ソーシャルレンディングがサラリーマンに向いている理由

株やFXでは値動きの心労が大きい

負け組から脱出するための方法として推奨されるのは株式投資やFX投資です。株式投資は一旦相場が上昇基調になったり大化け株を買うことができたりすれば資産を大きく増やすことができます。2000年頃のITバブル、2005年頃の新興株バブル、2012年頃からのアベノミクスなど株式相場が上がっていく時期はチャンスに恵まれています。

FX投資も同じく大きく資産を増やす可能性に満ちています。高いレバレッジをかけて大きく勝負をすることで10万円を数億円に増やせる魅力があるのは他にはない点です。2007年頃の円キャリー・トレードで円安が続いていた頃などは各国の政策金利も高止まりしていため、オーストラリアドルやニュージーランドドルなどの高金利通貨を買っておけばスワップ金利によって大きなインカムゲインを手に入れることができました。

しかしいずれの投資方法も非常に値動きが激しいという特徴があります。株式相場もFXの為替相場も世界同時株安やなんとかショックといったもので一気に暴落したり、また暴騰したりします。基本的に株は日中、為替も平日に動くため、平日に仕事をするサラリーマンの方にとっては暴落したりすると、値動きに気を取られて気が気じゃなくなってきます。まったく仕事に集中できず、トイレにこもって相場ばかり見ていてリストラされたとなったらなんの意味もありません。そう、株やFXは値動きによる心労が大きいのです。

値動きがなく手間がかからないソーシャルレンディング

基本的に日中仕事をする方にとっては大きな勝負を株やFXでするのは時間的に難しく、また精神的にも苦しいものです。大きな利益を狙うためにある程度犠牲を払ってリスクをとって大きな利益を狙っていく手法はありますが、そこまでできない人は無理に値動きの激しい投資には手を出すべきではない考え方のほうが正しいかもしれません。

こういったケースでは比較的値動きの小さなものや、一度投資をしたら定期的なチェックだけすればいいものが向いています。例えばリスクの低い投資信託などがありますね。インデックス投信の積立投資などは一度設定をすれば、後は月一、年一のチェックだけでいい環境で心労もなくストレスもない投資をし続けることができます。

この値動きが小さく、手間がかからない投資方法としてソーシャルレンディングも挙げられます。ソーシャルレンディングは年間利回りが6~10%以上と比較的大きく、そこそこのリスクを取るインデックス投信並のリターンを出してくれます。確かに案件によるリスクもありますが、不動産関連などは担保付きのものも多く、担保評価額も余裕があるので安心して投資ができます。さらに一度投資をしてしまえば、あとはチェックぐらいしかやることがないため手間も少なく、心労もありません。

ソーシャルレンディングが資産運用に向いているポイント
・ 比較的リターンが高い(6~10%以上
・ 担保付き案件でリスクを少なくして投資できる(不動産など
・ 一度投資をすればあとはチェックだけで手間いらず
・ 株や為替市場の値動きに振り回されず心労が少ない

 

ソーシャルレンディング資産運用におけるデメリット

ソーシャルレンディングにリスクがあるというのは否定しません。ソーシャルレンディングでは投資先が破綻してしまった場合、元本を回収しきれない可能性があります。不動産担保があっても、不動産市況の暴落によって資金を回収しきれないこともありうるわけです。

しかしソーシャルレンディング業界では不動産関連案件ではデフォルト:回収できなかったことはありません。例えば金融大手のSBIグループのSBIソーシャルレンディングが行った不動産担保ファンドでは延滞・デフォルト案件ともにゼロです。絶対安全とはいえなくとも、かなり安心に投資をしていける環境が整っているのです。

もちろんソーシャルレンディングの資産運用にデメリットもあります。ソーシャルレンディングはほとんどの案件は一度投資をすると満期まで資金を引き上げることができません。資金を回収して別のところへ投資するようなことができず、資金拘束されることを容認しなければなりません。他には貸し倒れリスク、業者リスクがあります。投資先から回収できなくなったり、ソーシャルレンディング業者自体の倒産リスクなどは捨てきれません。できるだけ大手業者を選べばリスクは減りますが、それでもゼロにすることはできません。

またソーシャルレンディングで資産運用をするにはある程度の額の元本を用意しないといけないともいえます。確かにラッキーバンクなど多くのソーシャルレンディング業者では1万円からの投資ができますが、仮に元本が1万円であれば利回り10%で1000円の運用益にしかなりません。正直、そんな額を運用するくらいならある程度リスクをとって高いリターンを取れるものに資金を入れたほうがいいです。

最後にラッキーな爆益がありえないことです。株やFXでは相場が好調であればあるほどリターンが高くなります。そのリターンの高さはソーシャルレンディングの利回りよりも遥かに高いです。さらに小型株などは相場の状況によっては何倍、何十倍になることもあり、爆発的な資産増加の可能性もあります。もちろんそれに見合ったリスクはありますが、ソーシャルレンディングではそういった爆発的な利益があることはまずありません。あくまで堅実に少しずつ資産増加をさせていく方法になるのです。

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!