SBIFXTRADEの評判や人気からその実力を徹底評価

SBIFXTRADEの特徴

安心のSBIが提供する業界最小スプレッド

SBIFXTRADEはあのオンラインネット証券口座数No.1のSBI証券を始めとしたSBIグループのFX専業会社です。そのSBIFXTRADEは、カバー先であるSBIリクイディティ・マーケット株式会社が有する国内外の銀行等25社のカウンターパーティーがもつ高い流動性を最大限に活用し、インターバンクと同じような取引環境を提供してくれています。例えば業界最狭水準のスプレッドです。ドル円で0.10銭、ユーロ円0.59銭、ポンド円0.99銭という業界でもDMMFXを超える最小スプレッドです。

業界で唯一、小数点4桁表示

SBIFXTRADEではFX業界初となる小数点以下4桁表示(対円通貨)をしています。昔のFXというものは今の3桁基準が根付く前までは2ケタ、ひどいところでは1桁表示でした。その下の小数点はどうしてたかといえば、業者の方がのんでいたのです。昔は公平な取引なんてできない時代もありました。しかし今や2桁から3桁表示へと改良が加わったレート表示も4桁の時代に突入。よりタイムリーな細かいレート表示により、わずかな値動きでの収益チャンスが生まれます。

珍しい1通貨単位の取引が可能

SBIFXTRADEではFXでは珍しい1ドル(1ユーロ、1ポンド等、1通貨単位)からの取引が可能になっています。今では1万通貨の下の1,000通貨で取引できるヒロセ通商やFXTSなどがありますが、1通貨単位のところは日本でははじめてです。以前は世界的FX業者SAXOBANKが提供していましたが、やめてしまったため、1通貨単位取引ができるのはここだけです。もちろんお馴染みの1,000通貨、10,000通貨単位で取引も可能なので、初心者がリスクを抑えて取引することができます。FXをはじめてやる方は100通貨ぐらいでやってみるのがいいでしょう。

新規参入であってもきちんと信託保全完備

最近新参入してきたFX業者には、義務である信託保全が未整備のところがありました。いくら新規参入とはいえやるべきことはしっかりとやらなければいけません。その点信頼のあるSBIグループですからきちん信託保全を完備しています。その保全先は安心と信頼のある三大メガバンクの1つである三井住友銀行です。

SBIFXTRADEの口座開設はコチラから

SBIFXTRADEのサーバー

インストール型とWEB型両方あり

SBIFXTRADEの取引環境は取引ツールを自分のパソコンにインストールするリッチクライアント型のものと、WEB上でログインできてそのまま取引できるWEB取引ツールが両方揃っています。両方とも基本的なレート一覧表示やチャート表示、テクニカル分析指標であるボリンジャーバンドやRSI、ホリゾルタルラインなどが表示できるようになっています。ただし、WEB上でログインできるほうは簡易型のものであり、リッチクライアント型よりは質が落ちるでしょう。



SBIFXTRADEの口座開設はコチラから

SBIFXTRADEの欠点

情報サービスには期待できない

多くの短期売買向けFX業者に共通することですがSBIFXTRADEもその例にもれず情報サービスが非常に少ないです。賢い経営をするSBIFXTRADEですから余計なサービスは極力省いたのでしょう。セミナーや分析レポートは皆無であり情報配信サービスとしていくつかのレポート配信があるだけです。情報配信や分析レポートにはFXプライム byGMOの併用をしたほうがいいです。

取引単位が大きくなるとスプレッド拡大

SBIFXTRADEのウリは、なんといってもドル円で0.10銭、ユーロ円0.59銭、ポンド円0.99銭という業界でも最小クラスの低スプレッドにあります。しかしこのスプレッドは全てがすべての状況で安定して提供してくれるわけではありません。このスプレッドは米ドル/円が1万通貨注文、ユーロ/円・ユーロ/ドルは5万通貨注文までの原則固定スプレッドです。それ以上になるとスプレッドは変化してしまう仕様になっています。

