ソーシャルレンディングは1~5万円から投資できるため、複数にリスク分散が手軽

ソーシャルレンディングは1~5万円からできる

ソーシャルレンディングの投資はいくらから?
ソーシャルレンディングは、いくらの金額から投資を行うことができるのでしょうか?投資というと、株式投資やFXだと数十万円単位、不動産投資だと数百万円単位での投資資金が必要となりますが、ソーシャルレンディングでは案件にもよりますが1〜5万円程度での投資が可能となります。そしてこの少額投資が可能、というメリットを活かして、リスクを分散させた形での投資が可能となります。

【ソーシャルレンディングは1〜5万円の少額投資から可能】
投資というと、どうしても数十万円単位での資金が必要とのイメージがあります。不動産投資の場合は数百万円、数千万円単位での資金が必要となります。 一方、ネットを経由して資金の貸し手と借り手を仲介する、というソーシャルレンディングでは、小口の資金を仲介会社(ソーシャルレンディング運営会社)が集めて、資金の借り手が多額の資金を調達できる、という仕組みとなっています。そのような仕組であり、資金の出し手としては、少額からの資金提供が可能となります。実際には1万円から投資できる案件もあります。 いずれにしても、資金の出し手は、5万円程度の少額からのソーシャルレンディングの投資が可能となります。

少額の投資を複数やってリスク分散ができる

【少額投資が可能となるメリット】
少額投資が可能となることで、資金の出し手は、様々な案件への投資が可能となります。ソーシャルレンディングの投資は利回りが高い、という魅力がありますが、当然資金提供先の破綻等が発生すれば、資金が返済されないリスクがあります。ソーシャルレンディング運営会社は、審査を行った上で案件を選定していますが、それでも破綻リスクが顕在化する可能性は否定できません。

リスクのある投資案件に対して、投資する側が取れる最善の行動は、リスクを分散させることとなります。卵はひとつの籠にもるなというやつです。1案件数十万円、数百万円の案件であれば、1ロットの金額が大きく、リスクの分散が難しくなりますが、1案件が数万円程度であれば、それほど大きな金額を有していなくても、案件や時期を分散させることで、将来発生する可能性のある貸し倒れリスク等をある程度抑えることができます。

ソーシャルレンディングへの投資は、高利回りが魅力、と言われるケースが多いのですが、少額投資が可能なため、案件や時期を分散させることでリスクの分散が出来るという点も、もう1つの魅力となります。もしソーシャルレンディングへの投資に興味があれば、物は試しでまずは少額ずつ投資をしてみる、というのが最初の一歩としてはオススメです。折角分散投資が可能なソーシャルレンディングへの投資、メリットを活かして利用したいものですね。

同ジャンルのリンク

ラッキーバンク  

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!