【仮想通貨FX】DMMビットコインの口座開設方法

FX業者が次々と仮想通貨FXに参入

2017年の仮想通貨暴騰により投資家は大きな利益を得ることができました。これに乗じて投資家だけでなく業者も仮想通貨に参入してきています。

現在、売上100億に達しようとするbitFlyerやアルトコインの取扱が多いcoincheckZaifが日本三大仮想通貨取引所と言われています。ここにFX業者がどんどん参入してきています。FXTF資本のBitTrade、GMOグループ資本のGMOコイン、そしてDMM資本のDMMビットコインです。

 

DMMビットコインの特徴

DMMビットコインの特徴は「仮想通貨FX」に力を入れているところです。上述の3大業者はあくまで取引所としての特徴が強いですが、DMMビットコインはFX業者の面が強く、ビットコインをはじめイーサリアム、リップル、ネム、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュなどがレバレッジをかけたFXトレードができます。

他にもFX会社としてのノウハウを活かした、取引しやすいプラットフォームや、取引ツールなどの提供に強みがあります。この辺をみると完全にFXトレードをするためのサービスが充実していることがわかり、取引所ではないことがよくわかります。

 

現物取引 銘柄(通貨ペア) レバレッジ取引 銘柄(通貨ペア)
BTC/JPY BTC/JPY ETH/BTC
ETH/JPY ETH/JPY XEM/BTC
ETH/BTC XEM/JPY XRP/BTC
XRP/JPY LTC/BTC
LTC/JPY ETC/BTC
ETC/JPY BCH/BTC
BCH/JPY ETC/ETH

 

 

DMMビットコインの口座開設方法

まずDMMビットコインの公式ホームページへ行きます。DMMFXでも有名だったローラさんのキャッチ画像が全面表示されていますね。最近ではローラさんのCMも放送されています。大人の事情で清○さんとはもう共演できませんが。

それはさておき、まずは右上の青いボタンの口座開設をクリックします。

 

 

メールアドレスの登録(仮口座登録)

まずは仮口座の登録になります。メールアドレスを入力します。

 

 

すると登録したメールアドレスにURLが記載された確認メールが送られるので、メールソフトで確認しましょう。

 

 

確認URLをクリックすると、DMMビットコインのホームページに転送されます。

そこでパスワードを設定する画面になるので、8文字以上の半角英数字記号を含めたパスワードを設定しましょう。

仮想通貨は他よりもハッキングリスクが怖いため、できるだけパスワードは長く複雑で、他の使い回しではないものを設定するのが必須です。

 

 

これにて仮口座が開設完了になります。ここからはDMMビットコインにログインできます。

 

 

DMMビットコインに本登録を行う

DMMビットコインにログインできたら、今度は本登録を行います。

ログインしたマイページの画面上部に [未登録]こちらから本登録をおこなってください をクリックします。

 

 

すると口座登録に個人情報を入力する画面になります。

ここでは個人・法人の選択、規約への同意、個人情報の入力、などを行います。

 

 

SMSが使える携帯電話が必須になる

 

情報入力には氏名、住所、生年月日、性別などを入力します。

これらは後に本人確認書類を提出するため、間違いのないものを入力しなければなりません。

また気をつけなければいけないのが携帯電話です。

最近は格安SIMスマホなどが流行っており、TEL番号をもたずLINEのみで過ごしている方も多くなっています。しかしDMMビットコインは本人確認やセキュリティにSMS認証を設定しています。SMSは携帯番号がないと使えないため、ここでは番号があるケータイが必須となっています。面倒ですが、仮想通貨はセキュリティを高めないと盗難のリスクが高くなりますので仕方ありません。

 

 

すべての情報が入力できたら確認画面になります。

 

 

本人確認書類をアップロードする

情報入力が終われば、今度はその情報を証明することになります。本人確認書類を提出することになります。

写真つきの本人確認書類なら1点、顔写真なしの本人確認書類なら2点をアップロードする必要があります。

ちなみに郵送やFAXなどの対応はやっておらず、どうしてもその方法を取りたい場合はサポートに問い合わせしてください。

本人確認書類として使えるもの

免許証・パスポート・住民台帳基本カード・在留カード・健康保険証

(顔写真なしの場合)