  注文数量1~10,000 10,001~50,000
通貨ペア 提供スプレッド 提供スプレッド
USD/JPY 0.10 0.29
EUR/JPY 0.59 0.69
GBP/JPY 0.99 1.19
AUD/JPY 0.85 0.99
NZD/JPY 1.49 1.79
CAD/JPY 1.69 1.79
CHF/JPY 1.79 2.29
ZAR/JPY 0.79 0.99
EUR/USD 0.49 0.59
GBP/USD 1.29 1.39
AUD/USD 1.29 1.39

取り扱い通貨ペアが少ない

SBIFXTRADEのスプレッドは非常に狭いです。しかしそのかわりと言ってはなんですが、取り扱い通貨ペアが少ないのです。USDJPYなどのクロス円はひと通り揃っているのですが、EURUSDといったドルストレート通貨ペアの取り扱いが少ないです。そのためEURGBPとかGBPAUDとかを直接取引することはできず、組み合わせて取引するしかありません。

取引通貨 USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、
AUD/JPY、NZD/JPY、CAD/JPY、
CHF/JPY、ZAR/JPY、EUR/USD、
GBP/USD、AUD/USD(合計11通貨ペア)

SBIFXTRADEの口座開設はコチラから

SBIFXTRADEの安全性・信頼性

FX業者の安全性を図るポイント

FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るものです。特にSBIグループであるSBIFXTRADEはそれほど安全性を心配する必要はないですが、きちんとチェックポイントを見ておきましょう。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 関東財務局長(金商)第2635号に登録済
2. 行政処分の前科 ・・・ 全くありません。健全です。
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 500%超えと高レベルの安全圏
4. 信託保全の状況 ・・・ 三井住友銀行で全額信託保全
5. 業者の株主・出資者 ・・・ SBIグループ
6. 人気・評判 ・・・ 新規業者のためなし

上記6つのポイントを見てみるとSBIFXTRADEは新規業者のため評判や人気を計ることができないのですが、それ以外の面では不安になる点はありません。きちんと日本のFX業者として金融先物取引業者に登録してあり、行政処分もなく(新業者なので当たり前です)、自己資本規制比率も正常値、三大メガバンクの1つである三井住友銀行において全額信託保全と盲点がありません。さらにはグループ全体の顧客数が1,300万人を誇る、安心と信頼のブランドであるSBIグループであることが安心感を増してくれます。まだ始まってから時間が経ってませんので、安全性は5段階評価の4となります。このまま安定した経営が続けば文句なしの満点になるでしょう。

SBIFXTRADEの口座開設はコチラから

SBIFXTRADEの評判・口コミ

Yahoo!知恵袋:SBIFXTRADEなし

教えて!goo:SBIFXTRADEなし

SBIFXTRADE評判のまとめ

全体的にみてもSBIFXTRADEの評判はありません。まだ設立して間もないことから評判や口コミが出てくるには時間がかかってしまうでしょう。SBIFXTRADEの魅力はドル円で0.10銭、ユーロ円0.59銭、ポンド円0.99銭という業界でもDMMFXを超える最小スプレッドです。そのため、競争が激しいFX業界ではDMMFXやGMOクリック証券のような低スプレッド業者の顧客が流れてくることが予想されます。特に1pips、0.1pipsを抜く超短期トレードのスキャルピング手法をやっている人にはスプレッドが小さいSBIFXTRADEは最適です。

SBIFXTRADEの口座開設はコチラから

SBIFXTRADEに向いている人

・ 短期売買(主にスキャル)をする人
SBIFXTRADEはドル円で0.10銭、ユーロ円0.59銭、ポンド円0.99銭という業界でもDMMFXを超える最小スプレッドを提供している新鋭FX業者です。このスプレッドは今のところ最小を誇っていたDMMFXやGMOクリック証券などよりもさらに狭い水準になります。よって1pips、0.1pipsを抜く超短期トレードのスキャルピング手法をやっている人にはスプレッドが小さいSBIFXTRADEは最適です。

・ SBIグループの愛用者
SBIFXTRADEはオンライン証券会社のSBI証券や、オンラインネット銀行の住信SBIネット銀行などがあって、グループ全体の顧客数が1,300万人を誇るSBIグループの中のFX専業会社です。楽天グループにあるマネーパートナーズと同じような形ですね。SBI証券にもFXサービスはあるものの質はよくなく、マネーパートナーズと同じようにFX専業会社を作ったのです。クイック入金もいち早く住信SBIネット銀行を対応するなど、グループ会社との提携は今後も進むはずです。SBI証券や住信SBIネット銀行などのSBIグループ会社を使っている人は、グループ内での相互利用ができるようになっていくので使ったほうがいいでしょう。

