SingularityNET(AGI)は人工知能系

SingularityNET(AGI)は人工知能系

SingularityNET – The Single Most Valuable Technology of All Time from SingularityNET on Vimeo.

 

SingularityNET(AGI)とは


SingularityNET(AGI)は人工知能関連への市場に貢献すべく作られたトークンです。現在も開発が進められているAI(人口知能)ですが、今の状況はそれぞれが独立端末のように単一で存在している状況です。そんな人工知能同時をつなぐネットワークを構築し、人工知能の非中央集権ネットワークを作るというプロジェクトのICOとしてリリースされたのがAGIです。

AI同士がブロックチェーン技術を使ったネットワークでつながり、相互通信をしていくなんて、まるで映画のターミネータのような世界が本当に実現するのかと思えるくらいの世界です。

公式サイト:https://singularitynet.io/
公式ブログ:https://blog.singularitynet.io/
ホワイトペーパー:https://public.singularitynet.io/whitepaper.pdf

SingularityNET(AGI)はイーサリアム系トークンになりますので、Etherscanで取引履歴や現在の保有ランキングなどの詳細を見ることが出来ます。

Blockchain Explorer(取引詳細):
https://etherscan.io/token/0x8eb24319393716668d768dcec29356ae9cffe285

SingularityNET(AGI)の価格

AGIの現在の価格

SingularityNET(AGI)が取引できる取引所

SingularityNET(AGI)は公式が上場についてはあまり言及せず、取引所のほうが率先して取扱を始めています。現在知られている有名な取引所では、中国の中堅取引所Kucoinでの上場が確認されています。

Kucoinは”クーコイン”と呼び、草コインと呼ばれる価格が上昇せず安価な仮想通貨が多数上場している取引所です。取り扱っている仮想通貨は80種類ほどと、大手のBinanceやBittrexなどよりは少ないものの、大手が取り扱わない希少なコインを取り扱うことで知られているところです。

値上がりするのか?


SingularityNET(AGI)は公式がプロジェクト重視の方針をとっており、上場にはそもそも前向きではありません。保有者同士が勝手に取引している形です。一時期大きく値上がりもしましたが、Kucoin上場後は右肩下がりで下がっています。これは多くのコインと同じで、上場が最高値を記録し、その後地をはうという形です。

ただそこからMONAのように数百倍になるものもあるため、SingularityNET(AGI)の将来性に期待して底で安値拾い集めをするには格好のチャンスであるともいえます。

 

関連記事