DMM.com証券(元SVC證券)はFXオプションでリスクヘッジができる唯一のFX業者

オプションを使ったリスクヘッジとは?

オプション取引を利用した代表的な方法が、リスクヘッジです。これは本来取引しているFXスポット取引にFXオプションを組み合わせることで損失が広がることを防ぐ方法です。予めスポット取引で売りか買いかを決め、相場が自分の予想と逆に動いた場合の損失を抑えるためのヘッジとして、オプション取引で反対のポジションを建てます

例 : スポット買い+プットオプション

現在USDJPY115円で、これからドル高円安を想定しています。そのためスポット取引でUSDJPYを1万通貨買い、同時に権利行使価格が115円のプットオプションを買い付けます。相場が上昇すれば、オプションは無駄になりますがスポット取引で利益が出ます。逆に相場が下落するとスポット取引の損失が大きくなりますが、その分をオプションが補ってくれます


◇予想が当たり、USDJPYが117円に上がる◇
プレミアム代金 → 0.50円×10,000ドル=5,000円
スポット取引 → (117円-115円)×10,000=+20,000円
オプション取引 → オプションは権利放棄
結果 → 20,000 - 5,000 =+15,000円


◆予想が外れ、USDJPYが113円に上がる◆
プレミアム代金 → 0.50円×10,000ドル=5,000円
スポット取引 → (113円-115円)×10,000=-20,000円
※オプション取引 → (115円-113円)×10,000=+20,000円
結果 → -5,000 + ※20,000 - 20,000 = -5,000円
オプションによるヘッジが無ければ -25,000円 に拡大してしまいます

スポット買いとプットオプションでヘッジする

参考 : 詳しいFXオプションの説明ページ

オプションができるDMM.com証券の口座開設はコチラから

DMM.com証券(元SVC證券)とはどのような業者か?

新鋭のSAXO業者

DMM.com証券は証券会社とような感じですが、株取引ではなくFX専門の業者です。SAXO業者のなかでもかなり新しい後発組の中の後発組に入ります。会社の安定度にはまだ不透明なところが残りますが、SAXOツールを生かしたFXのオプション取引やポストFXといわれるCFD取引をできることが魅力的です。

世界最高峰のSAXOシステム導入

DMM.com証券が導入しているシステムは、世界最高ともいわれるSAXOシステムです。SAXOとはデンマークにある世界的な有力銀行SAXO銀行のことであり、その取引ツールSaxoTraderは世界120カ国以上で使われています。SAXOのシステムが世界100カ国以上で使われているのは150種類以上ある豊富な通貨ペア数と世界最強と名高いサーバー・約定力にあります。またカスタマイズ性にも優れており、世界100カ国以上で使われているのが納得できます。

高金利通貨を含む160もの通貨ペア

DMM.com証券が導入しているシステムは世界最高峰のSAXOシステムの取引環境を導入しており、なんとその通貨ペアは160種類を越えるのです。その中にはFX投資家に人気の高金利通貨もたくさんあります。オセアニア通貨はもちろん、南アフリカランド、トルコリラ(TRY)やアイスランドクローナ(ISK)、ハンガリーフォリント(HUF)、中東諸国通貨を取引できるのです。

サーバーの安定・約定力が最強

DMM.com証券が導入しているSAXOシステムは非常に優秀なシステムとして知られています。そのサーバーの安定性は業界で一番であり、強力なシステム構築により急激な相場変動時にも安定した約定力を誇ります。 約定の早さは瞬間的で、スリップなどはほとんどありません。まさにFX業界で最強のシステムといえるでしょう。そしてパソコン一台一台に認証キーを発行してログインにも厳重なセキュリティをかけるため盗難の心配もありません。

革新的!FXのオプション取引

FXオプションといっても、日経平均などのオプションと仕組みは同じです。詳しい説明は会社のホームページをご覧になってもらうほうがわかりやすいでしょう。例えばドル円の上昇を見込んでドル円のスポット買いを持ちつつ、プットオプションを買っておけばドル円が上がれば、スポットの利益を享受でき、下がった場合はスポットの損失をプットオプションで相殺できるのです。このようにオプションでリスクヘッジができればローリスクで高金利を享受できるという非常に有効な活用することができるのです!言うまでも無く理屈を理解できている上級者向きです。