SBIグループ会社
アセットマネジメント事業 ファイナンシャル・サービス事業
SBIインベストメント株式会社
SBIアセットマネジメント株式会社
SBIキャピタル株式会社
SBIキャピタル・ソリューションズ株式会社
SBI VEN CAPITAL PTE.株式会社
SBIアルスノーバ・リサーチ株式会社
モーニングスター株式会社
モーニングスター・アセット・マネジメント株式会社
SBIベリトランス株式会社
ゴメス・コンサルティング株式会
住信SBIネット銀行株式会社
SBIカード株式会社
SBIリース株式会社
SBIファイナンシャル・エージェンシー株式会社
SBIアートフォリオ株式会社
SBI債権回収サービス株式会社
SBIビジネス・ソリューションズ株式会社
SBIビジネスサポート株式会社
Finance All Solutions Co.,Ltd
SBIマーケティング株式会社
SBIポイントユニオン株式会社
オートックワン株式会社
SBIオートサポート株式会社
ウォールストリート・ジャーナル・ジャパン株式会社
株式会社サーチナ
SBIリサーチ株式会社
SBIレミット株式会社
SBIクレジット株式会社
ブローカレッジ&インベストメントバンキング事業
SBI証券 – 旧・SBIイー・トレード証券
SBIジャパンネクスト証券株式会社
SBIベネフィット・システムズ株式会社
SBIファンドバンク株式会社
SBIリクイディティ・マーケット株式会 
住宅不動産関連事業
SBIライフリビング株式会社
SBIプランナーズ株式会社
SBIモーゲージ株式会社
SBIギャランティ株式会社
SBIアーキクオリティ株式会社
SBIアーキワークス株式会社
SBIウェルネスバンク株式会社
株式会社セムコーポレーション
システムソリューション事業
SBIネットシステムズ株式会社
SBIテクノロジー株式会社
SBIトレードウィンテック株式会社
株式会社シーフォービジネスインテグレーション
その他
SBI大学院大学
SBIバイオテック株式会社
SBIアラプロモ株式会社

SBIFXTRADEの口座開設はコチラから

SBIFXTRADEの携帯・モバイル対応

SBIFXTRADEのモバイルサイト

SBIFXTRADEには専用のモバイルサイトがあり、ガラケーでのアクセスが可能です。しかしモバイルサイトはイーモバイルやiPhoneでの動作保証がありません。また、このモバイルサイトは簡易なメニューと手動更新のレート、注文に手動入力、手動更新レート、移動平均線しかないチャート機能など、仕様は最低レベルです。

SBIFXTRADEのFX専用iアプリ

SBIFXTRADEはガラケーにはモバイルサイト、スマートフォンには専用アプリで、ガラケーアプリはありません。

SBIFXTRADEのスマートフォンアプリ

SBIFXTRADEには今の時代に合うようにスマートフォン対応アプリが用意されています。レートやチャートはリアルタイム更新に対応していますし、チャート機能も1分、3分、5分、10分、15分、30分、時間、日足とかなりの足があり、テクニカル指標も、ボリンジャーバンドや一目均衡表、MACD、RSI、ストキャスティクスなど豊富に用意されています。モバイルサイトとは比べ物にもならないほどの使い勝手の良さです。

