>>> 総額40万円儲かるFX会社のキャンペーン情報 <<<
★★★ 【当サイト限定タイアップ】このサイトでしかもらえないプレゼント情報 ★★★

30代にお薦めな運用・資産配分・投資信託はこれだ!

30代の方にお薦めの運用方針

【資産運用期間は長期】
30代の方々は、これから将来を形成するにあたってかなりの時間が残されています。そのため、30年~50年という長いスパンを考慮した長期運用が可能です。この長期運用には例え利回りが小さくとも時間を武器にすることができるので、何十年という期間に長期運用を続けていれば、還暦を迎える頃には大きな資産ができているでしょう。

【積極的(ハイリスク)な運用が可能】
30代の方々は、仕事にも現役で資産運用にもかなりの時間が残されています。そのため、多少リスクをとっても大きなリターンを狙う積極的な投資が可能です。これは、もしもハイリスクな投資で失敗してしまっても、十分にリカバーできる時間があるからです。一か八かのようなギャンブル的なものは好ましくありませんが、一発大きく当ててやろうという野心を持ってもいいかもしれません。

【積立投資をしていこう】
いつの時代もいえることですが、若者には時間はありますがお金がありません。30代の方々にも、日々の生活に困窮してまとまった資金が用意できない人が多いことでしょう。そのため、30代の方々の運用には積立投資がオススメです。これは毎月少しずつ投資信託を少額ずつ買っていく方法なので、まとまった資金が無くとも十分に投資が可能です。

30代の方にお薦めの資産配分

【株式の比率を高める】
30代の方々はまだまだ運用にたっぷりの時間が残されていますので積極的な投資が可能です。そのため他の世代よりも株式投資への比率を高くしましょう。株式は債券と違って値動きが激しいのでハイリスクな代わりにハイリターンを生み出してくれます。当然、大きく値下がりすることもありますが、積立投資をすることによって平均約定価格が低く抑えられるのでやったほうがお得です。

【新興国投資を組み込もう】
30代の方々は、リカバーする時間があるので多少ハイリスクな投資を含んだ運用ができます。そのため 「新興国」 への投資を組み込んでみましょう。新興国はこれから大きな発展を遂げるので、大きなリターンが見込めます。反面いろいろ問題を抱えており、最悪の場合は国そのものが無くなってしまうハイリスクな投資です。このようなハイリスク投資は、安定運用が鉄則の高齢者にはオススメできませんが、若い人ならできるのです。ただし、ハイリスクなので多くとも全体の10~20%ほどにしておきましょう。

【日本債券は入れないほうがよい】
安定運用の代名詞でもある 「日本国債」 ですが、30代の方々には合わない投資です。ご存知の通り、日本国債は日本の莫大な借金のせいで利回りは小さく、大きなデフォルトリスクを抱えている魅力のない投資先です。そんな投資先にお金を預けるのは好ましくありません。時間があるのですから、リスクをとっても積極的な投資をすべきなのです。もしもリスク分散をしたいなら、流動性の悪い日本国債ではなく、円MMFや普通預金をしたほうがいいでしょう。

20~30代の方々は株式比率を高め積極的な運用をしたほうがよい。また新興国への投資も少量なら組み入れてもいいが、日本国債の長期投資はあまりメリットが無いので控える

また、これ以上に積極的に攻めたい人は、ハイリスクハイリターンである新興国投資を増やしてもいいです。当然リスクは上がるのであくまでも許容範囲内でやってください。本来は新興国投資は10~20%内に収めるのが鉄則なので、それを逸脱した場合はハイリスクになることをよ~く頭に入れておくことです。

30代の方にお薦めな投資信託の候補

30代の資産運用に用いる具体的な投資信託を紹介します。紹介する投資信託の選択基準は、投資信託選びの基本である 「低コストのインデックスファンド」 であることを重視します。例えば 「日本株式」 であれば、代表的な日本の株式指数:TOPIXに連動するものを選び、海外株式の場合は世界株式の指数でもある:MSCIコクサイインデックス指数、海外債券の場合は世界債券の指数でもある:シティグループ世界国債インデックス指数に連動するものを選んでいます。また、投資信託にこだわらず、外貨MMFやETFなども投資候補になります。

なお、新興国ファンドは数が多く、1つの国だけや局地的な投資をするものも多いです。ここではリスク分散の観点からも多くの新興国へ分散投資するものを選びました。参考となる指数はMSCIエマージング・マーケット・インデックスです。

※信託 ・・・ 信託報酬     ※解約 ・・・ 信託財産留保額
※kabu ・・・ カブドットコム証券    ※ebank ・・・ イーバンク銀行
※monex ・・・ マネックス証券     ※投信SC ・・・ 投信スーパーセンター

