>>> 総額40万円儲かるFX会社のキャンペーン情報 <<<
★★★ 【当サイト限定タイアップ】このサイトでしかもらえないプレゼント情報 ★★★

愚者や貧乏人が高額当選しても浪費や散財、犯罪、薬物で結局破産する

宝くじは最もワリに合わない方法

各ギャンブルの控除率・テラ銭

上記図のように宝くじというのは、テラ銭・控除率・還元率といった胴元の取り分が一番高いものなっており、割合はなんと50%を超えるものです。買った時点で半分負けているようなものです。ちなみにギャンブル要素が高いといわれているパチンコの還元率は85%、ギャンブルの代表格ともいえる競馬・競艇・競輪でも75%ほどにしかすぎません。ちなみにラスベガスのカジノとかでは、95%・・・胴元の取り分は5%にすぎません。何かとギャンブルのマイナスイメージに使われがちなパチンコや競馬ですが、実は宝くじよりよっぽど良心的な方法といえるのです。

にもかかわらず、多くの人(特に貧乏人)が毎年、宝くじを買うために長蛇の列を作って買い求めています。なかには東京の○○売り場は当たりやすいとかの情報を仕入れて、わざわざ地方から上京してくる人もいるぐらいです。しかし宝くじは当たるかどうかなんて全くわからない完全なギャンブルです。このようなことを言うと貧乏人の方から、『いや、ギャンブルではない』 といった反応がかえってきて中には 『宝くじは夢を買う行為だ』 とのたまう人もいます。ちょっと知識や教養がある方なら呆れてしまうでしょう。最も還元率が低く、最も当選確率が低く、最もワリに合わない方法にお金を投資することなど愚の骨頂です。

だから金持ちや勝ち組の方は、ほとんど宝くじを買いません。遊びなどで買うことはあっても、けっして宝くじで儲けようとは思いません。宝くじで金をもらうというのは本当に自分勝手な方法です。宝くじは結局、運だけで全く努力をしないで金を稼ごうという貧乏人の浅ましい心を見透かして、その心理を利用した国や地方自治体の資金集めの手段にすぎません。そのため国や地方自治体は、その特権を自分たちで独占しようとして、公営でなければ宝くじをやってはいけないという法律まで作っています。このようなことを踏まえればいかに宝くじは、ただの金集めの手段でしかないことがわかります。

結局のところ、宝くじというのは最も胴元が儲かり、最もワリに合わないお金儲けの方法です。にもかかわらず多くの貧乏人がそれを求めるのは 『1億円』 とか 『3億円』 といった巨額の当選金額に目がくらんでいるからです。そのため大切な当選確率や控除率などといった分析を完全に放棄してしまっているのです。そう、多くの人が ”当たったこと” ばかりを考えて、他のことを全く考慮していません。これはロバートキヨサキ氏の名言にもある 「金持ちは最悪の事態まで想定している。貧乏人は最高の事態しか想定しない」 にピッタリ一致していますね。自分で頑張ろうとせず、最も当選確率の低いギャンブルにお金を入れ込み、当たったことばかり考えて目の前にある現実を直視していない。こういった人間を貧乏人というのです。

たとえ当選しても破産することが多い話一覧

しかし貧乏人の多くはこういった国に利用されている話をしても、『当たれば関係ない!』 と開き直る人がかなりいます。全く ”当たったこと” ばかりを考えて他のことを全く考慮していない 「金持ちは最悪の事態まで想定している。貧乏人は最高の事態しか想定しない」 にピッタリ一致している人間ばかりです。では当たったら本当に幸せになれるのか?実はそうではありません。宝くじで当選した人の何割かは、なんと破産や破産一歩手前の状況まで追い詰められているのです。その失敗例を集めたまとめのニュースがありました。以下引用します。

ODDEE.comでは、高額当選者たち10人のその後の人生を紹介している。人の不幸は蜜の味…とは言ったものでバラ色とは程遠い人選となっている。

  1.キャリー・ロジャース(Callie Rogers)
16歳で190万ポンド(約2億3,000万円)が当選。服を買いまくり、パーティ三昧、豊胸手術などに浪費。2度の自殺未遂を起こし、22歳になった現在は2児の母。メイドをしながら浪費した分の借金返済に追われている。

