>>> 総額40万円儲かるFX会社のキャンペーン情報 <<<
★★★ 【当サイト限定タイアップ】このサイトでしかもらえないプレゼント情報 ★★★

貧乏人は宝くじに当たっても結局破産する話その3

宝くじは最もワリに合わない方法

各ギャンブルの控除率・テラ銭

上記図のように宝くじというのは、テラ銭・控除率・還元率といった胴元の取り分が一番高いものなっており、割合はなんと50%を超えるものです。買った時点で半分負けているようなものです。ちなみにギャンブル要素が高いといわれているパチンコの還元率は85%、ギャンブルの代表格ともいえる競馬・競艇・競輪でも75%ほどにしかすぎません。ちなみにラスベガスのカジノとかでは、95%・・・胴元の取り分は5%にすぎません。何かとギャンブルのマイナスイメージに使われがちなパチンコや競馬ですが、実は宝くじよりよっぽど良心的な方法といえるのです。

にもかかわらず、多くの人(特に貧乏人)が毎年、宝くじを買うために長蛇の列を作って買い求めています。なかには東京の○○売り場は当たりやすいとかの情報を仕入れて、わざわざ地方から上京してくる人もいるぐらいです。しかし宝くじは当たるかどうかなんて全くわからない完全なギャンブルです。このようなことを言うと貧乏人の方から、『いや、ギャンブルではない』 といった反応がかえってきて中には 『宝くじは夢を買う行為だ』 とのたまう人もいます。ちょっと知識や教養がある方なら呆れてしまうでしょう。最も還元率が低く、最も当選確率が低く、最もワリに合わない方法にお金を投資することなど愚の骨頂です。

だから金持ちや勝ち組の方は、ほとんど宝くじを買いません。遊びなどで買うことはあっても、けっして宝くじで儲けようとは思いません。宝くじで金をもらうというのは本当に自分勝手な方法です。宝くじは結局、運だけで全く努力をしないで金を稼ごうという貧乏人の浅ましい心を見透かして、その心理を利用した国や地方自治体の資金集めの手段にすぎません。そのため国や地方自治体は、その特権を自分たちで独占しようとして、公営でなければ宝くじをやってはいけないという法律まで作っています。このようなことを踏まえればいかに宝くじは、ただの金集めの手段でしかないことがわかります。

結局のところ、宝くじというのは最も胴元が儲かり、最もワリに合わないお金儲けの方法です。にもかかわらず多くの貧乏人がそれを求めるのは 『1億円』 とか 『3億円』 といった巨額の当選金額に目がくらんでいるからです。そのため大切な当選確率や控除率などといった分析を完全に放棄してしまっているのです。そう、多くの人が ”当たったこと” ばかりを考えて、他のことを全く考慮していません。これはロバートキヨサキ氏の名言にもある 「金持ちは最悪の事態まで想定している。貧乏人は最高の事態しか想定しない」 にピッタリ一致していますね。自分で頑張ろうとせず、最も当選確率の低いギャンブルにお金を入れ込み、当たったことばかり考えて目の前にある現実を直視していない。こういった人間を貧乏人というのです。

たとえ当選しても破産することが多い、その2

しかし貧乏人の多くはこういった国に利用されている話をしても、『当たれば関係ない!』 と開き直る人がかなりいます。全く ”当たったこと” ばかりを考えて他のことを全く考慮していない 「金持ちは最悪の事態まで想定している。貧乏人は最高の事態しか想定しない」 にピッタリ一致している人間ばかりです。では当たったら本当に幸せになれるのか?実はそうではありません。宝くじで当選した人の何割かは、なんと破産や破産一歩手前の状況まで追い詰められているのです。

『え!?大金が手に入ったのになんで?』

多くの人は高額当選者が破産状態になるなんて、にわかには信じ固いと思います。しかし事実なのです。その1のページでは3億6000円当選したイギリス北部カンブリアのホワイトへイヴン在住のカリー・ロジャーズさんが、浪費に浪費を重ねて破産寸前まで追い詰められてしまった話を引き合いに出しました。その2ではイギリス人のStuartさんのケースがありました。さらに今度は13億円を使い果たしてしまった元受刑者の話です。

リンク : 当選金13億円を8年で使い果たした男

上記ニュースより引用 : 21歳で巨額のロトくじに当選した男性が、8年で全額使い果たし、今ではみすぼらしい生活を送っていることが判明した。この男性は970万ポンド(約13億円)ものお金を手にしたものの、豪邸を買ったり高級車を買ったり、果てはドラッグに手を出して、見るも無残に転落してしまった。しかし彼は「もう金持ちになりたいと思わない」と語っている。

英ノーフォーク州に住むマイケル・キャロルさん(29歳)は、21歳の時に巨額のロトくじに当選し、世界一幸運な男として世の中に知れ渡った。当時は若く端正な顔立ちをしていたためテレビなどにも出演し、いきなりスターダムにのし上がった。

彼は有頂天になってお金をバンバン使いまくった。豪邸を購入したり、高級車を買い付けたりして、お金を使う楽しみに溺れていった。毎晩違う女性と家に招き、パーティを開いてパーティ三昧。挙句の果てにはドラッグに手を出した。

