20代がワーキングプアやネットカフェ難民で貧乏になっている!次は君らの番だ

20代にどんどん増える若年層ワーキングプア

あなたはワーキングプアという労働者を知っていますか?

”ワーキングプア” とは汗水たらして一生懸命に働いているのに、いつまでたっても生活保護水準以下の暮らしから脱却できない貧困層のことを言い21世紀の奴隷とも言われる負け組の代表的な人たちです。このワーキングプアは実に1,000万人を超えており、特に若い世代にどんどん増加しているのです。20代のおよそ7割がワーキングプアなのを知っていましたか?

若年層と中高年に多いワーキングプア

上の図は厚生労働省の平成19年度の 「賃金構造基本統計調査」 による年収200万未満の労働者を年代別に表したものです。日本ではる年収200万未満の労働者をワーキングプアとみなしていますので、これはワーキングプアを年代別に表したものでもあります。そして社会に出たばかりの20代前半のおよそ7割がワーキングプアになってしまっているのです。10代の人たちはこれから数年で社会へ出ることになるでしょうが、その多くはワーキングプアになってしまう可能性が非常に高いのです!

ネットカフェ難民の大半が20代であり、女性も多い

あなたはネットカフェ難民を知っていますか?

ネットカフェ難民とは住居がないホームレスの一種です。しかし公園などで寝泊りするのではなく、24時間営業で格安で宿泊できる漫画喫茶やインターネットカフェで一夜を過ごすタイプのホームレスのことを ”ネットカフェを渡り歩く難民” ということでネットカフェ難民と呼ぶことにしているそうです。このネットカフェ難民になっているのは、20代に限らず10代の人が多く存在し、それも女性がかなり多いことを知っていますか?

ネットカフェ難民は若年層だけかと思いきやリストラや転職失敗の中高年がかなりの割合で存在している!ネットカフェ難民には女性が半数近くを占める。ネットカフェには女性も多く男性固有の問題ではない

上の図は厚生労働省の 「報道発表資料」 による2007年中旬に把握できたネットカフェ難民の年代分布をグラフで表したものです。この時点でネットカフェ難民は全国で5,400人いるという結果が報告されました。最近は不況もあって、その数倍は存在しています。そして年代分布を見てみれと、10~20代の若い世代だけで3割をも占めているのです。

そして右の図はネットカフェ難民の男女割合を示したものです。なんと女性が4割を占めているのです。ネットカフェ難民の中には、ひどい親に家から追い出されたり、仕事がなくて家賃が払えずアパートを追い出されたり、派遣を一方的に打ち切られたりした10代の女の子がかなり存在しているのです。ネットカフェ難民は20代だけでなく、10代の女の子も深刻なのです。

残業をしなければ食えないのにサービス残業の嵐

上述のように先輩の20代の人たちは、多くがワーキングプアになり非常に苦しんでいます。そのため多くの人は少しでも残業をして残業代を稼ごうとしています。下の図は厚生労働省の 「毎月勤労統計調査」 による残業時間を表したものです。ご覧のように30~50時間もの残業を行っている人の割合がどんどん増加しています。そして、50時間を超す長時間労働が全然減っていないことがわかります。このことから、サラリーマンの方の残業はどんどん増加していることが証明されます。

労働者の残業時間はどんどん増加している
しかしその残業のほとんどはサービス残業となっているのです。

サービス残業は従業員が ”自発的に” 行うとされる残業のことです。当然お金がもらえません。しかしサービス残業の多くは、立場の強い人(管理職)が従業員を半強制的に働かせたりするケースがほとんどです。いわば強制無賃労働です。こういったことがいたる企業で行われているのです。以前、厚生労働省がサービス残業を規制する趣旨の通達を出したときには、多くの大企業でサービス残業が横行していることが明らかになりました。その企業名は多すぎてここには書ききれないほどです。

参考リンク : 是正勧告を受けてサービス残業代を支払った企業たち(Wikipedia)

現状は悪化し続けている・・・次に貧しくなるのは君らの番だ!

上記のように今の20代の人たちというのは 「ワーキングプア」、「ネットカフェ難民」、「サービス残業」 などで非常に苦しい状況におかれており、貧しい生活を余儀なくされています。しかもこの最低ともいえる状況は改善するどころか、どんどん悪化し続けているのです。

ここ10年で所得200万以下の人は急激に増加し、ワーキングプアがどんどん増えている

上の図は厚生労働省の 「賃金構造基本統計調査」 によって表されたデータを元に、ワーキングプアがこの10年でどのように変化しているのかを表しました。なんと人口が減っているはずの日本において、ワーキングプアがなんと1000万人を突破しています。しかもグラフを見れば完全な右肩上がりになっており、改善する兆しは全くありません。あなた方10代の人が社会に出る数年後には、ますます悪い状況になっているでしょう。こんな状況で 『俺には関係ない』 なんて絶対にいえません。

次に貧乏になってしまうのはあなた達なのです!

同ジャンルのリンク

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!