SBIFXTRADEの口座開設はコチラから

総合評価 評価の理由 5段階評価
短期売買
デイトレ派
ドル円で0.10銭、ユーロ円0.59銭、ポンド円0.99銭というDMMFXやGMOクリック証券よりも狭いスプレッドです。デイトレなども良し、特にスキャルピング手法には最適でしょう。 ★★★★★
長期投資
スワップ派
スワップ金利は特別高いわけではなく、通貨ペアも少ないので長期投資のスワップポジションホールド口座としての旨みはあまりありません。ただ信頼のあるブランド:SBIグループであることでの信頼性は高いです。SBIグループ好きなら。 ★★★
コスト面
スプレッド+手数料
ドル円で0.10銭、ユーロ円0.59銭、ポンド円0.99銭スプレッドでも業界で最狭を誇ります。コスト面は業界でも最安レベルです。 ★★★★★
安全性
資産管理+信頼性
信頼のあるブランド:SBIグループであること、自己資本規制比率は高い数値、三大メガバンクの1つ三井住友銀行での信託保全と、信頼性が高い業者です。今のところ業者としての歴史が浅いところだけが不安といえば不安です。 ★★★★
サーバー 会社としての歴史が浅いですので、これからどうなるかはちょっと未知数なところがあります。いくら業界トップクラスのスプレッドといえども、重要な経済指標時には拡大するのはやむを得ないと考えるべきでしょう。 ★★★★
情報サービス 低スプレッドを実現できるのはこういったサービスを削っているためであり、やはり情報サービスは少なく、いくつかのレポート配信と経済指標ぐらいです。情報サービスを期待する業者ではありません。
評判・人気 設立間もない業者のため、評判や人気は未知数です。
携帯・モバイル モバイルサイト、スマートフォンのiPhoneやAndroidにも対応アプリを出しており、ガラケー、スマートフォン両方に対応しています。ただし携帯アプリはなく、スマートフォン中心となっている仕様です。スマートフォンなどを使っていないと、モバイル環境についていけません。 ★★★
総合判断 目立った独自サービスは無いSBIグループのFX専業会社という位置取りです。基本的にあまりサービス重視ではなく、スプレッドなどのスペック重視という会社なので、短期のデイトレやスキャルには最適という使い方一択です。やはり取引するだけの口座としての利用が一番でしょう。他の低スプレッド業者は乗り換えを検討してもよいでしょう。 ★★★★★

SBIFXTRADEの口座開設はコチラ

★FXで大儲けして勝ち組になれる人は ”今すぐに” 行動ができる人です★
 『明日にしよう』 『後でやろう』 とぐずぐずしては、なにも変わりません
今やらないで、いつやるんですか?
今やらない人は明日も明後日もやらず、そのままずっと何も変わりません

SBIFXトレード

SBI FXTRADE はネット証券口座数No.1のSBI証券おなじみの
信頼があるSBIグループのFX専業会社です
ドル円、ユーロ円、ポンド円のスプレッドは業界で最小!

SBIFXTRADEのURL : https://www.sbifxt.co.jp/

 

SBIFXTRADEの詳細データ
会社名 SBIFXTRADE
URL https://www.sbifxt.co.jp/
資本金 2億円
株主・出資者 SBIホールディングス
自己資本規制比率  
口座数 非公開
預かり残高 非公開
デモ取引
使用システム  
システムの内容 ウェブ上で取引するツール、WEB上ツール
システムの重さ 軽快に動く
取引時間 【夏時間】日本時間:月曜日AM7:00~土曜日AM5:30
【冬時間】日本時間:月曜日AM7:00~土曜日AM6:30
資産管理方法 信託保全
保全先 三井住友銀行
ロスカット ①口座全体で計算
口座の証拠金維持率が50%を下回った場合、全ポジションを強制決済
②通貨ペア別計算
当該通貨ペアのポジションの評価マイナスがそのポジションの取引必要証拠金の50%を上回った場合、当該通貨ペアの全ポジションを強制決済 
携帯(モバイルサイト)
携帯(FX専用アプリ) ×
携帯(iPhone)
携帯(Android)
サービス名 SBIFXトレード
最低取引通貨単位 1 ※1通貨単位からできるのはここだけ!
手数料 無料
スプレッド(USDJPY) 0.19
スプレッド(EURJPY) 0.79
スプレッド(GBPJPY) 1.29
通貨ペア 11
ZAR ×
TRY ×
ISK ×
レバレッジ レバレッジ規制のため50倍→25倍
初回入金 制限なし
オンライン入出金
両建て
スワップ金利の扱い 日々反映
通知メール
情報サービス マーケットトピック
NYマーケットレポート
インターバンクの声
マーケットインサイト
週間相場見通し
金融特別レポート
FXを学ぼう
セミナー なし
キャンペーン 新規口座開設者には5,000円キャッシュバックの太っ腹

SBIFXTRADEの口座開設はコチラ

関連記事