>>> 総額40万円儲かるFX会社のキャンペーン情報 <<<
★★★ 【当サイト限定タイアップ】このサイトでしかもらえないプレゼント情報 ★★★

中小企業に入っても倒産しちゃってフリーターになります

大企業と中小企業との比較

就職氷河期には求人数と求職者数の逆転が起こった

1990年後半から2000年前半は就職氷河期と言われていて、見事なほどに求職者数のほうが圧倒的に多い環境になっています。つまり、とてつもなく就職しにくかった時期というのが、明確にデータからもわかります。また、1990年後半から求職者数は完全に右肩上がりになっています。これは、前の年に就職できなかった人が、また翌年の求職者数に含まれてしまうので、余計に就職が困難になってしまうことを表しています。しかし、この求人数の推移を ”大企業” と ”中小企業” で分けて見ると全く違った結果が出ることになります。

大企業への就職は極めて困難

大企業においては求人数を求職者数が大きく上回っている状態

上の図は、リクルートワークス研究所による従業員1,000人以上の大企業の求人数と、その大企業へ就職を希望する求職者の比較を表したものです。ご覧のように就職氷河期もあいまって、求人数と求職者数との差がかなり開いていることがわかります。求職者に対する求人数は、最近の2006年を除いてほとんど半分にも満たない状態が続いているために、大企業への就職というのは、席が少ない上にライバルが多くて、極めて困難であると言えるのです。

また運良く大企業へ就職できた就職勝ち組の人たちも、人員削減のために非常に仕事の量が多く、経費削減で十分な給料をもらえない状態が多いという意見が多数聞かれます。そのためせっかく大企業へ就職できたのに、すぐに転職したり、体を壊すなど大企業への就職=勝ち組のような単純構造とはいかないようです。しかし下記に紹介する中小企業のケースと比べれば、幾分マシかもしれません。

中小企業への就職はとってもカンタン?

実は中小企業の求人数は求職者数をずっと上回っている

上の図は、リクルートワークス研究所による従業員1,000人未満の中小企業の求人数と、その中小企業へ就職を希望する求職者の比較を表したものです。大企業の図と比べてみると、全く逆の状態であることがわかります。なんと、中小企業の求人数は、求職者数を大きく上回っているのです。中小企業に対する就職活動においては、大企業とは逆に売り手市場になっているのです。こんな状態なら、大企業を望まずに中小企業へ就職活動をすれば、簡単に内定がもらえて就職できたのではないかと思ってしまうでしょう。しかし、大企業と違って中小企業というのは ”倒産しやすい” という頭が痛い問題点を抱えているために、そうカンタンに事は運ばないのです。

中小企業は順調に?倒産中

中小企業は就職氷河期にどんどん倒産していた

上の図は 「東京商工リサーチ」 による全国企業倒産件数の推移を表したものです。平成不況といわれた1990年中旬に入ると中小企業の倒産件数が飛躍的に上昇していることがわかります。2000年ごろの就職氷河期においては、倒産件数は2万件に肉薄するほどのものでした。21世紀になり、一時的に倒産件数は減っていますが、それでも尚1万件以上の中小企業が倒産しているのです。

これほどの中小企業が就職氷河期には倒産していました。そのため、就職氷河期の大卒者はいつでも売り手市場である中小企業に採用されたとしても、業績悪化や倒産などの要因で就職できなかったことが多々あったのです。運良く中小企業に採用されて入社しても、次の年には会社がなくなっていたことなどよくある事でした。いくら中小企業の求人が売り手市場であったとしても、入社するべき企業がなくなってしまうことがたくさんあったので、どちらにしても就職は非常に難しかったのです。

同ジャンルのリンク

 

30代の格差脱出への道サイトマップ

30代の現状:就職氷河期・貧乏クジ世代・見捨てられた世代
30代は団塊世代の子で団塊ジュニアと言われる 自分が下流と感じている人はどんどん増加
30代は非正規雇用としてどんどん搾取されている 30代の格差を拡大させた因縁の就職氷河期
30代の30%がフリーターにさせられてしまった 大企業に入れず中小企業に入っても倒産しちゃった
勝ち組とワーキングプアの30代の年収格差 30代の格差拡大の隠れた原因ゆとり教育
10年前より200万円も減っている現在の30代給与 いくら増税しても老人のためで若者は救われない
40代になっても年収の減少は更に酷い状況になる 30代非正規労働者の8割が結婚できない未婚である
↓ 30代の格差脱出の方法 ↓
格差社会において認識すべきこと
無知であることが貧乏の原因 政府は助けてくれないことを認識せよ
サラリーマンでは一発逆転できない 今からでも遅くない。資産運用の勉強をしよう
今!なにから始めるべきなのか?
【元手が全くない人】 → ノーリスクで月10万円ぐらいまで稼げるモニター・アンケート挑戦!

【元手が10万円以上】 → ほぼノーリスク口座開設と取引で50万ほど稼げるFX会社のキャンペーンを利用

【元手が50万円以上】 → リスクがあるが、億稼ぐことも夢じゃないFXやバイナリーオプションへ挑戦

【元手がなくなる覚悟】 → 600倍、800倍になるかもしれない仮想通貨を買ってみる!

【元手がたっぷりある】 → 投資信託やFXの高金利通貨を買って、不労所得を得たり自分年金作り 

とにかく何をするにもある程度の元手が必要です。元手ができればリスクをとって仮想通貨やFXで一気に増やすことを試みましょう。リスクを取らなければ大きく資産を増やすことはできません。失敗するかもしれませんが、それでもやらなければ何も変わりません。
格差脱出のための手法
【元手が全くない人】 モニター・アンケート・ポイントサイト
投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう 投資資金が無い人はFXのキャンペーンで稼ごう
あのアンケートサイトで私が月10万円稼ぐ本当の方法  
【ハイリスクだが億超えすることも】仮想通貨
無価値になるかもしれないが、600倍!800倍になった通貨も出た仮想通貨!
・・・仮に800倍になったMONAを10万円買っていれば、それだけで8,000万円の資産に!
【大きく稼げて不労所得も取れる】FX(外国為替証拠金取引)
FXとは、一体どういったものなのか FXは24時間できるのでサラリーマンも大丈夫
FXは海外の高金利を得ることができる 30代にふさわしいFX会社の選び方
【大きく稼げてリスク限定】バイナリーオプション
2択で単純明快!低リスク高リターン!相場が動かなくても儲かる!話題のバイナリーオプションとは?
【自分年金作り】投資信託(ファンド)
投資信託は専門家が資産運用してくれる プロが運用してくれるから初心者でも大丈夫
投資信託は2つの収益でダブルで儲かる 30代にふさわしい証券会社の選び方
30代にお薦めな投資信託はこれである このバランス型投資信託なら1つで大丈夫
【資産防衛】金塊(純金積立)
金(Gold)は無価値になることが無い永久資産 金(Gold)は勝ち組に絶対必要な永久資産
金の売買には消費税が関わってくる これからのためにも金(Gold)を買っておくべし
30代にふさわしい金投資会社の選び方  
上へ戻る


Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved