日本のGDP比における教育関係支出はOECD各国の中でも最低クラス

各コンテンツのショートカット

月日が流れても変わっていない教育軽視

月日が流れても変わっていない教育軽視

【追記:月日が流れても変わっていない教育軽視】
日本は教育への政府の支出が非常に低い教育貧国になっています。できればこの状況が変わってほしいものです。しかしOECDが発表しているレポートを見る限りでは日本のGDP比における教育支出は変わっていません下図はOECDが発表している 「education at a glance 2016」 というレポートにあるOECD各国のGDP比における幼児教育支出をグラフにしたものです。

これ、英語でわかりにくいですが日本がどこに位置しているかわかりますか?

赤字でくくってみます。ここです。

え?いくらなんでも世界第3位の経済大国である日本がこんなに低い位置にいるの?と驚きますが、これが現実です。縦にグラフ化してくれた方もいるので引用させていただきます。(引用:https://twitter.com/tmaita77/status/854995668984668160/photo/1)

スポンサードリンク

 

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved