>>> 総額40万円儲かるFX会社のキャンペーン情報 <<<
★★★ 【当サイト限定タイアップ】このサイトでしかもらえないプレゼント情報 ★★★

20代にお薦めな運用・資産配分を理解してこの投資信託を購入すべし

投資信託を選ぶ際の注意点

ここでは20代の人が購入すべき具体的な投資信託を紹介します。ではまずどのような投資信託を選択すべきなのかについてご説明しましょう。現在、投資信託の数は非常に多く、その数は数千種類にも及びます。毎月新しいものが作成されては売り出されていて、私たち個人投資家はおろか、プロの投資家ですらいくつあるのか把握しきれない状況です。そんな中で、自分にどのような投資信託が必要なのかを決断する際には、このような点を決めてにしてください。それは 「低コストのインデックス運用ファンド」 であることです。

なぜ低コストのインデックス運用ファンドであることを重視するのかというと、このタイプの投資信託は長期的に安定した利益を稼ぎ出せるからです。低コストなのは、投資信託が長期的に保有して大きな利益を稼ぎ出すものであることを考えれば、できるだけコストがかからないものを選ぶのは当然です。ちょっとのコストも長年かかってしまえば、チリが積もって大きな負担になってしまいますからね。下の図を見れば、わずかなコストの違いが大きな差を生むことが理解できることでしょう。

投資信託のコストの差がこれほどの天国と地獄を生む

そしてインデックス運用のファンドを選ぶのは安定的な利益を稼ぎ出せるからです。逆のタイプであるアクティブ運用はファンドマネージャーの腕次第で大きく利益が変わってきます。確かに腕のいいファンドマネージャーならすさまじい利益を出すこともありますが、反面損をすることだって多いのです。事実インデックス運用より利益が多く成績がいいアクティブ運用の投資信託は30%ほどしかありません。これを10年、20年の長期で見てみればインデックス運用よりも成績がいい投資信託はほとんどありません。長期運用をするならアクティブ運用がインデックス運用に勝てるのは非常に難しいので、インデックス運用を選んでおくべきです。

世界一の投資家とも言われるウォーレン・バフェット氏もインデックスファンドを薦めているのですから低コストでインデックス運用の投資信託を選んでおくべきなのです。詳しくは下記のページで説明しています。

・・・ 参考ページ : 投資信託選びの基本 ・・・

購入する前に運用方針を決めるべし

投資信託を購入する前に、できるだけ運用方針や資産配分を考えておきましょう。よく投資信託の初心者にありがちな間違いが、何も考えずなんとなく投資信託を選んでしまうことです。これはいけません。きちんと自分の状況を認識し、自分に適した運用方針を決めてから購入するようにしましょう。

【資産運用期間は長期でみる】
20代の方々は、これから将来を形成するにあたってかなりの時間が残されています。そのため、30年~50年という長いスパンを考慮した長期運用が可能です。この長期運用には例え利回りが小さくとも時間を武器にすることができるので、何十年という期間に長期運用を続けていれば、還暦を迎える頃には大きな資産ができているでしょう。

【積極的(ハイリスク)な運用をしよう】
20代の方々は資産運用に相当の時間が残されています。そのため、多少リスクをとっても大きなリターンを狙う積極的な投資が可能です。これは、もしもハイリスクハイリターンな投資で失敗してしまっても十分にリカバーできる時間があるからできるのです。運用期間がほとんど残っておらずハイリスクな投資をすることができない高齢者とは違うのです。一か八かのようなギャンブル的なものは好ましくありませんが、一発大きく当ててやろうという野心を持ってもいいかもしれません。

【積立投資をしていこう】
いつの時代もいえることですが、若者には時間はありますがお金がありません。20代の方々にも、日々の生活に困窮してまとまった資金が用意できない人が多いことでしょう。そのため、20代の方々の運用には積立投資がオススメです。これは毎月少しずつ投資信託を少額ずつ買っていく方法なので、まとまった資金が無くとも十分に投資が可能です。 見栄を張ったり、背伸びをして大きな金額を無理に購入してはいけません。積立投資は金銭的にも余裕ができますし、時間分散の効果も期待できるので、無理な投資をせずに着実に投資をしていきましょう。

どのような資産配分にするべきか?

