>>> 総額40万円儲かるFX会社のキャンペーン情報 <<<
★★★ 【当サイト限定タイアップ】このサイトでしかもらえないプレゼント情報 ★★★

30代の30%がフリーターにさせられてしまった

厚生労働省定義のフリーター数

就職氷河期においてフリーター数は増加の一途を辿っている

上の図は厚生労働省定義のフリーター数の推移をグラフに表したものです。ご覧のようにフリーターの数は、1990年代の就職氷河期の時期を迎えると、急速に増加しているのがわかります。1980年後半には約80万人程度であったフリーターの数は、右肩上がりに上昇を続け、2003年には217万人もの数をつけました。しかしこの200万人という数値は、いくらなんでも少なすぎると感じる人もいるでしょう。

実はこの200万人というフリーター数の定義は、厚生労働省の定義によるものです。厚生労働省のフリーターの定義というものは希望する職種につけなかった、又は進学や就職のために一時的にフリーターを自ら選択した自発的なフリーターという扱いになっています。いわゆるやりたい仕事のための「夢追い型」、司法試験や国家試験対策のための一時的な「期間限定型」のフリーターだけなのです。そのため、就職氷河期などで就職すらできずに ”フリーターにならざるを得なかった” 人たちは含まれていないのです。

フリーターにならざるを得なかった400万人!

内閣府定義のフリーターに望んでなったわけではない人は2001年の時点ですでに400万人を超えていた!

上の図は、厚生労働省ではなく内閣府が定義したフリーター数の推移です。内閣府のフリーターの定義というのは厚生労働省の定義とは違い、進学や勉強のために自発的にフリーターになった人だけでなく、正社員になることができずにフリーターにならざるを得なかった人たちも含みます。つまり、就職氷河期が生み出したフリーターの人たちは本来この統計においてカウントされるのです。

実際にグラフを見てみるとものすごい結果が出ています。1990年に180万人いたフリーターは、わずか10年で2.5倍にも膨張してしまったのです。2001年にはその数400万人を突破し、とんでもない数のフリーターが存在していることがわかります。しかし内閣府がデータにしたのは、なぜか2001年まででした。これ以降のデータはまだ観測していません。今のフリーター数は400万人にとどまらず、さらに増加していることが予測されます。しかし何故内閣府はデータを観測しないのでしょう・・・。もしかしたらさらに増えているフリーターのデータを出すと政府の責任を追及されることが必至ですから、あえて放置しているのかもしれません。

30代のフリーターが増えている!

年代別のフリータでは

上の図は、厚生労働省が定めたフリーターを年代別に表したものです。厚生労働省の定義では、フリーターは15~34歳で自発的にフリーターになった人であり、就職氷河期の人の多くは含まれてはいませんが、参考になるデータです。

これを見ると2002年には25~34歳の高齢層フリーターの割合は(91÷208)42%でした。20代の若年層の方が多かったのです。しかし2007年になると(92÷181)50%を超えてしまい、30代の高齢層のフリーターのほうが多くなっているのです。これは、20代のフリーターよりも30代のフリーターのほうが、フリーターから脱出しにくい状況であることを表しています。年をとればとるほど、30代になるほどフリーターから脱出することは困難になっているのです。企業の勝手な都合で就職氷河期に巻き込まれて、フリーターにならざるを得ない状況に追い込まれ、その上フリーターからの脱出もできない。30代の人にとっては、実にふざけた世の中になっているのです。

同ジャンルのリンク

 

30代の格差脱出への道サイトマップ

30代の現状:就職氷河期・貧乏クジ世代・見捨てられた世代
30代は団塊世代の子で団塊ジュニアと言われる 自分が下流と感じている人はどんどん増加
30代は非正規雇用としてどんどん搾取されている 30代の格差を拡大させた因縁の就職氷河期
30代の30%がフリーターにさせられてしまった 大企業に入れず中小企業に入っても倒産しちゃった
勝ち組とワーキングプアの30代の年収格差 30代の格差拡大の隠れた原因ゆとり教育
10年前より200万円も減っている現在の30代給与 いくら増税しても老人のためで若者は救われない
40代になっても年収の減少は更に酷い状況になる 30代非正規労働者の8割が結婚できない未婚である
↓ 30代の格差脱出の方法 ↓
格差社会において認識すべきこと
無知であることが貧乏の原因 政府は助けてくれないことを認識せよ
サラリーマンでは一発逆転できない 今からでも遅くない。資産運用の勉強をしよう
今!なにから始めるべきなのか?
【元手が全くない人】 → ノーリスクで月10万円ぐらいまで稼げるモニター・アンケート挑戦!

【元手が10万円以上】 → ほぼノーリスク口座開設と取引で50万ほど稼げるFX会社のキャンペーンを利用

【元手が50万円以上】 → リスクがあるが、億稼ぐことも夢じゃないFXやバイナリーオプションへ挑戦

【元手がなくなる覚悟】 → 600倍、800倍になるかもしれない仮想通貨を買ってみる!

【元手がたっぷりある】 → 投資信託やFXの高金利通貨を買って、不労所得を得たり自分年金作り 

とにかく何をするにもある程度の元手が必要です。元手ができればリスクをとって仮想通貨やFXで一気に増やすことを試みましょう。リスクを取らなければ大きく資産を増やすことはできません。失敗するかもしれませんが、それでもやらなければ何も変わりません。
格差脱出のための手法
【元手が全くない人】 モニター・アンケート・ポイントサイト
投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう 投資資金が無い人はFXのキャンペーンで稼ごう
あのアンケートサイトで私が月10万円稼ぐ本当の方法  
【ハイリスクだが億超えすることも】仮想通貨
無価値になるかもしれないが、600倍!800倍になった通貨も出た仮想通貨!
・・・仮に800倍になったMONAを10万円買っていれば、それだけで8,000万円の資産に!
【大きく稼げて不労所得も取れる】FX(外国為替証拠金取引)
FXとは、一体どういったものなのか FXは24時間できるのでサラリーマンも大丈夫
FXは海外の高金利を得ることができる 30代にふさわしいFX会社の選び方
【大きく稼げてリスク限定】バイナリーオプション
2択で単純明快!低リスク高リターン!相場が動かなくても儲かる!話題のバイナリーオプションとは?
【自分年金作り】投資信託(ファンド)
投資信託は専門家が資産運用してくれる プロが運用してくれるから初心者でも大丈夫
投資信託は2つの収益でダブルで儲かる 30代にふさわしい証券会社の選び方
30代にお薦めな投資信託はこれである このバランス型投資信託なら1つで大丈夫
【資産防衛】金塊(純金積立)
金(Gold)は無価値になることが無い永久資産 金(Gold)は勝ち組に絶対必要な永久資産
金の売買には消費税が関わってくる これからのためにも金(Gold)を買っておくべし
30代にふさわしい金投資会社の選び方  
上へ戻る


Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved