ひまわり証券の携帯・モバイルサイト,FX専用iアプリ取引環境

ひまわり証券とはこういうFX業者

ひまわり証券は、なんとFXという金融商品を初めて導入した会社です。ここがFXを始めなければ、今のFX業界はなかったのかもしれません。そのためFX業界では一番の老舗業者とも呼ばれており、FXに限らず株、先物、OP、そして大証FXなど様々な商品を取り扱っている総合証券会社です。また口座数、預かり残高ともに外為どっとコム、外為オンラインに次ぐ規模であり、顧客の信頼も厚いことがわかります。

ひまわり証券の特徴ともいえるのが、顧客本位の経営です。その一端を2008年に垣間見ることができました。2008年12月、ビッグ3の救済法案が否決されたことを受けてドル円相場は13年ぶりに90年を割り込むといった歴史的な相場となりました。この歴史的な相場を受けて、ひまわり証券は顧客に対し、「90円割れの背景や注意点」 という緊急レポートを配信してくれたのです。これはひまわり証券がいかに投資家の立場で危機感を感じてくれているかの表れでもありました。このような顧客本位の経営だからこそ、ひまわり証券は顧客からも業界からも信頼される業者なのです。

ひまわり証券の口座開設はコチラ

ひまわり証券のモバイルサイト

ひまわり証券の携帯・モバイル取引ですが、2種類のものが用意されています。モバイルサイトからの取引と、NTTDocomoだけに用意されている携帯専用アプリです。モバイルサイトはNTTドコモ、au、softbank、WILLCOMです。WILLCOMにまで動作保証をしているFX業者は珍しいですね。モバイルサイトは簡易なメニューと手動更新のレート、注文に毎回数値を入力しなければならない仕様になっています。いわゆる ”取引できるだけ ” 程度のものでしかありません。リアルタイムでない手動更新レート、テクニカルが移動平均線しかないチャート機能など、仕様は最低レベルです。使えません。ただしひモバイルからでも、ひまわり証券の 「マーケットカレンダー」 や人気コンテンツ 「トレードポイント」 を確認できます。まぁトレードポイントはそれほど参考になりませんが。

ひまわり証券のモバイルサイトひまわり証券のモバイルサイト:QRコード

ひまわり証券の口座開設はコチラ

ひまわり証券のFX専用iアプリ

ひまわり証券は全機種で取引できるモバイルサイトがありますが、NTTDocomoだけには専用のFXアプリが用意されています。対応しているのは相変わらずDocomoだけであり、AU、SoftBankには対応していません。アプリの名前はひまわりFX PROモバイルです。これはレート・チャートともにリアルタイム更新に対応しています。しかもレートやチャートをクリックすると、対象通貨ペアの注文画面に切り替わるので、利便性もいいです。ただしテクニカル指標は移動平均線だけしかありません。またメニューにあるカスタマーサポートを選択し、「電話番号ボタン」 をクリックすると、24時間対応のフリーコールにつながります。そう、携帯アプリから直接ひまわり証券のカスタマーセンターへ問い合わせすることができるのです。携帯アプリを使いながら、同時に電話をするのは難しいので、これは結構便利な機能ですね。

ひまわり証券のFX専用iアプリ

ひまわり証券の口座開設はコチラ

ひまわり証券のiPhoneアプリ

ひまわり証券はiPhone対応アプリを用意してません

ひまわり証券の口座開設はコチラ

ひまわり証券の携帯・モバイルFXアプリまとめ

評価点 docomo au softbank
モバイルサイト
└ レート更新 手動更新
└ チャートの足 1分、5分、30分、1時間、日足、週足、月足
└ テクニカル指標 移動平均線
専用アプリ × ×
└ レート更新 リアルタイム更新対応
└ チャートの足 1分、5分、30分、1時間、日足、週足、月足
└ テクニカル指標 移動平均線
特殊機能 アプリから直接カスタマーセンターへ問い合わせすることができる
iPhone対応アプリ
ウリになる機能
なし
ひまわり証券の口座開設はコチラ

関連記事