教育格差が学歴格差を所得格差を生む負のスパイラル

始まりは教育格差

公立学校と私立学校の教育費推移を見ると、お受験と中学受験の時期に金がたくさんかかる!

上の図は学年別の公立・私立中高の教育費の推移を表したものです。ご覧のように公立学校と私立学校の教育費格差はどんでもないものです。幼稚園の時点で、すでに2~2.5倍もの格差が生じています。そしてなによりも教育費格差が生じているのが小学校からの急激な私立学校の教育費の伸びです。その格差は一番大きい小学1年生において公立が30万に対し、私立が170万もかかることから約6倍もの教育費格差が起きているのです!これにより、低所得者層は高い教育費を払うことができないために、質の高い私立へ行くことのできない教育格差が生じています。

教育格差が学歴格差を生む

金持ちが躍起になって子供を入れようとする有名中高一貫私立校。この学校には、それだけ高い教育費をかけても入れる価値があるのかどうか?貧乏な家庭の人なら特別に気になるでしょう。ましてや、子どもに英才教育を受けさせて下克上を狙う野心がある人ならなおさらですね。では、私立学校が公立の学校とどれくらいの差がついているか見てみましょう。

日本一の難関大学の合格者数は私立学校が大半を占める

上の図は、公立校、私立校の生徒がどれだけ日本一の難関大学:東京大学に合格しているかの割合を示したものです。ご覧のように公立校と私立校との合格率の差は歴然たるものがあります。有名私立校である開成や、灘高校の東大合格者数は突出しており、下位のところでも私立校がかなりの部分を占めています。

このようにゆとり教育の危機感が招いた一部の加熱な受験戦争のおかげで、有名私立学校の合格率は公立学校よりも相当良くなりました。私立学校の合格者が増えるということは、対する公立学校の合格者が必然的に少なくなります。低所得者層でも通え、教育を受けることができる公立学校からの席が少なくなってきているので私立学校が、有名大学の席を独占し始めているのです。つまり教育格差が学歴格差を生み出しているのです。

学歴格差が賃金格差・所得格差を生む

中卒と大卒との生涯賃金格差は実に8000万円以上にも

上の図はサラリーマンの生涯賃金の総額を学歴別に表示したものです。中卒の生涯賃金というのは、2億円をわずかに超えるのが精一杯ですが、大卒の生涯賃金は実に3億円を超えるものになります。この賃金差は実に7000万円とも8000万円とも言われます。ただでさえ、一年の平均年収に大きな差があるのですから、退職金や昇進などの要因を加えると、これほどまでに賃金格差が広がってしまうのです。つまり学歴格差が賃金格差、所得格差を生んでしまうのです。

ふりだしに戻る ”格差のスパイラル”

上記のように私立学校の台頭によって低所得者層が高学歴を身につけようとすることはどんどん難しくなってきています。そのため、低所得者層は高学歴を身に着けることができないので、高給を得る仕事に就くことができず、所得格差を生みます。しかしその世代が親になったとき、高額化する私立学校の教育費はとても払えるものではありません。

金持ちは高いお金をかけて有名私立学校へどんどん子供を入学させ、そこの私立学校の卒業生が有名大学の席を独占し、その高学歴を利用して、高度な職に就いて高給を稼ぐ。一方、貧乏人はお金をかけることができず、質の悪い公立学校へ行くしかなく、有名大学によって席を独占された大学へ行くことができずに、低学歴のまま職に就かざるを得なくなり、低賃金に苦しむことになります。その結果が親の格差の継承・・・つまり格差固定です。教育格差が学歴格差を生み、学歴格差が賃金格差を生んで、格差が世襲される負のスパイラルができてしまっているのです。

格差固定の負のスパイラル
教育格差

学歴格差

所得格差

教育格差(以下ループ)

【言い訳しても何も変わらない】
このように親の経済力によって子供の未来も、絶対とは言わないまでもある程度は影響してしまうことは事実です。しかしこういう話題をすると 「俺が貧乏なのは金持ちが悪い!」、「俺がダメなのは親のせいだ!」 と言う方がいます。だからといってそれに対して文句を言ったり他人に責任を押し付けても何も変わりません。他人にとっては 「は?だから何?」 で終わります。不遇な環境におかれたら、その分自分で努力するしかありません。それが事実であり、現実です。スタートは平等ではありません。現実は不公平であり、不平等です。文句を言ってもそれは変わりません。○○が悪い!○○のせいだ!と口を動かす前に、手を動かしましょう。それができないからなら何も変わりません。不遇な環境が嫌なら脱しようと努力し、努力するのが嫌なら不遇を受け入れましょう。どちらか1つしかありません。努力しないで金持ちになりたい・成功したいと言うのは 「勉強しないでテストで満点取りたい」 という子供と同レベルです。

努力した者が全て報われるとは限らん。
しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!!
努力した者が全て報われるとは限らん。

努力した者が成功するとは限らない。しかし、成功する者は皆努力している。
音楽家 : ベートーベン

文部科学省が発表した学歴・収入で子に学力差がつく研究結果

両親の学歴や世帯収入が高いほど子どもの学力も高い傾向にある一方、家庭環境にかかわらず宿題をする子も学力が高いことが、昨年4月の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)を基に実施した文部科学省の委託研究で28日、分かった。収入が増えるにつれ塾代などの学校外教育費支出が多くなり、子どもの正答率も高まった。  経済力など家庭状況と子どもの学力との関係を全国規模で調べたのは初めて。親が子どもに本や新聞を読むよう勧めたり、読み聞かせしたりすることも学力に強く影響していた。  研究グループの代表で、お茶の水女子大の耳塚寛明教授は、家庭環境による学力格差を克服する上で鍵となる取り組みを示しているとした上で、「学校や家庭でこれらに配慮をした指導を広げていくことが必要だ」と話している。  昨年5~6月、全国から抽出した公立小中778校の保護者計約4万人に家庭の状況や教育費、子どもへの接し方などを尋ね、学力テストの正答率との関係を分析した

スポンサードリンク

このキャンペーンを利用すれば無料で現金500000円GETできます
現金をプレゼントしてくれる業者がたくさんあること知ってますか?

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved