トラリピ運用2月4週目:指値ヒット2、利益確定×4

この記事は毎週報告しているトラリピの運用報告です。2018年の10月から運用を開始して、現在資産増加は4.9%といったところまできています。

2月はフラッシュクラッシュがあった1月と比較しても大きな変動がないので非常に静かな相場が続いています。本当に変動が少なくてドル円などの値幅はかなり狭くなっています。

今日の一言

リスクオン継続でじり上げが続いていますが、
いかんせんボラティリティがなさ過ぎですね。

今週の相場の振り返り

今週の相場はオセアニア通貨やGBPなどは指標や要人発言で少し動いていますが、ドル円などは本当に値幅が小さくなっています。

下記は今週のドル円の値幅を図にしているものですが、上下幅がわずか30pipsに収まる低ボラです。

今週はドル円トレードはスキャルでしか利益が出ないような相場になっていました。

今週のトラリピの注文と利益確定

今週も順調な指値ヒットと利益確定を繰り返しました。

指値ヒットは2つ。

利益確定は4件。

トラリピ報告まとめ

正直、動きがないために書くことがほとんどありません。

ドル円の動きは近年でもかなり珍しい低ボラティリティーでしたしドルストレートもあまり動いていないため、オセアニア通貨/欧州通貨の珍しい通貨ペアをトレードしていないとなかなか今週は厳しかったトレーダーも多いでしょう。

逆にこういう相場ではあえて動かずにいられることも個人投資家の強みです。トラリピは動きがなければ利益をあげられませんが、そこそこ金利の高いAUDを持っていることでスワップ金利をわずかながらに受け取ることができます。

低ボラティリティーは決してのぞみはしませんが、動かなくてもAUDを買っておけば金利でプラスになるところが良いです。

トラリピ運用に限らず多くのFX運用で大切なのはロスカットされないことです。そのためにはリスクを高めすぎないこと。低レバレッジでやること。自身が一体どれくらいのレートでロスカットになってしまうかをしっかりと認識しておくことが重要です。

トラリピの設定は当時から変えていません。どんな設定でトラリピ運用しているか気になる方はこちらの記事で確認してください。

 

オセアニア情報が欲しい人は下記をチェック!
AUDやNZDに詳しいFX会社はこちらです。
トラリピ運用報告しています!

この投資のPoint

リアルマネー200万円をマネースクエアのトラリピに投入!

どれだけ稼げるのかロスカットされてしまうのか

現在順調に資産増加中

初心者でもできる資産運用
✓なぜ初心者でも大丈夫なのか

AI(人工知能)による自動運用
個人のスキルや知識は影響しにくい

投資先の分散と長期的運用を行う
大損のリスクはほとんどない

行動する人は、行動しない人より、
圧倒的によい成績を残せる!

関連記事