>>> 総額40万円儲かるFX会社のキャンペーン情報 <<<
★★★ 【当サイト限定タイアップ】このサイトでしかもらえないプレゼント情報 ★★★

非正規の30代の約8割が結婚できない未婚

30代の非正規労働者男性の未婚率は約75%

結婚出来ない男といったドラマが流行ったり、なかなか結婚できずに婚活サイトに登録して婚活がブームになったりと、近年男女ともに結婚へのハードルはどんどん高まっています。それは ”愛” だけではどうしようもない ”お金” という現実的な問題があるからです。特に男性には男女平等といっておきながら、収入の面を非常に気にする傾向がまだまだ強いです。そしてその収入が安定していない日正規労働者の結婚割合は非常に低いことがわかっています。

厚生労働省が2010年度に全国の20歳以上65歳未満の人を対象にした調査結果によると、30代男性の非正規労働者の75.6%が未婚で、正規労働者(30.7%)と2.5倍もの差のあることで分かった。2004年実施の前回の45.5%から6年で30ポイントも増加した。非正規労働者の経済的な不安定と、未婚化の進行が強く結びついている現状が明らかになった。

男性非正規労働者の急激な未婚・晩婚化は40代でも進んでおり、前回の25.3%から45.7%と半分近くに達している。正規労働者は30代で30.7%と5ポイント程度上昇したが40代は前回並みの15.1%。一方、女性は正規の方が未婚割合が高く、30代は前回並みの46.5%、40代は9ポイント近く上昇して22.3%だった。こちらは女性が働きながら結婚・子育てをする環境がなお十分ではない状況が反映している。重点を置くべき子育て施策(複数回答)では、トップは前回と同じ「教育費の負担軽減」(55.3%)。しかし、2位の「保育所等の充実」43.3%(前回37.9)と3位の「手当など経済的支援の充実」30.9%(同47.3%)が逆転。待機児童解消が見通せない中、現金より保育サービスの充実を求める声が強まっている様子がうかがえた。

非正規の年収と妥協年収には差がある

結婚において重要なファクターである ”お金” つまり年収ですが、この非正規労働者の年収と女性が結婚するときに妥協できる年収にはかなりの差があります。そうミスマッチが起きているのです。現在の結婚適齢期である女性たちは現実的であり、一時期のバブル女性のような 「三高」 を望んで粗大ゴミになった人たちとは違い年収についてもかなり妥協しています。その妥協点のデータが内閣府の発表した 「子ども・子育て白書」 で20代と30代の既婚率で見ることができます。

年収別の既婚率の推移

上の子は内閣府の発表した 「子ども・子育て白書」 にある年収別の既婚率の推移を表したものです。20~30代の男性について既婚者の割合を年収別にみたところ300万円未満では10%を切っています。コレに対して300万円以上の階層では約25~40%となり、300万円を境に大きな差が確認できます。就労形態別の既婚率をみると、30~34歳の男性では正社員が59.6%に対し、非正規は30.2%と半分程度。結婚を希望する人に 「結婚生活の不安」(複数回答) を聞いたところ男女とも半数以上が 「経済的不安」 をあげています。白書では 「若い世代の所得の伸び悩みなどが未婚率の増加につながっている」 と指摘しています。まぁ当然ですね。この白書では 「若者に対する就労支援が求められる」 と書いてありますが、結局なんの解決策も書いてないです。

非正規労働者を中心に年収300万にも満たない人が増加中

上の図のとおり、男性は年収300万円を境に結婚への大きな壁があることがわかりました。女性としても理想は1,000万円・・・とはいわず700万円ほど欲しいという意見が多いですが、300万円がギリギリ妥協できるという最低水準ではないでしょうか。しかし現実は思っている以上に厳しい状況にあり、年収300万円すら届いていない人たちがたくさんいるのです。上記の白書でも指摘されていますが、若年層を中心に非正規雇用が非常に増加し、低い年収にあえいでいる人が相当いるのです。

年で300万円以下の人口割合

このように出会いがないとか、相性が合わないという断簡を経ても、理想と現実とのギャップが大きくなり結婚へのハードルは大きいものになっています。日本は新卒主義であるがゆえに一度非正規労働者になってしまうと正社員になるのは容易なことではありません。そのためいつまでも年収は上がらずに金銭的余裕ができず、結果結婚からどんどん遠ざかってしまいます。このような状況なので、少子化は一層加速する一方なのです。にもかかわらず日本の政府は子育て政策がどれもこれも中途半端で目立った成果を上げていません。それもそのはず、政府がやっているのは既に子供を持っている家庭へのものだけです。これから結婚をしようとする若者への対策は全くないのです。結局、結婚するにしても、金銭的余裕をもつにしても、自分の力でやらなければならないのです。

同ジャンルのリンク

30代の格差脱出への道サイトマップ

30代の現状:就職氷河期・貧乏クジ世代・見捨てられた世代
30代は団塊世代の子で団塊ジュニアと言われる 自分が下流と感じている人はどんどん増加
30代は非正規雇用としてどんどん搾取されている 30代の格差を拡大させた因縁の就職氷河期
30代の30%がフリーターにさせられてしまった 大企業に入れず中小企業に入っても倒産しちゃった
勝ち組とワーキングプアの30代の年収格差 30代の格差拡大の隠れた原因ゆとり教育
10年前より200万円も減っている現在の30代給与 いくら増税しても老人のためで若者は救われない
40代になっても年収の減少は更に酷い状況になる 30代非正規労働者の8割が結婚できない未婚である
↓ 30代の格差脱出の方法 ↓
格差社会において認識すべきこと
無知であることが貧乏の原因 政府は助けてくれないことを認識せよ
サラリーマンでは一発逆転できない 今からでも遅くない。資産運用の勉強をしよう
今!なにから始めるべきなのか?
【元手が全くない人】 → ノーリスクで月10万円ぐらいまで稼げるモニター・アンケート挑戦!

【元手が10万円以上】 → ほぼノーリスク口座開設と取引で50万ほど稼げるFX会社のキャンペーンを利用

【元手が50万円以上】 → リスクがあるが、億稼ぐことも夢じゃないFXやバイナリーオプションへ挑戦

【元手がたっぷりある】 → 投資信託やFXの高金利通貨を買って、不労所得を得たり自分年金作り 
格差脱出のための手法
【元手が全くない人】 モニター・アンケート・ポイントサイト
投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう 投資資金が無い人はFXのキャンペーンで稼ごう
あのアンケートサイトで私が月10万円稼ぐ本当の方法  
【大きく稼げて不労所得も取れる】FX(外国為替証拠金取引)
FXとは、一体どういったものなのか FXは24時間できるのでサラリーマンも大丈夫
FXは海外の高金利を得ることができる 30代にふさわしいFX会社の選び方
【大きく稼げてリスク限定】バイナリーオプション
2択で単純明快!低リスク高リターン!相場が動かなくても儲かる!話題のバイナリーオプションとは?
【自分年金作り】投資信託(ファンド)
投資信託は専門家が資産運用してくれる プロが運用してくれるから初心者でも大丈夫
投資信託は2つの収益でダブルで儲かる 30代にふさわしい証券会社の選び方
30代にお薦めな投資信託はこれである このバランス型投資信託なら1つで大丈夫
【資産防衛】金塊(純金積立)
金(Gold)は無価値になることが無い永久資産 金(Gold)は勝ち組に絶対必要な永久資産
金の売買には消費税が関わってくる これからのためにも金(Gold)を買っておくべし
30代にふさわしい金投資会社の選び方  
上へ戻る


Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!