投資信託を購入する前に、運用方針だけでなく資産配分も決めておきましょう。ここでは資産配分の分け方を国内の投資先である 「日本株式」、「日本国債」 そして海外の先進国へ投資する 「海外株式」、「海外債券」 最後に発展途上国へと投資する 「新興国」 の5つに分類して考えています。

【株式の比率を高める】
20代の方々は運用期間にたっぷりの時間が残されていますので積極的な投資が可能です。そのため安定運用をしなければならない高齢者のような世代よりも株式投資への比率を高くしましょう。株式は債券と違って値動きが激しいのでハイリスクな代わりにハイリターンを生み出してくれます。当然、大きく値下がりすることもありますが、積立投資をすることによって平均約定価格が低く抑えられるので非常にお得です。

【新興国投資を組み込もう】
20代の方々は、リカバーする時間があるの多少リスクをとっても大きなリターンを狙う積極的な投資をするべきです。そのため 「新興国」 への投資を組み込んでみましょう。新興国はこれから大きな発展を遂げるので大きなリターンが見込めます。反面いろいろ問題を抱えており、最悪の場合は国そのものが無くなってしまうハイリスクな投資です。このようなハイリスク投資は、安定運用が鉄則の高齢者にはできませんが、若い人ならできるのです。ただし、ハイリスクなので多くとも全体の10~20%ほどにしておきましょう。

【日本債券は入れないほうがよい】
安定運用の代名詞でもある 「日本国債」 ですが、20代には合わない投資です。ご存知の通り、日本国債は日本の莫大な借金のせいで利回りは小さく、大きなデフォルトリスクを抱えている魅力のない投資先です。安定運用が絶対な高齢者世代ならともかく、運用期間が長期間ある若い20代の人が日本国債に投資するのは好ましくありません。時間があるのですから多少リスクをとっても積極的な投資をすべきなのです。もし、どうしても安定運用しなければならないのなら、日本国債ではなく、円MMFや普通預金をしたほうがいいです。

20~30代の方々は株式比率を高め積極的な運用をしたほうがよい。また新興国への投資も少量なら組み入れてもいいが、日本国債の長期投資はあまりメリットが無いので控える

また、これ以上に積極的に攻めたい人は、ハイリスクハイリターンである新興国投資を増やしてもいいです。当然リスクは上がるのであくまでも許容範囲内でやってください。本来は新興国投資は10~20%内に収めるのが鉄則なので、それを逸脱した場合はハイリスクになることをよ~く頭に入れておくことです。

オススメ投資信託の選択基準

20代の資産運用に用いる具体的な投資信託を紹介します。紹介する投資信託の選択基準は 「低コストのインデックスファンド」 であることを重視しました。インデックス運用の基準となるベンチマークは、例えば 「日本株式」 であれば、代表的な日本の株式指数:TOPIXに連動するものを選び、海外株式の場合は世界株式の指数でもある:MSCIコクサイインデックス指数、海外債券の場合は世界債券の指数でもある:シティグループ世界国債インデックス指数に連動するものを選んでいます。なお、新興国ファンドは数が多く、1つの国だけや局地的な投資をするものも多いですが、ここではリスク分散の観点からも多くの新興国へ分散投資するものを選びました。参考となる指数はMSCIエマージング・マーケット・インデックスです。

【各会社の特徴】
楽天証券 ・・・ 取扱数も多くETFもできてとても便利
SBI証券  ・・・ 取扱数も多くETFもできてとても便利
イーバンク銀行 ・・・ 日本投信に偏っていてETFもないので向いていない
カブドットコム証券 ・・・ ETFが無いので向いていない
マネックス証券 ・・・ 取扱数は少ないが、ETFもできてとても便利
投信スーパーセンター ・・・ 取扱数はとても多いのだが、ETFがない

※信託 ・・・ 信託報酬     ※解約 ・・・ 信託財産留保額
※kabu ・・・ カブドットコム証券    ※ebank ・・・ イーバンク銀行
※monex ・・・ マネックス証券     ※投信SC ・・・ 投信スーパーセンター