CFD取引も可能

CFDとは、証拠金を使って株価や株価指数などを売買する取引です。信用取引や先物取引と同じようですが、CFDには期限がありません。 信用取引や先物取引のように期限までに反対売買をする必要は無く、CFDはポジションを持ち続けることができます。もちろん手数料無料でSAXOツールを使って取引することができます。

戦略の問い合わせ

スポットの戦略、オプションの戦略ともメールで問い合わせればTokyoFox(本名:荒井昇一)さんが直接丁寧に質問に答えてくれるのでオプション取引が初めての人にも入りやすい環境が作られています。

オプションができるDMM.com証券の口座開設はコチラから

DMM.com証券(元SVC證券)のシステム・サーバー

SAXOシステムは最強

DMM.com証券の導入しているSAXOシステムは世界的にも非常にサーバーが安定しており、なおかつ世界最強といわれるほどの約定力を有しています。そのためある程度スプレッドが広いのですが、全くスリップすることがありません。そのスペックは世界からも認められており、2004年、2005年、2006年、2007年、2008年のユーロマネー誌の外国為替ランキングやProfit and Loss誌のDigital FX Awardなどこれまで多くの賞を受賞しています。 まさにFX業界で最強のシステムといえるでしょう。

オプションができるDMM.com証券の口座開設はコチラから

DMM.com証券(元SVC證券)の欠点

複雑な環境設定

SAXOシステムは高性能な反面、かなり環境を選ぶツールになっています。かなり動作が重くパソコンの環境に左右されやすいツールであり強制終了なども起こりうる可能性が高いです。またMicrosoft.NET framework 2.0、Internet Explorer、Adobe Acrobat Reader、Macromedia Flash、Javaバーチャルマシンなどがインストールされている必要があります。これらがわからない人には使いにくいでしょう。電話で問い合わせてもパソコンの環境までは対応してくれません。FXの初心者やパソコンにあまり詳しくない人はHiroseTraderを使わないほうがいいでしょう。

めんどうな認証キー

世界的に優秀なSAXOシステムはパソコン一台に認証キーを発行しています。これで非常にセキュリティに強くなっているのですが、その反面パソコンが壊れた場合他のパソコンでログインできない不便さを併せ持っています。携帯取引に対応していないので直接会社に電話したりしなければいけません。

SAXOシステムは互換性がイマイチ

海外のシステムであるSAXOシステムは日本のシステムとの互換性がイマイチです。そのためモバイルには対応していなかったり、クイック入金に対応していないなどの不便性があります。特に出金はDMM.com証券の担当者に確認してもらってから行われます。そのため普通の業者なら2営業日ぐらいでできるところ、DMM.com証券は4営業日以上かかってしまうのです。

ミニマムチャージという貧乏人搾取

DMM.com証券にはミニマムチャージというSAXO独特の手数料がかかることがあります。ミニマムチャージとは一定量以下の取引に対して、片道5USDの手数料がかかるシステムです。要するに少額取引の個人投資家は手数料よこせってことですね。いくら取引単位が1,000通貨でも、ミニマムチャージを取られては資金効率が悪いです。ちなみにDMM.com証券は片道5USDなのでまだ安いほうになります。同じSAXOシステムのkakakufxは片道7USDもかかってしまうのですから

オプションができるDMM.com証券の口座開設はコチラから

DMM.com証券(元SVC證券)の安全性・信頼性

FX業者の安全性を図るポイント

FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るものです。主なポイントは以下の点です。DMM.com証券の安全性をみてみましょう。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 関東財務局長(金商)第1629号に登録済
2. 行政処分の前科 ・・・ 全くありません。健全です。
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 400%超えと相当なレベルの安全圏
4. 信託保全の状況 ・・・ 日証金信託銀行で全額信託保全
5. 業者の株主・出資者 ・・・ 大証2部上場のシグマゲイン(8192)だったが・・・SVCグループ(DMM系列)に変わった
6. 人気・評判 ・・・ 知名度は低い・評判が少ない

このように上記6つのポイントを見てみると、おおむねDMM.com証券に大きな問題といえるものはありません。唯一気がかりなのは、株主の問題です。以前DMM.com証券の株主は大証2部上場のシグマゲイン(8192)社だったのですが、この会社はなんと上場廃止になってしまったのです。ただし上場廃止は業績悪化というわけではなく、書類関係の問題だったので資本関係に問題が発生したわけではありませんでした。その後SVCホールディングスに株主が変わったことで、サービスを継続することも明確に決定されたので事なきを得ました。唯一の問題点であったダメ親会社からやっと離れることができて、安全性にほとんど問題はありません。よって安全性は5段階評価の4となるでしょう。

