ソーシャルレンディングの利回りは5%前後、保証がつくと低くなる

ソーシャルレンディングの利回り

ソーシャルレンディングの利回り
ソーシャルレンディングとは貸し手である投資家が、資金を欲しがっている融資先に資金を供給することで一定の利回りを得ることができる投資です。ソーシャルレンディングの資金の出し手には、金利が支払われます。この金利は、案件にもよりますが、5~10%代と銀行預金と比べるとはるかに高い金利収入を得ることができます。本稿はソーシャルレンディング投資を行った際、どの程度の金利収入を見込むことができるのか、という点について解説いたします。

【利回りは2~15%と幅がある】
ソーシャルレンディングの利回りは、案件によって大きく異なります。他の金融商品と同様、リスクが高い案件であれば高い利回りが見込める半面、元本割れの可能性の低い低リスク案件では、低い利回りとなります。ソーシャルレンディング運営会社のサイト等で様々な案件を見ると、年2~15%というのがアバウトなソーシャルレンディングの利回りとなります。 ソーシャルレンディングと一言で言っても、利回り2%の案件もあれば15%の利回りの案件もある、と言うことで、その利回りは案件の内容次第と言えます。

ソーシャルレンディングには利回り5%前後が多い

【利回り5%が平均】
案件の内容によって大きくことなるソーシャルレンディングの利回りですが、利回り5%前後の案件が最も多くなっています。5%前後の利回りと言っても、その内容は、企業に対する融資案件・不動産ローン・保証会社が保証を付けている案件等内容は様々。よって案件の内容は様々ですが、利回り5%前後というのが日本のソーシャルレンディングの一つの形となっています。

【保証や担保のある案件は利回りが低め】
ソーシャルレンディングは案件によっては ”保証” がついているものがあります。これは融資先からの返済が滞った際、保証会社が資金を保証したり、融資の際に担保を取りリスクを減らしている案件もありますが、総じて利回りは低くなります。保証会社を入れたり、担保を取る等してリスクを抑えているので、一連の保証に関わるコストが削られる以上、経済合理性の観点からは、保証社等無しのケースより金利が低く抑えられているのは当然、と言えます。 ただし、金利は欲しいもののなるべくリスクを抑えたい、と言う方には保証や担保が付いた案件は、非常に有力案件候補となります。

全案件に不動産担保がついているラッキーバンク

【まとめ】
補償等のついた案件でも、年利回り2%程度が見込めるソーシャルレンディングへの投資は、低金利の日本では非常に魅力ある投資先と言えます。また多くの案件で5%前後の年利回りとなっており、その利回りは銀行預金と比べるとはるかに高くなっています。しかしながら、リスクとリターンは表裏一体であるように、銀行預金と違って元本保証のないのがソーシャルレンディングです。利回りという儲けの面だけではなく、貸し倒れ発生の可能性等のリスクも存在しています。 うまい話は存在せず、保証があるけれど利回りの低い案件か、保証がないけど代わりに利回りが高い案件か、と大別されます。銀行預金と違い元本保証はない、という大前提のリスクを踏まえた上で、高い金利収入を得ることができる投資は自己判断しなければなりません。

【全案件不動産担保つきのラッキーバンク】
ソーシャルレンディングは案件ごとに保証があったり、なかったりと千差万別です。しかし大切なお金を投資する以上、保証はほしいものです。そこでラッキーバンクというソーシャルレンディング運営会社は不動産案件に特化し、全案件に不動産担保をつけたファンドのみを取り扱っています。不動産とは資金を借りる上で最大の信用となります。一介のサラリーマンが不動産投資をするときに何千万や何億もの資金を融資してもらえるのも、不動産という価値のある担保があるからです。ラッキーバンクでは主に国内の不動産事業者向けに不動産を担保とした貸付け事業を行うことを目的とするファンドを取り扱っています。不動産という目に見える価値あるものが保証になっているファンドは、かなりリスクが抑えられている案件です。

ラッキーバンク

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!