具体的なオススメ投資信託 信託 解約 楽天 SBI kabu ebank monex 投信
日本株式ファンド
トピックス・インデックスファンド(大和) 0.65% 0.00%      
ニッセイ TOPIXオープン(ニッセイ) 0.55% 0.00%        
インデックスファンドTSP(日興) 0.55% 0.00%        
トピックスオープン(三菱UFJ) 0.65% 0.00%    
[ETF]ダイワ上場投信-トピックス 0.23% 0.00%    
[ETF]TOPIX連動型上場投資信託 0.22% 0.00%    
[ETF]上場インデックスファンドTOPIX 0.22% 0.00%    
海外株式ファンド
トヨタアセットバンガード海外株式F 1.28% 0.00%          
中央三井外国株式インデックスファンド 0.84% 0.20%          
ステート・ストリート外国株式インデックス 0.99% 0.30%      
ドイチェ・世界株式F(インデックス連動型)B 1.08% 0.30%      
PRU 海外株式マーケット・パフォーマー 0.84% 0.20%      
年金積立インデックスF海外株式(ヘッジ無) 0.89% 0.30%          
[ETF]iShares MSCI KOKUSAI Index(TOK) 0.25% USD      
[ETF]iShares MSCI EAFE INDEX FUND(EFA) 0.34% USD      
海外債券ファンド
PRU海外債券マーケット・パフォーマー 0.68% 0.10%    
年金積立インデックスF海外債券(ヘッジ無) 0.71% 0.10%          
中央三井外国債券インデックスファンド 0.99% 0.10%          
三菱UFJ世界国債インデックスF:毎月 0.78% 0.30%      
グローバル・ソブリン・オープン(1年決算型) 1.31% 0.50%      
新興国ファンド
HSBC新BRICsファンド 1.62% 0.00%    
HSBCBRICsオープン 2.24% 0.00%      
JPM・BRICS5・ファンド 2.01% 0.50%    
JPM エマージング株式ファンド 2.01% 0.50%          
シュローダー・エマージング株式F(1年) 2.02% 0.30%        
シュローダー BRICs株式ファンド 2.02% 0.30%  
ニッセイ/パトナム・Gエマージング株式F 2.03% 0.00%    
[ETF]iShares MSCI EMERGING MKT(EEM) 0.74% USD      

オススメ投資信託の選択例

【どの会社がいいか?】
上記の表を通して見ると、楽天証券、SBI証券、投信スーパーセンターが取扱が多く、イーバンク銀行とカブドットコム証券には低コストインデックスファンドが少ないことがわかります。また、イーバンク銀行と投信スーパーセンターは証券会社ではないので、国内外を問わずにETFが取引できません。以上のことから楽天証券、またはSBI証券での積立投資がオススメです。

【ETFのほうが断然安上がり】
上の表を見れば一目瞭然ですが、ETFは信託報酬が普通の投資信託に比べて格段に安くなっています。そのため積立の鉄則である 「低コストのインデックスファンド」 に従えば断然ETFのほうがお得です。ただし、ETFは単元数があり投資金額が10万円ぐらいないと購入できない欠点があります。そのため毎月少額で投資信託を積み立てて、ある程度貯まったらETFへスイッチングできるようにもETFが取引できる会社で取引するのがよいのです。

楽天証券での例

分類 候補のファンド 販売手数料 信託報酬 信託財産留保額
日本株式20% ニッセイ TOPIXオープン 0.00% 0.55% 0.00%
海外株式20% PRU海外株式マーケット・パフォーマー 0.00% 0.84% 0.20%
海外債券40% PRU海外債券マーケット・パフォーマー 0.00% 0.68% 0.10%
新興株式20% HSBC新BRICsファンド 0.00% 1.62% 0.00%

楽天証券では一番低コストなものを選んでこのような選択ができます。ここに例えば投資金額が5万円なら
ニッセイ TOPIXオープン : 1万円
PRU海外株式マーケット・パフォーマー : 1万円
PRU海外債券マーケット・パフォーマー : 2万円
HSBC新BRICsファンド :1万円
このような配分で投資していきましょう

SBI証券での例

分類 候補のファンド 販売手数料 信託報酬 信託財産留保額
日本株式20% インデックスファンドTSP(日興) 0.00% 0.55% 0.00%
海外株式20% ステート・ストリート外国株式インデックス 0.00% 0.99% 0.30%
海外債券40% PRU海外債券マーケット・パフォーマー 0.00% 0.68% 0.10%
新興株式20% HSBC新BRICsファンド 0.00% 1.62% 0.00%

