>>> 総額40万円儲かるFX会社のキャンペーン情報 <<<
★★★ 【当サイト限定タイアップ】このサイトでしかもらえないプレゼント情報 ★★★

シークレットサンタとは自腹で貧しき人へお金を恵む人たち

シークレットサンタとは

シークレットサンタとはアメリカで20年以上も素性も明かさずに、貧しい人へお金を恵み続けたある人物のことです。この人物は何の見返り求めることもなく、ただただ貧しき人を救いたいという一心でお金を恵んでくれたのです。貧しき人にとってこの人物はまるでサンタのような存在と受け取られて尊敬されました。しかし、その人物はマスコミの取材などを一切断り続け、自らを語ることもないために人物像は謎のままでした。その謎とサンタのような存在から 「シークレットサンタ」 と呼ばれることになったのです。

シークレットサンタはその存在を隠しながら、2001年には世界貿易センタービル爆破事件のあったニューヨークでホームレスや失職者を中心に2万5千ドルを配り、2005年にはハリケーンで壊滅的な被害を被ったミシシッピ州を中心に7万5千ドルを配りました。そしてシークレットサンタの27年間で配った総額は150万ドル(約1億8千万円)にもなったのです。

創設者の正体と受け継がれる理念

なぜ、こんなにも貧しき人へお金を恵んでくれるのか?そしてなんでこんなにお金があるのか?その行動とシークレットサンタの正体は人々の興味を引いてやまないものでした。そして意外な状況でシークレットサンタの正体は明かされることになります。去る2006年のある日、ついにシークレットサンタはその正体を明かします。シークレットサンタの本当の名前。それはラリー・スチュワートという方でした。そして彼の人生が語られます。

【シークレットサンタは恵まれる方だった】
ラリー・スチュワートは1971年11月、23歳でした。しかし彼の勤めた会社が倒産し路頭に迷ってしまいます。そしてあまりの空腹に耐えきれず、ついレストランに入って取り憑かれたように注文して無銭飲食をしてしまいます。請求書を出されようやく我に返り、お金を持っていないことに気づき、警察に突き出されても仕方が無いと覚悟します。そしたら一人の男性店員がラリーの横でしゃがんで 「20ドル札が落ちていたよ」 と彼にお金を渡してくれました。それは店員のポケットマネーでした。お陰で会計を済ませることができ、彼にとって20ドルが重大なものとなります。

【何度も迎える試練と20ドル札】
”運良く拾った20ドル” のおかげでラリー・スチュワートは元気を取り戻し警備関係の会社を起こして懸命に働きました。しかしわずか5年後の1977年12月、不況で会社が倒産しその日の食事代にも困るほど追いつめられます。そして貧しさのあまり銃を手に銀行に入り強盗を働きそうにもなります。しかし、そんな時に20ドル札を見てふと我に返り、銀行強盗をすんでの所で思いとどまるのです。彼にとって20ドル札はとても重要なものなのです。改心したラリーは1978年、妻の兄からの援助を受けてセールスマンとして懸命に働きます。しかし1979年12月には会社の経営が思わしくないということで、ラリーは解雇されてしまいます。彼の人生はなかなかうまくいかないものでした。

【シークレットサンタの誕生】
もう助けてもらうあてがないと途方に暮れていた時でした。ふと目についた売店に立寄りポップコーンを注文します。店員の女性は暗い表情で、違う商品とおつりをラリーに渡します。ラリーは彼女が困っているのだと思い、おつりの中から20ドル札をプレゼントしました。彼女は受け取れないと言ったが、ラリーはクリスマスプレゼントだと言って手渡した。この日はクリスマスだったのです。女性は嬉しそうに礼を言います。その笑顔がラリーを明るくし、彼は思いも寄らない行動をすることになります。そのままラリーは銀行に行くとなけなしの貯金を引き出し、白いオーバーオールに赤い服とベレー帽という姿で貧しい人に20ドル札をクリスマスプレゼントとして手渡し始めたのです。ラリー・スチュワートがシークレットサンタになった瞬間です。

