往復手数料が 420円 → 210円 (スーパーディスカウント)
マネックスFX
マネックス証券
豊証券 標準では片道手数料が1050円とべらぼうに高い
大証FX参入業者のなかでも、手数料の高さはダントツ
つまり往復手数料が 1,050円×2 → 2,100円

関連記事