>>> 総額40万円儲かるFX会社のキャンペーン情報 <<<
★★★ 【当サイト限定タイアップ】このサイトでしかもらえないプレゼント情報 ★★★

団塊の世代が退職期(還暦・60歳)を迎えた

団塊の世代とは1947~1949年生まれの世代

1947~1949年の間に急激に出生率が高くなった人たちを団塊の世代という

 

 

”団塊の世代” とは他の年代よりも出生数が極めて多い1947~1949年の間に生まれた人たちを団塊の世代のことを指します。20世紀の出生数を表した上の図を見ればわかるように、団塊の世代は他の年代と比べてもきわめて同年代の人が多いことがわかります。その数の多さで、戦後日本の発展に大きく影響を与えた世代でもあります。

 

 

 

団塊の世代の行動は社会に影響が大きい

【団塊の世代の就職】

この団塊の世代が社会人となる1960年ごろには集団就職列車というものがあり、その移動によって多くの人が都市部に上京しました。このとき多くの団塊の世代が上京したために、地方の人口が激減し都市部の人口が増加しているする要因を作ることにもなりました。団塊世代は人口が多いために、彼らが移動したことによる人口変化が如実に表れています

 

 

団塊世代の上京によって地方の人口は激減、そして首都圏や都市部の人口は激増している

 

 

【団塊の世代の結婚】

この団塊の世代が結婚適齢期を迎えた1970年代は、多くの団塊の世代が結婚・出産をしたために1970年代の出生数も極端に増加しました。団塊の世代の子供たちということで、1970年代に生まれた人たちを ”団塊ジュニア” とも呼びます。

 

 

 

【団塊の世代の家庭】

団塊の世代は上記のように集団就職列車で多くの人が地方から都市部へと上京しました。そして、多くの団塊の世代の人たちがそのまま都市部に家庭を持ち、地方の親と別れて住むことになります。このことから、団塊の世代は自分たちと子供だけの家庭である ”核家族” であるケースが非常に増えました。

 

 

 

 

団塊の世代の退職 :2007年問題

団塊の世代の多くは、1947~1949年の間に生まれた人たちなので、還暦である60歳を2007年ごろに向かえ退職する人が大勢出ることになります。すると企業には大人数の退職者が出てしまうために人員不足問題、いわゆる2007年問題が起こることになります。そのため企業は今まで絞ってきた新卒採用を大幅に増やすことになり、退職と新卒の環境を大きく激変させることになりました。

 

 

 

雇用環境が混乱する中、多くの団塊の世代は退職し、年金生活に入ることになりました。しかし、年金の財源問題によって年金支給年齢は60歳から65歳(67歳、70歳も時間の問題)までに引き上げられています。そのため定期収入が無くなりながら、年金がもらえるまで空白の5年間ができてしまいました。予想していなかった空白時期ができてしまったことで、団塊の世代は貯蓄を切り崩していくことになります。予定に無かった支出が増えることにより、団塊世代の富は削られていき大きな格差が生じてしまいます

 

 

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!