【与えれば与えるほどお金が入ってくる】
ラリー・スチュワートはシークレットサンタとなりましたが、職の無い彼にとっても20ドルは大金でした。事実、銀行の貯金はあっという間に尽きてしまったのです。しかしそれでも彼はシークレットサンタとして ”なけなしのお金” から20ドルを与え続けました。お金を捻出するため自ら働きました。1980年には友人と長距離電話の会社を設立し、さらに懸命に働きました。そして1980年のクリスマスにも道に立って人々に現金をプレゼントする活動を続けました。そしてその金額は少しずつ多くなっていった。すると不思議なことにシークレットサンタとなって施しをすればするほど会社の業績が上がり、長年の切り詰めた生活から抜け出し家族のために家や新しい車を買えるまでになりました。そして彼はどんどんシークレットサンタの活動を続け、会社もどんどん成長して、ついにラリー・スチュワートは大富豪と呼ばれるまでにお金を手に入れました。

【シークレットサンタの死・・・そして受け継がれる理念】
ラリー・スチュワートは大富豪になった後も正体を隠しながらもさらにシークレットサンタの活動を活発化させていきました。その寄付した額は、なんと1億8000万円にも達するのです。しかし意外なことで彼はその正体を明かします。2006年、ラリー・スチュワートは自らがシークレットサンタであることを告白します。同時に自らの余命が1ヶ月しか残されていないことも。そう彼は自らの死期を悟ったのです。そして自分の意思を受け継いで欲しい人を探すために、正体を明かしたのです。彼の呼びかけの後、2日間で7000通もの手紙やメールが彼のもとに届きました。大半は自分もシークレットサンタになりたいというものだったのです。その後ラリー・スチュワートは2006年のクリスマスもシークレットサンタとして寄付活動をし、2007年1月12日にこの世を去りました。しかし彼の意思はシークレットサンタ協会を生み出し、他人への優しさを忘れないように毎年活動を行っています。

シークレットサンタ協会(英語) : http://secretsantausa.com/

ラリーは求める前に与えよを実践した勝ち組の成功例

ラリー・スチュワートは本当に偉大な人物です。彼のした行為は多くの人の賛同を呼び、多くの人がシークレットサンタ協会へ参加しました。そして厳しい資本主義社会の中で忘れかけていた ”他人への優しさ” を認識させてくれたのです。そして彼の人生には、勝ち組に共通する重要な理念が含まれています。

それは 「求める前に与えよ」 の理念です。

この理念は ”タライの水” や ”情けは人のためならず” といった諺にも現れている理念です。他人にあれこれ要求する(もらいたがりさん)の人間には全く人が集まらずお金も集まってきません。しかし、他人に優しくしたり与えたりする人間のほうが人望も集まり自然とお金も集まってくる古代中国から言われている人の心理です。他人への優しさなど偽善だという人もいますが、 「しない善よりする偽善」 のほうがはるかにマシでしょう。日本を代表する財閥:三菱財閥の創業者でもあり、維新志士:坂本龍馬とも親交があった岩崎弥太郎は 「およそ事業をするには、まず人に与えることが必要である。それは、必ず後に大きな利益をもたらすからである」 と述べています。日本有数の財閥を作った方の言う事だけに説得力がありますね。

【貧乏人・負け組 には 貧乏人・負け組が集まる】
”求める前に与えよ” の話をすると貧乏人や負け組は本当に嫌な顔をします。貧乏人・負け組にとっては 「もらってから与える」、「納得させてもらってから実践する」 という考え方しかありません。彼らにとっては、自分にお金が無いのに他人にあげるなんてとんでもないと考えているのです。しかしお金の有無など関係ありません。ラリーを見ればそれがよくわかりますね。こういった考え方をしている貧乏人・負け組のところには、ロクな人間が集まりません。類は友を呼ぶというように貧乏人・負け組に集まってくる人間は、誰もが他人から要求すること、他人からもらうこと、他人から奪い取ることしか考えていない人間ばかりが集まります。こんな人間ばかり集まっても全くいいことなどありません。お互いに奪い合うだけです。