※利用できる書類 ・各種保険証 ・住民票の写し ・年金手帳 ・印鑑登録証明書 ・その他官公庁から発行又は発給された書類(当社が本人確認書類として認めたもの

 

 

携帯電話番号のSMS認証を行う

お次は前述したとおり携帯電話番号のSMS認証を行います。

入力した電話番号が表示されていますので、「コードを発行する」 をクリックすると、該当携帯に6桁の認証コードが送られてきます。それを入力することで確認します。

確認コードは海外からのメールになることもあり、海外からのメール受信拒否設定担っている場合は届かないこともあります、下記の各キャリアのヘルプをみて端末の設定を変えておきましょう。

 

海外からの電話番号メールを受信拒否されている方は国内でもSMSがご利用いただけない場合がございますので、迷惑メール設定をご確認いただき、海外からの電話番号メールを受け取れるように設定してください。

《SoftBank》
http://www.softbank.jp/mobile/support/antispam/settings/indivisual/fromoversea/

《au》
http://www.au.kddi.com/support/mobile/trouble/forestalling/mail/sms-spam/

《docomo》
https://www.nttdocomo.co.jp/info/spam_mail/measure/

 

 

6桁のコードを入力し、それが正しければすべての情報登録が完了します。

ここまでやれば、入力作業は完了です。

後に審査が行われ、審査が通れば郵送で認証コードが記載されたハガキが送られてきます。

これは住所の確認も含まれています。

 

 

 

DMMビットコインで2段階認証をやっておく

ハガキが車で1週間くらいかかります(本来は3日くらいですが混み合っているため1週間以上かかることも)、その間にセキュリティを高めるべく2段階認証をやっておくことをおすすめします。まずはマイページの 「各種設定」を開き、「2段階認証設定」 をクリックします。

 

 

2段階認証するアプリを選択する

すると2段階認証するアプリを紹介されます。

認証アプリは有名なGoogle認証やSmartkeyなどがあります。

 

 

 

認証アプリでQRコードを読み込む

「セキュリティ>二段階認証」を選択して、認証アプリでQRコードを読み込みます。

発行された6桁のコードを入力すれば、認証アプリと取引所の二段階認証が完了します。

 

2段階認証設定はデフォルトで仮想通貨出金時の設定だけは必須になりますが、他の設定は解除できます。

  • ログインする時
  • 顧客情報変更時
  • 出金口座変更時
  • 口座振替時
  • 日本円出金時

これらは2段階認証設定を解除することができますが、基本的に面倒でもこういったものはしっかりと設定しておいたほうがいいと思います。

もちろん煩わしいと感じれば、外してもそれほど変わらないとは思いますが。

 

 

DMMビットコインからハガキが到着したら

私の場合はだいぶ時間がかかり、申込時から10日ほどしてようやくハガキが届きました。というか、審査も全然進展してなかったのでサポートに問い合わせたら次の日には審査が終わったメールがきていました。混み合っているのかわかりませんが、音沙汰ない場合はこちらから連絡をすることも大切です。

さてハガキがきたら、そのハガキに記載されている認証コードを承認する必要があります。

マイページの上部にある [未登録] こちらから郵送された認証コード承認をおこなってください をクリックします。

 

 

DMMビットコインからの確認ハガキはこういうの

確認ハガキをひらくと、このように右に認証コードが記載されています。

 

 

コードを入力するだけです。アルファベットですが、小文字・大文字の指定があるのでちょっと面倒です。

 

 

コードが通れば口座開設が完了です。

これで日本円を入金することも、仮想通貨を入庫したり出庫することができるようになります。

 

 

スポンサードリンク

Binance(バイナンス)は数百種類が取引可


草コインもすべて網羅
Binance(バイナンス)

100倍や500倍なんて軽い!Binance(バイナンス)には2017年に1万倍になったコインが上場していたのです!日本の取引所とは比較にならない数百種類のコインが取引できます。この中からまた100倍、1000倍、1万倍になるコインが出て来る可能性があります。

間違いなく今一番ホットな取引所であり、口座を持っていなければならない必須の取引所です。