日本の教育は改善せず、どんどん世界から差をつけられている

日本の教育は世界から差をつけられ始めている

現在の日本の教育現場は、”ゆとり教育” で教育内容はスカスカであり、”でもしか先生” のように教育に熱心でない、無能な教師がのざばっているのが日本の教育の現状です。そして ”分数ができない・イラクの位置がわからない” といったバカを生み出した教育崩壊を起こしてしまっているのです。この学力低下は深刻なもので、他の先進国と大きく差をつけられているデータが存在します。

『一部の私立校では国際的に通用する教育を行っています』 という声もありますが、私立校に通えるのは一部の金持ちのみで、日本の子供の大多数は公立学校へ通学します。そのため国際比較をされる日本の学力は公立学校の影響を大きく受けます。当サイトを見ている人も公立の学校の人が多いのではないでしょうか?

では世界的にみて日本の教育とは
どのような水準なのかを見てみましょう。

読解力や数学力がダメになっていく日本の子ども

世界の先進国が集まるOECD(経済協力開発機構)では、世界の15歳児童を対象に学力に関して実際にテストを行う調査を3年ごとに行っています。このテスト:学習到達度調査(通称:PISA)は世界レベルの学力テストだと思ってください。このPISAの結果によると、日本の学力レベルは最近急激に低下し、日本の学力が世界から置いて行かれていることが証明されています。

PISAでは主に、子供の学力を 「読解力」、「数学的リテラシー」、「科学的リテラシー」 でレベル分け表示しています。それぞれ国語と数学と理科と思ってください。この結果によると日本の学力は回を増すごとにどんどん順位を下げてしまっています。特に数学的リテラシーでは2000年度には世界で1位だったのですが、6年後にはなんと10位まで順位を落としています。特に 「考える力」 が大きく影響する読解力や数学力において順位をさげていることから、生きる力がついていないとまで言われています。明らかに世界から置いて行かれている証拠です。

PISAによる日本の順位
  2006年調査 2003年調査 2000年調査
科学的リテラシー 6位 2位 2位
読解力 15位 14位 8位
数学的リテラシー 10位 6位 1位

順調?に順位が下がっている・・・

しかしこの結果を見ても、お役人の方々は 「順位は下がったが、まだ世界の中の上位にいるから」 と全く意に介しません。確かに勤勉な国民性がある日本は世界でも上位に位置していますが、問題は急激な順位低下の勢いです。この急激な順位低下の勢いを止めなければ、今後も大きく順位を下げて、先進国はおろか発展途上国にも追い抜かれるのは時間の問題でしょう。

MSNニュース:【やばいぞ日本】20年前から考える力消失

子どもだけでなく大人も頭が悪くなっている

18歳以上の成人を対象として実施された科学技術に関する基礎概念の理解度に関する国際比較調査

学力低下はあなたたち、子供たちだけではありません。上の図は子供ではなく、18歳以上の成人を対象として実施された科学技術に関する基礎概念の理解度に関する国際比較調査表です。図を見ればすぐにわかるように、日本の大人たちの科学技術に対する理解は先進国の中でも最低レベルになっています。この結果を見て、 『大人がわからないんだからいいや』 なんて短絡的な考えはしないでくださいね。

科学技術は人類が発展するために必要不可欠な知識です。私たちの周りにある 電気、通信、コンピュータ、薬、治療、インターネット、コンピュータ、携帯電話 など挙げればキリが無いほど生活に科学技術は欠かせないものになっています。それを理解できていないということは、これからの技術発展が期待できないだけではなく、技術を発明できずに世界から取り残されたり、ミスを起こし災害を誘発させたり、時代に順応できず社会の負け組になってしまったりとあらゆるデメリットがあります。子どもから見れば、 『頭の悪い大人に教えてもらっても頭よくなれない』 とまで思ってしまいますね。

科学技術を理解できないアホが負け組になるのは当たり前

頭の悪い大人の多くは数学や理科などの理系科目が人生では役に立たないと考えている人が多いです。しかし今の時代は、理系科目に精通していなければ、勝ち組になる可能性は非常に小さくなり、むしろ負け組へ一直線に下降します。その一番の理由とは ”社会の最新技術への対応” です。このグローバル社会においては最新技術を理解し、かつ使いこなせなければ社会に必要とされません。つまり企業へ雇用されなくなるのです。

身近な例がパソコンやインターネットなどの ”IT技術” です。1990年代も21世紀も、リストラされた中高年の大半はそういったIT技術に順応できなかった人たちです。彼らは社会のスタンダートとなったIT技術を理解できなかったので、会社のお荷物として捨てられました。これは現在も同じです。現在は、英語が話せて数学に強いインドの技術者たちがどんどん世界的な地位を高めています。日本が追い抜かれるのも時間の問題です。企業はアホな日本人よりも、賃金が安くて優秀な海外技術者をどんどん使うようになっているのです。そのため、科学技術が理解できない人間は必要とされず捨てられる運命にあるのです。

”ゆとり教育”、”でもしか先生” などの教育格差もあり、これからの日本は理系などの科学技術が理解できないバカがどんどん増えていきます。しかし現在では、世界と渡り合っていくには科学技術は欠かせません。特に日本の大企業においては、世界を相手にビジネスをしているのは周知のとおり。その科学技術ができないということは、世界との差をつけられ、企業にも必要とされなくなり、結果として科学技術という ”学” がないバカ人間たちはどんどん落ちぶれていくのです。

学校の教育は腐敗・堕落しており、
世界との差もどんどん広がっている・・・
このままでは学がつかないまま
捨てられる運命だけが待っているんです!

同ジャンルのリンク

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!