対象ファンド 信託 解約 楽天 SBI kabu ebank monex 投信
日本株式ファンド
トピックス・インデックスファンド(大和)
0.65% 0.00%      
ニッセイ TOPIXオープン(ニッセイ)
0.55% 0.00%        
インデックスファンドTSP(日興)
0.55% 0.00%        
トピックスオープン(三菱UFJ)
0.65% 0.00%    
[ETF]ダイワ上場投信-トピックス
0.23% 0.00%    
[ETF]TOPIX連動型上場投資信託
0.22% 0.00%    
[ETF]上場インデックスファンドTOPIX
0.22% 0.00%    
海外株式ファンド
トヨタアセットバンガード海外株式F
1.28% 0.00%          
中央三井外国株式インデックスファンド
0.84% 0.20%          
ステート・ストリート外国株式インデックス
0.99% 0.30%      
ドイチェ・世界株式F(インデックス連動型)B
1.08% 0.30%      
PRU 海外株式マーケット・パフォーマー
0.84% 0.20%      
年金積立インデックスF海外株式(ヘッジ無)
0.89% 0.30%          
[ETF]iShares MSCI KOKUSAI Index(TOK)
0.25% USD      
[ETF]iShares MSCI EAFE INDEX FUND(EFA)
0.34% USD      
海外債券ファンド
PRU海外債券マーケット・パフォーマー
0.68% 0.10%    
年金積立インデックスF海外債券(ヘッジ無)
0.71% 0.10%          
中央三井外国債券インデックスファンド
0.99% 0.10%          
三菱UFJ世界国債インデックスF:毎月
0.78% 0.30%      
グローバル・ソブリン・オープン(1年決算型)
1.31% 0.50%      
新興国ファンド
HSBC新BRICsファンド
1.62% 0.00%
HSBCBRICsオープン
2.24% 0.00%
JPM・BRICS5・ファンド
2.01% 0.50%
JPM エマージング株式ファンド
2.01% 0.50%
シュローダー・エマージング株式F(1年)
2.02% 0.30%
シュローダー BRICs株式ファンド
2.02% 0.30%
ニッセイ/パトナム・Gエマージング株式F
2.03% 0.00%
[ETF]iShares MSCI EMERGING MKT(EEM)
0.74% USD

【各会社の特徴】
楽天証券・・・ 取扱数も多くETFもできてとても便利
SBI証券  ・・・ 取扱数も多くETFもできてとても便利
イーバンク銀行 ・・・ 日本投信に偏っていてETFもないので向いていない
カブドットコム証券 ・・・ ETFが無いので向いていない
マネックス証券 ・・・ 取扱数は少ないが、ETFもできてとても便利
投信スーパーセンター ・・・ 取扱数はとても多いのだが、ETFがない

30代の人へお薦めの投資信託はこれだ!

【どの会社がいいか?】
上記の表を通して見ると、楽天証券、SBI証券、投信スーパーセンターが取扱が多く、イーバンク銀行とカブドットコム証券には低コストインデックスファンドが少ないことがわかります。また、イーバンク銀行と投信スーパーセンターは証券会社ではないので、国内外を問わずにETFが取引できません。以上のことから楽天証券、またはSBI証券での積立投資がオススメです。

【ETFのほうが断然安上がり】
上の表を見れば一目瞭然ですが、ETFは信託報酬が普通の投資信託に比べて格段に安くなっています。そのため積立の鉄則である 「低コストのインデックスファンド」 に従えば断然ETFのほうがお得です。ただし、ETFは単元数があり投資金額が10万円ぐらいないと購入できない欠点があります。そのため毎月少額で投資信託を積み立てて、ある程度貯まったらETFへスイッチングできるようにもETFが取引できる会社で取引するのがよいのです。

楽天証券での例

分類 候補のファンド 販売手数料 信託報酬 信託財産留保額
日本株式20% ニッセイ TOPIXオープン 0.00% 0.55% 0.00%
海外株式20% PRU海外株式マーケット・パフォーマー 0.00% 0.84% 0.20%
海外債券40% PRU海外債券マーケット・パフォーマー 0.00% 0.68% 0.10%
新興株式20% HSBC新BRICsファンド 0.00% 1.62% 0.00%

楽天証券では一番低コストなものを選んでこのような選択ができます。ここに例えば投資金額が5万円なら

ニッセイ TOPIXオープン : 1万円
PRU海外株式マーケット・パフォーマー : 1万円
PRU海外債券マーケット・パフォーマー : 2万円
HSBC新BRICsファンド :1万円
このような配分で投資していきましょう

