富裕層は資産の10%を金にしている!

各コンテンツのショートカット

資産の10%を金にする富裕層

資産の10%を金にする富裕層

【守りを固めるための金】
下の図はいわゆる勝ち組といわれている金持ちの人、富裕層の人のおおよそのポートフォリオになります。富裕層らしく不労所得や有価証券などがほとんどの財産を築いているのがわかりますが、注目なのが資産の10%ほどを金(Gold)にしている点です。そう、金は勝ち組である金持ちや富裕層の人こそ持つべき勝ち組の資産なのです。この10%という割合は、お金を扱う世界最高の機関であるスイス銀行の相談役の人が、そうアドバイスしていたことが起源とされています。スイス銀行の人が言うアドバイスなのですから、非常に信頼性がある言葉ですね。

資産の10%を金にする富裕層

彼らにとっては不労所得が多く金など必要ないように思えるのですが、そこは富裕層。いつ何時なにが起こるかわからないので、資産の10%ほどを「守りの資産」である純金にして蓄えているのです。

【守りの資産:金】
もし、戦争や革命などの有事がいきなり起こると今まで不労所得を生み出してきた不動産や有価証券がまったくの無価値になってしまうかもしれません。しかし富裕層は最悪の事態にも備えているので、どんなことになっても資産価値が無くならない金をもつことで有事が起こったときにも対処できるようにしているのです。

【日本の国家破産にも対応】
もし、これからの日本が国家破産をしてしまうと日本の貨幣価値は地に堕ちますし、不動産なども買い手が付かず意味の無いものになってしまうかもしれません。しかし金は違います。どんな時代になっても金が価値を失うことなどありませんでした。日本が戦争に負けて、国土が焼け野原になった戦後の時代でも金は通用していたのです。起こりえないような最悪の事態になっても対処できるようなポートフォリオを持つことが富裕層であり、勝ち組の条件なのです。

日本と共に破産したくなければ金を持て!

金塊(純金積立)サイトマップ

祝♪金塊作り入門
金、ゴールド、なんという輝き 金の価値は世界中どこでも通用する
金は歴史上で価値を失ったことがない 金への敷居は高くない。ただ皆知らないだけ
金投資は株と違い紙切れになることがない 金とはインフレに強い実物資産でもある
金の売り買いには消費税が関わっている 金はわずかプール3杯分しか発掘されてない
だからこそ富裕層は資産の10%を金にしている  
未来の資源:プラチナ
未来の資源:プラチナ 金よりもはるかに高価なプラチナ
プラチナについて詳しく RX(PT)-78 プラチナガンダム!
★初心者の始め方手順♪
1. 初心者はまずココに口座を開くべし! 初心者がやっちゃいけないこと
2 .後はほったらかしでいい こんな取引会社は避けよう
3. 買い時になったら追加購入すればいい  
投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
投資資金が無い人はFXのキャンペーンで稼ごう  
<入門編>金貨・金地金
富の象徴 : 金地金 おまけ : リッチな純金名刺
成人式、結婚式、退職祝いに金貨を!
カナダ:メイプルリーフ金貨 オーストリア:ウィーン金貨ハーモニー
オーストラリア:カンガルー金貨 アメリカ:イーグル金貨
<初級者編>純金積立
純金積立とは プラチナ積立とは
純金積立はドル・コスト法で安く買える まとめ買いのスポット購入
純金積立のメリット 純金積立のデメリット
純金積立の保管方法その1 : 特定保管 純金積立の保管方法その2 : 消費寄託
貧乏人に厳しいバーチャージとは 積み立てた純金の受け取り方法とは
純金積立の会社比較
総合比較 (結局どこがオススメなの?)
岡藤商事 総合No.1 光陽ファイナンシャルトレード コスト最安
田中貴金属工業 (最も安全!) 住友金属鉱山 (住友の金!)
三菱商事 (三菱の金!) 三菱マテリアル (三菱の金!)
石福金属興業  
<中級者編>金ETF・貴金属証拠金取引・金鉱株
証券口座で取引できる金ETF
証券口座があれば取引できる金ETFとはどういうものか?
東証1部の金ETF 大証2部の金ETF
貴金属証拠金取引(FXのようなもの)
上田ハーローの貴金属証拠金取引 kakakuの貴金属証拠金取引
金鉱株(金にかかわる企業の株式投資)
金を掘削する会社(金鉱株)へ投資  
<上級者編>金先物取引
FXのようにレバレッジが掛けられる金先物 レバレッジが低くやりやすい金ミニ
ハイリスク・ハイリターンだから上級者のみ 短期決戦だから長期投資には向かない
金塊作り:Q&A
金の現物を手に入れられるのはどれ? 日本破産において金を用意しておくべき?
金が暴落することってないの? 18金と24金の違いって?
金の暴落で儲けるにはどれがいいの?  
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!