ETFを用いた例 安くてお得

分類 候補のファンド 販売手数料 信託報酬 信託財産留保額
日本株式 [ETF]TOPIX連動型上場投資信託 0.00% 0.22% 0.00%
海外株式 [ETF]iShares MSCI KOKUSAI Index(TOK) 為替手数料 0.25% 為替手数料
海外債券 PRU海外債券マーケット・パフォーマー 0.00% 0.68% 0.10%
新興株式 [ETF]iShares MSCI EMERGING MKT(EEM) 為替手数料 0.74% 為替手数料

20代の方々にはこれらの投資信託を楽天証券、またはSBI証券で積立投資を行いましょう。低コストなために複利投資に余計な手数料をかけることがなく、インデックスファンドなので安定した運用ができます。この積立投資を続けていけば将来大きな資産を手にすることができるでしょう。

>> 楽天証券の資料請求はこちら <<
※ 資料請求・口座開設などはすべて無料で1円もかかりません
※ 維持費無料なので迷ったら実際に使ってみて判断しよう

楽天証券は海外投資に精通したネット証券の勝ち組業者
楽天証券のURL : http://www.rakuten-sec.co.jp/

スポンサードリンク

このキャンペーンを利用すれば無料で現金500000円GETできます
現金をプレゼントしてくれる業者がたくさんあること知ってますか?

20代の格差脱出への道サイトマップ

20代の現状:無知な世代・搾取される世代
今の20代はかなりの割合が非正規雇用である 増加し続けるフリーターの半数が20代
大企業への就職は席が少なくライバルが多く難しい 中小企業の就職は容易になっているが倒産も多い
2008年の金融危機で就職氷河期は再来している 金融危機のせいで今後数年間は最悪の状況が続く!
20代がどんどん若年層ワーキングプアとなっている ネットカフェ難民の大半が20代ワーキングプア
弱い立場の20代をさらに搾取する貧困層ビジネス 就職が難しいのは今だけ?本当は毎年就職氷河期だぞ
無知な馬鹿を搾取する携帯のSNSゲーム これからの増税は老人のためだけで若者は救われない
↓ 20代の格差脱出の方法 ↓
格差社会において認識すべきこと
無知でいることが貧乏の理由である 元気のよいバカになってはいけません
政府はあなたたちを救わない決定的な理由がある 21世紀は国や会社に依存しない知恵と力が必要
投資こそ格差社会で勝ち組になる最大の方法 安易な考えでなく、将来を見据えた就職をすべし
親の言うことを鵜呑みにしていると生き残れない 20代の時期が決定的な差がつく時期ですよ
今!なにから始めるべきなのか?
【元手が全くない人】 → ノーリスクで月10万円ぐらいまで稼げるモニター・アンケート挑戦!

【元手が10万円以上】 → ほぼノーリスク口座開設と取引で50万ほど稼げるFX会社のキャンペーンを利用

【元手が50万円以上】 → リスクがあるが、億稼ぐことも夢じゃないFXやバイナリーオプションへ挑戦

【元手がたっぷりある】 → 投資信託やFXの高金利通貨を買って、不労所得で勝ち組収入を得る 
これから必要なマネー・資産運用の知識
【元手が全くない人】 モニター・アンケート・ポイントサイト
投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう 投資資金が無い人はFXのキャンペーンで稼ごう
【大きく稼げて不労所得も取れる】FX(外国為替証拠金取引)
FXとは一体、どういうものなのか FXは24時間できるのでサラリーマンも大丈夫
FXは海外の高金利を享受することができる 20代の若い方にはこのFX会社がオススメ
【大きく稼げてリスク限定】バイナリーオプション
2択で単純明快!低リスク高リターン!相場が動かなくても儲かる!話題のバイナリーオプションとは?
【自分年金作り】投資信託(ファンド)
投資信託とは専門家にお金の運用を託す方法 プロが運用してくれるから初心者でも大丈夫
投資信託は2つの収益でダブルで儲かる 20代はこの証券会社で投資信託を購入すべし
20代の方はこの投資信託を購入すべし このバランス型投資信託なら1つだけで十分だ
【資産防衛】金塊(純金積立)
金(Gold)は無価値になることが無い永久の資産 金(Gold)は有事やインフレに強い永久の資産
金(Gold)の売買には消費税が関わってくる 将来のためにも金(Gold)を買っておいたほうがいい
20代にオススメな金への投資方法はこれだ  
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!