  2.ジャネット・リー(Janite Lee)
韓国からの移民であるジャネットは1993年、52歳で1,800万ドル(約14億円)が当選。大学施設や韓国教会の牧師の家族、また民主党に約30万ドルの寄付をし当時の大統領ビル・クリントンや副大統領アル・ゴア、韓国キム・デジュン大統領らと食事を楽しんだ。さらに韓国系アメリカ人団体に家を寄付、ギャンブルにも手を出し2001年、破産法第7章に基づき破産申告をした。

  3.“ジャック”・ウィテカーJr.(“Jack” Whittaker Jr)
2002年当時、ジャックポットでの最高当選額となる3億1,500万ドル(約250億円)を獲得。それまで建設会社の社長として穏やかな人生を送っていたが、その後、飲酒運転や脅迫で2度逮捕。ストリップクラブで遊んでいる間に車上荒らしに遭い現金54万5,000ドル(約4,200万円)を盗まれた。その後も盗難や訴訟が続き、妻とは離婚。2003年に孫娘の恋人の自宅で遺体が発見された。孫娘は小遣いとして週2,100ドル(約16万円)をもらっており、ジャックの遺体発見から1ヵ月後に、薬物の過剰摂取で死亡した。

  4.ケン・プロクスマイア(Ken Proxmire)
機械工のケンは100万ドル(約7,800万円)が当選。兄弟で自動車ビジネスをスタートさせたが、4年で倒産した。儲けを度外視していたのか、息子いわく「父は貧乏性で、すべての人の面倒を見ようとした」のだそう。今は元の機械工として働いている。

  5.イヴリン・アダムス(Evelyn Adams)
イヴリンは1985年、翌年86年と立て続けに当選。合計540万ドル(約4億2,000万円)を手にした。しかしギャンブル好きが高じて全財産を失くし、20年以上を経た今は家もなくトレーラー暮らしの日々を過ごしている。

  6.ジェフリー・ダンピエール(Jeffrey Dampier)
こちらは本人には何の罪もない例。1986年、2,000万ドル(約16億円)が当選したジェフリー。家族や友人に車や家など贈り物を大盤振る舞いしたが、義妹とその恋人はジェフリーを誘拐、銃殺した。2人は終身刑となっている。

  7.スザンヌ・マランズ(Suzanne Mullins)
1993年、420万ドル(約3億3,000万円)が当選したスザンヌは、一括払いではなく20年分割での支払いを選んだが、自分の配当金を担保に借金。その後、分割を解除し一括で当選金を受け取ったものの、無保険の義理の息子の病気を理由に借金の返済は行われず、金融会社から訴えられた。金融会社は勝訴したが、結局支払能力がないため借金は返済されていない。

  8.ビリー・ボブ・ハレルJr.(Billy Bob Harrell Jr.)
1997年、3,100万ドル(約24億円)を手にしたビリー。「No」と言えない性格だったというビリーは周りに言われるがまま家や新車などを買い続けた結果、妻とは離婚。自ら命を絶った。

  9.マイケル・キャロル(Michael Carroll)
2002年、970万ポンド(約12億円)を獲得したマイケル。家族や友人に贈りものをしたのもつかの間、すぐにパーティ三昧、車や売春婦を買いまくり、コカインにも手を出した。さらにドッグレースや競馬、サッカーに金をつぎ込み、今は週42ポンド(約5,000円)の失業手当で生活している。

  10.ヴィヴィアン・ニコルソン(Vivian Nicholson)
1961年、15万2,300ポンド(約2,000万円)、現在でいうと300万ポンド(約3億7,000万円)に相当する額を手にしたヴィヴィアンは「使って、使って、使いまくる(spend, spend, spend)!」と公言し、有言実行したことで有名となった。浪費、5度の結婚、アルコール依存、自殺未遂の後は精神療養所に入所。彼女の半生はドラマ化もされている。現在は週87ポンド(約1万円)の年金で生活を送ってる

大切なのはお金ではなく、お金の扱い方

はい、もう同じようなパターンですね。結局これらの人たちはお金をうまくコントロールできなかった人間ということです。結局のところ貧乏人に大金が手に入っても、手に余って浪費や悪い奴らに取られ、あっという間になくなってしまうのです。大金が手に入って有頂天になって豪遊したり、ドラッグに手を出すなんて愚の骨頂です。そもそも、富豪の豪遊というのは毎年定期的に大金が入ってくる本物の金持ちがやることであって、たった1回の当選金だけで何回もやれることではありません。なんども言いますが、ただでさえ当選確率が低い宝くじですが、たとえ当選したとしてもお金を上手くコントロールできない人間であれば、お金をもてあましてしまってロクなことになりません。

肝心なのは、お金を手に入れることではなく、お金持ちにふさわしい力量をもつことなのです。大金が手に入ったら安易に浪費するのではなく、お金の教養がある人に運用の知識を聞きに行けばいいのです。それだけでも全然人生が変わります。お金持ちになればお金持ちの人脈が作れるようになるので、浪費よりも投資を学べる絶好の機会になります。宝くじに高額当選をすると銀行から、破産しないようにお金の使い方を指南してくれるサービスも用意されています。銀行が当選金を口座に預けて欲しいというのが丸分かりですが、高額当選をした時は精神が高揚してまともな判断があまりできなくなるので、このようなサービスを受けるだけで後の人生を壊さないようにすることができます。

宝くじを買うこと自体悪いことではありません。当たったからといって必ず不幸になるわけでもありません。何度も言いますが、大切なのはお金を手に入れることではなくお金持ちにふさわしい知識や力量をもつことなのです。知識や力量があれば、宝くじなど買わなくても自然とお金は集まってきます。楽して手に入れた金は手に残りません。宝くじをどこで買うかなんて調べてる暇があったら、本を開き、ビジネスをし、立派な人と交流を深めて、自分が金持ちにふさわしい知識と力量をもてるように努力しましょう。そして高額当選に目がくらんでムダな金を使うような貧乏人にならないように努力しましょう。ある金持ちは 【宝くじは愚者の税金だ】 とまで比喩していました。そのとおりですね。ごくわずかな可能性に ”夢を買う” などと意味分からん動機で宝くじを買って、宝くじ運営団体を潤し、そこへ天下る官僚のお手伝いをしている行為こそ、愚者のやることです。ほら、財団法人の日本宝くじ協会の幹部やそれに肖って美味い汁吸っている奴らが笑っていますよ・・・。「今年も馬鹿が金を落としてくれてるなぁ」

同ジャンルのリンク

負け組父さんの迷言

負け組父さんの迷言
税金は貧乏人からではなく金持ちから取るべきだ! お金のことを考えるのは悪いことだよ
月収2,000万円の一発屋お笑い芸人も結局没落 貧乏人は宝くじに当たっても結局破産する話その1
よし!明日からやろう 貧乏人は宝くじに当たっても結局破産する話その2
俺は悪くない、あいつが悪い! 貧乏人は宝くじに当たっても結局破産する話その3
こういう考え方をしていると絶対金持ちにはなれない 貧乏人は宝くじに当たっても結局破産する話:一覧
貧乏人はなぜ黙って働く奴が多いのか 貧乏人ほど宝くじを多く買う傾向がある
子どもがいるから・・・子どものために・・・ 金持ちが悪い!金持ちは悪だ!金持ちは最低だ!
昔はよかった、今より昔のほうがいい時代だった 年収300万円で終わる人と1億円になる人の口癖
(禁煙、禁酒のできない人)禁煙、禁酒は体によくない! 政治・・・?ああ~どうでもいいや(どうせ俺の一票なんか~)
仕事で毎日忙しいんだよ! 長期金利の上昇?そんなことより、節約!節約!
「カネは人を変える」 と偉そうに曰い卑屈になる  
負け組、もしくはこれから負け組になる人がよくやる行為
TVなど一方的に流されるメディア情報ばかり見ている お金について全くの無知、さらに勉強しない
ネット・携帯ゲームに一日の大半の時間を費やす 時間とお金のムダであるパチンコにのめり込む
見栄やステータスと理由をつけて必要ない車を買う  
見栄やステータスと理由をつけて必要ない家を買う  
対比:勝ち組父さんの名言
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!