コモンズ投信はつみたて投資や日本株投資が好きな人に向いている

コモンズ投信はどんな人に向いているか?

給料が振り込まれる銀行口座から積立をしたい人

コモンズ投信の最大の魅力でもある積立制度は、3大メガバンクや郵貯銀行などの銀行口座に対応しています。ですから給料が振り込まれるそれらの銀行口座から、直接コモンズ投信へ投資信託の積立を自動ですることができます。積立額は3,000円からとセゾン投信やひふみ投信よりも低く、最安です。資金の少ない人にはとても敷居が低くなっています。

日本の大企業中心につみたて投資したい人


セゾン投信、ひふみ投信と比較して、コモンズ投信のコモンズ30は投資銘柄が30と少なく、長期投資のため必然的に大企業への投資が大きくなっています。また日本の企業への投資も多く、為替リスク、新興銘柄の変動リスクが少なくなっています。その代わり為替差益、新興銘柄の暴騰のようなリターンも出にくいものです。セゾン、ひふみ、と比較して最もリスク・リターンが小さい投資信託という感じです。グローバルに投資したいならセゾン、振興も含めて大きなリターンが欲しいならひふみ、安定した大企業への投資が好きならコモンズといった評価がわかれます。

ほったらかし投資をしたい人

コモンズ投信が運用している 「コモンズ30」 は優秀なファンドマネージャーによって実績を上げている日本株アクティブファンドです。しかしアクティブでありながらインデックスファンド並にコストが安く、さらに成績も安定してTOPIXを上回っている優秀なファンドです。TOPIXのインデックスファンドよりも、こちらのコモンズ投信のほうがはるかに高いリターンを出してくれるでしょう。

未成年の方


コモンズ投信は未成年でも投資ができる数少ない業者です。投資信託を買って資産形成をしたい未成年のかたには数くない選択肢の1つであり、実際利用している方は多いです。未成年も数は少ないですが親御さんと一緒にしっかりと運用をしている方がいます。もちろん未成年本人ではなく、その親が運用させているケースが大半でしょうが、こういった若い世代の資産運用に理解のある会社というのは非常に将来性があります。

関連記事