幸運な男として祭り上げられたマイケルさんだったが、お金で買える豊かさは彼の心までは満たすことが出来なかった。「当時は、お金はあったけど、何の感情も感じられなくなるほど麻痺してしまっていた。人生は不幸だと考えていたんだ」と振り返る。その心の隙間を埋めるように、さらにドラッグにのめり込んで行った。最終的にコカイン所持疑惑で警察に逮捕され、5ヶ月間の監獄生活まで味わい、彼は人生のどん底に到達したのだ。そして、8年間でお金も完全に底をついた。

現在彼は、ガールフレンドのジェムマさんと子供2人でひっそりと暮らしているという。清掃職員として週給200ポンド(約27,000円)で働いている。「貧乏になったことは全然恥ずかしいと思わない。むしろ、酒と女に溺れていた日々の方が、ずっと恥ずかしいことだ」と反省の言葉を口にし「もう金持ちになりたいと願うことはないね。お金への未練もないよ。貧乏でも一生懸命生きる方が、はるかに幸せだ」と満足そうに語った。マイケルさんはお金では得られないものを手に入れたのかも知れない

大切なのはお金ではなく、お金の扱い方

はい、もう同じようなパターンですね。若いながらも大金を手にしたキャロルさんは、お金に関わる苦労をすることになります。結局彼もお金をうまくコントロールできなかった人間ということです。結局のところ貧乏人に大金が手に入っても、手に余って浪費や悪い奴らに取られ、あっという間になくなってしまうのです。大金が手に入って有頂天になって豪遊したり、ドラッグに手を出すなんて愚の骨頂です。そもそも、富豪の豪遊というのは毎年定期的に大金が入ってくる本物の金持ちがやることであって、たった1回の当選金だけで何回もやれることではありません。なんども言いますが、ただでさえ当選確率が低い宝くじですが、たとえ当選したとしてもお金を上手くコントロールできない人間であれば、お金をもてあましてしまってロクなことになりません。

肝心なのは、お金を手に入れることではなく、お金持ちにふさわしい力量をもつことなのです。大金が手に入ったら安易に浪費するのではなく、お金の教養がある人に運用の知識を聞きに行けばいいのです。それだけでも全然人生が変わります。お金持ちになればお金持ちの人脈が作れるようになるので、浪費よりも投資を学べる絶好の機会になります。宝くじに高額当選をすると銀行から、人生をかわさないようにお金の使い方を指南してくれるサービスも用意されています。銀行が当選金を口座に預けて欲しいというのが丸分かりですが、高額当選をした時は精神が高揚してまともな判断があまりできなくなるので、このようなサービスを受けるだけで後の人生を壊さないようにすることができます。

宝くじを買うこと自体悪いことではありません。当たったからといって必ず不幸になるわけでもありません。何度も言いますが、大切なのはお金を手に入れることではなくお金持ちにふさわしい知識や力量をもつことなのです。知識や力量があれば、宝くじなど買わなくても自然とお金は集まってきます。楽して手に入れた金は手に残りません。宝くじをどこで買うかなんて調べてる暇があったら、本を開き、ビジネスをし、立派な人と交流を深めて、自分が金持ちにふさわしい知識と力量をもてるように努力しましょう。そして高額当選に目がくらんでムダな金を使うような貧乏人にならないように努力しましょう。ある金持ちは 【宝くじは愚者の税金だ】 とまで比喩していました。そのとおりですね。ごくわずかな可能性に ”夢を買う” などと意味分からん動機で宝くじを買って、宝くじ運営団体を潤し、そこへ天下る完了のお手伝いをしている行為こそ、愚者のやることです。

同ジャンルのリンク

負け組父さんの迷言

負け組父さんの迷言
税金は貧乏人からではなく金持ちから取るべきだ! お金のことを考えるのは悪いことだよ
月収2,000万円の一発屋お笑い芸人も結局没落 貧乏人は宝くじに当たっても結局破産する話その1
よし!明日からやろう 貧乏人は宝くじに当たっても結局破産する話その2
俺は悪くない、あいつが悪い! 貧乏人は宝くじに当たっても結局破産する話その3
こういう考え方をしていると絶対金持ちにはなれない 貧乏人は宝くじに当たっても結局破産する話:一覧
貧乏人はなぜ黙って働く奴が多いのか 貧乏人ほど宝くじを多く買う傾向がある
子どもがいるから・・・子どものために・・・ 金持ちが悪い!金持ちは悪だ!金持ちは最低だ!
昔はよかった、今より昔のほうがいい時代だった 年収300万円で終わる人と1億円になる人の口癖
(禁煙、禁酒のできない人)禁煙、禁酒は体によくない! 政治・・・?ああ~どうでもいいや(どうせ俺の一票なんか~)
仕事で毎日忙しいんだよ! 長期金利の上昇?そんなことより、節約!節約!
「カネは人を変える」 と偉そうに曰い卑屈になる  
負け組、もしくはこれから負け組になる人がよくやる行為
TVなど一方的に流されるメディア情報ばかり見ている お金について全くの無知、さらに勉強しない
ネット・携帯ゲームに一日の大半の時間を費やす 時間とお金のムダであるパチンコにのめり込む
見栄やステータスと理由をつけて必要ない車を買う  
見栄やステータスと理由をつけて必要ない家を買う  
対比:勝ち組父さんの名言
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!