SBI証券での例

分類 候補のファンド 販売手数料 信託報酬 信託財産留保額
日本株式20% インデックスファンドTSP(日興) 0.00% 0.55% 0.00%
海外株式20% ステート・ストリート外国株式インデックス 0.00% 0.99% 0.30%
海外債券40% PRU海外債券マーケット・パフォーマー 0.00% 0.68% 0.10%
新興株式20% HSBC新BRICsファンド 0.00% 1.62% 0.00%

ETFを用いた例 安くてお得

分類 候補のファンド 販売手数料 信託報酬 信託財産留保額
日本株式 [ETF]TOPIX連動型上場投資信託 0.00% 0.22% 0.00%
海外株式 [ETF]iShares MSCI KOKUSAI Index(TOK) 為替手数料 0.25% 為替手数料
海外債券 PRU海外債券マーケット・パフォーマー 0.00% 0.68% 0.10%
新興株式 [ETF]iShares MSCI EMERGING MKT(EEM) 為替手数料 0.74% 為替手数料

30代の方々にはこれらの投資信託を楽天証券、またはSBI証券で積立投資を行いましょう。低コストなために複利投資に余計な手数料をかけることがなく、インデックスファンドなので安定した運用ができます。この積立投資を続けていけば将来大きな資産を手にすることができるでしょう。

(勝ち組証券)楽天証券の資料請求はこちら
※ 資料請求・口座開設などはすべて無料で1円もかかりません
※ 維持費無料なので迷ったら実際に使ってみて判断しよう
※勝ち組になれる人はすぐ行動します。明日やろうとか思った人は負け組です



楽天証券は30代向けの投資信託を完備している勝ち組業者
格差脱出を志す人にふさわしい業者です
楽天証券 : http://www.rakuten-sec.co.jp/

30代の格差脱出への道サイトマップ

30代の現状:就職氷河期・貧乏クジ世代・見捨てられた世代
30代は団塊世代の子で団塊ジュニアと言われる 自分が下流と感じている人はどんどん増加
30代は非正規雇用としてどんどん搾取されている 30代の格差を拡大させた因縁の就職氷河期
30代の30%がフリーターにさせられてしまった 大企業に入れず中小企業に入っても倒産しちゃった
勝ち組とワーキングプアの30代の年収格差 30代の格差拡大の隠れた原因ゆとり教育
10年前より200万円も減っている現在の30代給与 いくら増税しても老人のためで若者は救われない
40代になっても年収の減少は更に酷い状況になる 30代非正規労働者の8割が結婚できない未婚である
↓ 30代の格差脱出の方法 ↓
格差社会において認識すべきこと
無知であることが貧乏の原因 政府は助けてくれないことを認識せよ
サラリーマンでは一発逆転できない 今からでも遅くない。資産運用の勉強をしよう
今!なにから始めるべきなのか?
【元手が全くない人】 → ノーリスクで月10万円ぐらいまで稼げるモニター・アンケート挑戦!

【元手が10万円以上】 → ほぼノーリスク口座開設と取引で50万ほど稼げるFX会社のキャンペーンを利用

【元手が50万円以上】 → リスクがあるが、億稼ぐことも夢じゃないFXやバイナリーオプションへ挑戦

【元手がたっぷりある】 → 投資信託やFXの高金利通貨を買って、不労所得を得たり自分年金作り 
格差脱出のための手法
【元手が全くない人】 モニター・アンケート・ポイントサイト
投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう 投資資金が無い人はFXのキャンペーンで稼ごう
あのアンケートサイトで私が月10万円稼ぐ本当の方法  
【大きく稼げて不労所得も取れる】FX(外国為替証拠金取引)
FXとは、一体どういったものなのか FXは24時間できるのでサラリーマンも大丈夫
FXは海外の高金利を得ることができる 30代にふさわしいFX会社の選び方
【大きく稼げてリスク限定】バイナリーオプション
2択で単純明快!低リスク高リターン!相場が動かなくても儲かる!話題のバイナリーオプションとは?
【自分年金作り】投資信託(ファンド)
投資信託は専門家が資産運用してくれる プロが運用してくれるから初心者でも大丈夫
投資信託は2つの収益でダブルで儲かる 30代にふさわしい証券会社の選び方
30代にお薦めな投資信託はこれである このバランス型投資信託なら1つで大丈夫
【資産防衛】金塊(純金積立)
金(Gold)は無価値になることが無い永久資産 金(Gold)は勝ち組に絶対必要な永久資産
金の売買には消費税が関わってくる これからのためにも金(Gold)を買っておくべし
30代にふさわしい金投資会社の選び方  
上へ戻る


Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!