【金持ち・勝ち組 には 金持ち・勝ち組が集まる】
これに対して 「もらうより与える」、「実践してから納得する」 といった金持ち・勝ち組の考え方をする人のところには実にすばらしい人たちが集まってきます。類は友を呼ぶように金持ち・勝ち組の考え方をする人のところには、慈善の心を持った人や、心が豊かな人、他人に優しい人、他人へ与えることを喜びとする人が集まります。すると人も優しさも集まるために、自然とお金もついてくるのです。例えばウィキペディアなどは、営利目的でない非営利サイトなのにもかかわらず、その運営に世界中から何百万ドルという資金が寄付されているのです。 ”求める前に(情報を)与えた” からこそウィキペディアはこれだけのお金が自然に集まってくるのです。ラリー・スチュワートも同じです。彼がもらう側・要求する側だった1970年代は彼も非常に貧しい状態でした。当然です。彼は他人に対してもらうこと・要求することばかりしていたのですから、人もお金も集まりません。しかし彼がシークレットサンタとなり、他人へ与える側になってからは、見てのとおり。彼の行いに賛同した人や感涙したものたちがどんどん集まり、お金も集まってきます。彼自身がシークレットサンタであることを言わなくても人間は感じ取ることができるのです。そしてラリー・スチュワートは大富豪となったのです。これで勝ち組の理念として求める前に与えよと言われるのがわかるでしょう。

勝ち組と負け組ではこの話の捉え方が違う

このシークレットサンタの話はとてもドラマチックなものであり、勝ち組の理念である 「求める前に与えよ」 の実例を示してくれた実によい例でした。このシークレットサンタの話は、奇跡体験アンビリーバボーにも取り上げられて多くの人が感動しました。しかしこのシークレットサンタの話は勝ち組の考え方をする人と負け組の考え方をする人にとっては、捉え方が全く違うことになっているのです。

シークレットサンタの話を聞いての感想 :
「感動した!人を助けることは本当にいいことだ!」
「やはり人を助けることはいいことなんだね。私も手元にある100円寄付しよっと」
「寄付活動は結局偽善だね・・・」
「アメリカではそんな話があるんだ。私ももらいたいなぁ」
「いい事をしようとする気持ちが大切なんだね。明日から心がけよう」

上記はこのシークレットサンタの話を聞いた人たちの感想、およびシークレットサンタについてブログに記述していた人の感想を適当に抜粋したものです。この感想には勝ち組の考え方をする人と負け組の考え方をする人にとっては、捉え方が全く違うことになっていることが見られます。あなたにはわかりますか?

【勝ち組・金持ちの感想】
勝ち組の考え方とは上から2番目の 「やはり人を助けることはいいことなんだね。私も手元にある100円寄付しよっと」 という感想を持っている人です。この人は、ラリーの生き方に感動し、自分でもできることから寄付を始めようとする行動力がある人です。例え偽善といわれようが、勝ち組の理念である 「求める前に与えよ」 という理念を即座に行動にしているのです。この人は今は貧乏かもしれませんが、将来はラリーと同じように大富豪になれる可能性が非常に高いでしょう。ただし、同じようにラリーの考え方に共感している一番下の考え方は勝ち組の考え方ではありません。どこが違うかというと、この人は今やろうとせずに明日やろうとしているのです。決断を先送りにすることはやらないことと一緒です。日本政府と同じことをしているこのような人は明日になってもやりません。行動を先送りにするのは負け組の考え方です。

【負け組・貧乏人の感想】
では負け組の考え方とはどんなものなのか?それは下から2番目の 「アメリカではそんな話があるんだ。私ももらいたいなぁ」 というものです。一見、みんなが感じていそうな考えですが、どうしてこれが負け組の考え方がわかりますか?それは上記で説明した勝ち組の理念:求める前に与えよとは全く逆のことだからです。要するに、他人からもらうことしか考えていない人なのです。これは非常に浅ましい考え方です。もらうことしか考えていない人の所には、類は友を呼ぶというように、他人から要求すること、他人からもらうこと、他人から奪い取ることしか考えていない人ばかりが集まります。こんな人間ばかり集まっても全くいいことなどありません。お互いに奪い合うだけです。財布の中身だけでなく、心までも貧しいのです。

さて、このシークレットサンタの話を最初に聞いたとき、

あなたはどう考えましたか?