オプションができるDMM.com証券の口座開設はコチラから

DMM.com証券(元SVC證券)の評判・口コミ

Yahoo!知恵袋:FXのオプション取引なら、5万円から始められます。
ちなみに国内では、SVC証券がFXのオプション取引を扱っています
オプション、フォワード、スポットを組み合わせて
ローリスクハイリターンのポジションを組めるので使い慣れると手放せません。
Yahoo!知恵袋:日本の個別株をCFD取引するなら業者は限られてしまいます。 自分が知ってる限りではFXOnline,ひまわり証券,CMC Martkets,DMM.com証券(旧SVC証券)などが日本の個別株CFDを提供しています。
教えて!goo
通貨オプションを扱っている業者は数少なく、
もしかしたらSVC證券という証券会社だけかも知れません

DMM.com証券のまとめ

全体的にみてもDMM.com証券の評判は非常に少ないです。やはりオプション取引という上級者専用のサービスがわかりにくいことと、あまり宣伝をしていないことが原因でしょう。また株主が変わって社名が変わってしまったのも影響していますね。このマイナーな点というのはDMM.com証券の1つの弱点ともいえるかもしれません。一部にはオプションを使いこなしている人もおり、オプションは使い方次第でローリスクハイリターンになる最高においしい取引方法であることは確かです。わかっている人はわかっているんですね。やはりDMM.com証券は、提供されるサービスを使いこなせる上級者向けのFX業者といえるでしょう。最近ではDMMFXが始まりましたが、キャンペーン関連の話ばかりでほとんど取引内容には触れられていません。

オプションができるDMM.com証券の口座開設はコチラから

DMM.com証券(元SVC證券)に向いている人

・ FXのオプション取引でリスクヘッジをしたい人
FX業界でもオプション取引ができるのはここだけです。特に高金利通貨のトルコリラ(TRY)でオプション取引ができるのは高金利通貨特有の暴落に対処できるためとても使える取引です。TRYを買って高金利を享受しつつ多少のコストで暴落のリスクをなくすことができるのはTRYの長期投資には最適です。使い慣れると手放せません。

・ SAXOツールを使いたい人
DMM.com証券が導入しているシステムは世界最高峰のSAXOシステムです。サーバーが強く、TRYやISKなどの世界中のあらゆる高金利通貨やペッグ制をとっている通貨を取引できるのは最高です。海外系のシステムでいろいろ不都合も多くて慣れるまでは大変ですが、一旦使いこなすともう他のツールを使う気にはなれません。

・ スリップが許せない人
DMM.com証券が導入しているシステムは世界最高ともいわれるSAXOシステムです。非常にサーバーが安定しており、なおかつ世界最強といわれるほどの約定力を有しています。そのためスリップすることがありません。FX業者の約定力にどうしてもこだわる人や、スリップするのが絶対に許せないスキャル派の人へオススメです。

・ SAXOツールの上級者
DMM.com証券は上級者向けのFXオプションを用意していますが、情報サービスや24時間電話サポートなどがなくSAXOツールが初めての初心者には全く向いていません。そもそもオプション取引自体は上級者向けのものなので、オプション取引経験のある上級者のためのSAXO業者でしょう。初心者にはかなり敷居が高くなりますが、熟練者になるほど魅力的な業者です。

