JFX(MATREXTRADER)の安全性は高くもなく低くもなく

JFX(MATREXTRADER)の安全性・信頼性

FX業者の安全性を図るポイント

FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るものです。主なポイントは以下の点です。JFXの安全性を図ってみましょう。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 関東財務局長(金商)第238号
2. 行政処分の前科 ・・・ なし、設立からまだ時間がたってない
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 300%超えと一応の安全圏
4. 信託保全の状況 ・・・ 三井住友銀行で全額信託保全
5. 業者の株主・出資者 ・・・ ヒロセ通商
6. 人気・評判 ・・・ MATREXTRADERほとんど知名度なし

このように上記6つのポイントを見てみると、JFXの安全性は高くもなく低くもなくといったところです。金融先物取引業者に登録、自己資本規制比率は基準をクリア、三井住友銀行というメガバンクでの信託保全と安全基準はしっかり満たしています。しかし設立間もないことであまり情報がないことや、それほど信頼性が高くないヒロセ通商が親会社ということで、しっかりとした信頼を得られるポイントがありません。別に問題があるわけではありませんが絶対の信頼があるというわけでもないので、JFXの信頼性は5段階評価の3といったところでしょう。

JFXの口座開設はコチラから