もしも、負け組の考え方のように ”もらいたいなぁ” と思ってしまった人は要注意です!その人には負け組の考え方が染み付いているのです。 「求める前に与えよ」 の理念をしっかり理解して、頭に叩き込んでおかなければいけませんよ。他人に対してもらうことや要求することばかり考えている人には幸福はやってきません。お金もやってきません。心の中まで貧しい人は絶対に勝ち組・金持ちにはなれません!

さぁ!いますぐ実行しましょう。試しにウィキペディアに寄付をしてみましょう。自分にお金が無いのに他人にあげるなんてとんでもないと考えるのは自由ですが、そのような自己中心的な考え方では人もお金も集まってきませんよ。別に寄付といってもできる範囲でいいのです。ウィキペディアは3000円から寄付をすることができます。あなたも日ごろからウィキペディアにお世話になっているはずです。たくさんお世話になっているウィキペディアへせめてもの恩返しのつもりで寄付をしましょう。ちなみに私も寄付をしています。たった3000円ですが、寄付をすることで大きく人生観が変化するものです。

リンク:ウィキペディアへ寄付するページへ

同ジャンルのリンク

勝ち組父さんの名言

強く印象に残る名言ピックアップ
できるかできないかではない、やるかやらないかだ Never Give Up (決してあきらめない意志)
思い立ったが吉日、ならばその日以降は全て凶日 成功した者は皆すべからく努力しておる!
貧しさは恥ではない、貧しさに安住することが恥なのだ 金持ちには儲け話が来る、貧乏人には詐欺話が来る。
10億ドル(1,000億円)のビリオネアになる10つの心得  
勝ち組・金持ちの考え方
年収3000万の男が求める妻の条件とはこうだ 自腹で貧しい人にお金を恵むシークレットサンタの哲学
年収8000万の男が語る女の価値と妻の条件 他人に要求ばかりしている人には誰もよりつかない
玉の輿には容姿ではなく知性と教養が不可欠 きちんとした名前でないと信用されにくい、イメージ悪い
お人好しは収入が低く貧乏であることが証明される 成功者たちの心を動かすような名言
金持ちになる考え方、貧乏になる考え方 投資によってその道のプロとのコネを作る
ビル・ゲイツが語った人生に大切な11ルール 世界最後のエンペラー:天皇家の仕事と年収
ビル・ゲイツが語る人生で大切にすべき5つ 4兆円を寄付したサウジのアルワリード王子様
勝ち組・金持ちの投資
世界一の投資家ウォーレン・バフェットのポートフォリオ 年俸総額200億円、野球選手イチローの資産
丸の内を買い三菱の基礎を作った岩崎弥之助  
勝ち組・金持ちの名言一覧
金持ち父さん (ロバートキヨサキ氏) の名言その一
金持ち父さん (ロバートキヨサキ氏) の名言その二
金持ち父さん (ロバートキヨサキ氏) の名言その三
勝ち組・金持ちの名言その一 勝ち組・金持ちの名言その二
勝ち組・金持ちの名言その三  
成功者、これから成功する人の名言その一 成功者、これから成功する人の名言そのニ
世界一の投資家ウォーレン・バフェットの名言01 世界一の投資家ウォーレン・バフェットの名言02
世界一の投資家ウォーレン・バフェットの名言03 世界一の投資家ウォーレン・バフェットの名言04
世界一の投資家ウォーレン・バフェットの名言05 世界一の投資家ウォーレン・バフェットの名言06
>> 対比:負け組や貧乏人の迷言 <<
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!