オプションができるDMM.com証券の口座開設はコチラから

DMM.com証券(元SVC證券)の評価

総合評価 評価の理由 5段階評価
短期売買
デイトレ派
DMM.com証券にはSVC-FXというSAXOシステムを使いながら取引単位にかかわらず手数料無料のコースがあります。SAXOシステムは約定力が非常に強くコスト面もよいのでこのコースは非常に短期売買には適しているでしょう。 ★★★★
長期投資
スワップ派
DMM.com証券の最大の魅力はTRYなどの高金利通貨でオプションによるリスクヘッジができる点です。暴落のリスクが非常に怖い高金利通貨でもオプションを使えば全く怖くなくなります。高金利通貨に投資するなら使わない手はありません。 ★★★★★
コスト面
スプレッド+手数料
SAXO業者特有のミニマムチャージがかかってしまうのでコストは高めです。 ★★
安全性
資産管理+信頼性
自己資本規制比率は高く信託保全もされていますが、やはりマイナー業者のため知名度が低く、評判・口コミなどの顧客の声が非常に少ないのが気になります。ただしDMMグループに吸収されたことで、ネームーバリューや資本力が強化され際立った問題がなくなりました。 ★★★★
サーバーの強さ SVC-FXやSVC-Traderのシステムは世界最高の安定度と約定力をもつSAXOシステムです。世界中にサービスを展開するスケールを生かした強力なシステム構築により非常に安定したサーバーとほとんどスリップすることがありえない最強の約定力を誇ります。システムに関しては言うことなしです。 ★★★★★
情報サービス FXやオプションのことをあらかじめ知っている上級者向けのFX業者です。そのためFXやシステムなどの詳しい説明はなく、情報サービスやセミナーなどは全くありません。
評判・人気 SAXO業者としてもFX業者としてもあまり知られていません。CFDやオプション取引などの高機能すぎるシステムが敬遠されて今ひとつ人気にはなりません。知名度は非常に低い業者ですが、一部の上級者には絶賛の声も聞かれます。ただしDMMグループに吸収されたことで、ネームーバリューがけっこう強化されてきました。 ★★★
総合判断 最大のポイントはオプション取引を使った高金利通貨のリスクヘッジやCFDなどの高度なサービスを使いこなせるかどうかです。したがってオプションやCFDを理解できていない初心者には全く向いていません。しかし熟練者になるほど魅力的であり、一度慣れたらもう放すことはできない完全な上級者向けのFX業者です。 ★★★★

 

DMM.com証券(元SVC證券)の口座開設

オプションができるDMM.com証券はコチラ
※ 資料請求・口座開設などはすべて無料で1円もかかりません
★ただし、勝ち組になれる人は ”今すぐ” 行動できる人です★
 『明日にしよう』 『後でやろう』 とぐずぐずしている人は、これからもずっと負け組です
今やらないで、いつやるんですか?

 

SAXOサーバーを使えて、オプションでのリスクヘッジができるのはここだけである!上級者、勝ち組になる意欲のある人のみお越しください

 

新しいサービス 「DMMFX」 を使うと10,000円キャッシュバック
FXオプションによるリスクヘッジができるのはこの業者のみ
DMM.com証券のURL :  http://www.svcsec.com/

 

DMM.com証券(元SVC證券)の詳細データ

会社名 DMM.com証券(元SVC證券)
URL http://www.svcsec.com/
上場 未上場
資本金 40.5億円
株主・出資者 SVCホールディングス
自己資本規制比率 614.1% (株主変更で大きく変動している)
口座数 企業秘密
預かり残高 企業秘密
デモ取引 あり
使用システム 専用ツール
システムの内容 SAXO系 SAXO系 EMCOM系
システムの重さ ツール自体はかなり重い。さらに海外製のためバグなどの対応が遅い
資産管理方法 信託保全
保全先 日証金信託銀行
ロスカット 証拠金100%
携帯対応 × ×
サービス名 SVC FX SVC Trader DMMFX
最低取引通貨単位 5,000 5,000 10,000
手数料 無料 10万通貨以下の取引は
片道5$のミニマムチャージ
無料
スプレッド(USDJPY) 3pips 3pips 0pips~
通貨ペア 16 (詳細) 155 (詳細) 12
ZAR ×  
TRY × ×
ISK × ○ 停止中 ×
レバレッジ 200倍 (週末は100倍) 8~100倍 200倍
初回入金 制限なし 制限なし 50,000円
オンライン入出金 直接振込 (出金には4日以上かかることも)
両建て ○(条件つき) ○(条件つき)
スワップ金利の扱い 日々反映 日々反映 含み益
通知メール × ×
情報サービス 今のところ特に無し
備考 ZARのレバレッジは12.5倍、TRYとISKのレバレッジは8倍とかなり低い。SVC-FXは預託限度額が60万円とかなり低く大金を預けられない。FXのオプション取引はSAXO業者でここだけである
セミナー 今のところ特に無し
キャンペーン 新規口座開設して1回取引すれば10000円キャッシュバック!

FXオプションができるDMM.com証券の口座開設はコチラから

関連記事