業績好調のおかげでマネースクウェア・ジャパンのトラリピ手数料が値下げ

時代がマネースクウェア・ジャパンに追いついた?

トラリピことトラップリピートイフダン注文によってマネースクウェア・ジャパンの業績はうなぎのぼりになっています。なぜかといえば、2010年や2011年頃のFX業界の変革に要因があるといっていいでしょう。2011年などではレバレッジ規制が行われたこともあり、国内投資家が海外業者を使うようになったり、FXを止めたりとハイレバレッジ業者は非常に苦労する時期でした。しかし元々レバレッジが高くなくサービスで勝負するマネースクウェア・ジャパンにとっては非常に好条件になった時期でもありました。各FX業者がスプレッドやレバレッジの高さばかりで勝負する時代からいいかげんケリをつけて、顧客の勝利に貢献できるようなサービス重視の時代になってきたのです。

これは、まさに時代がマネースクウェア・ジャパンに追いついてきたという状況であり、そんな中でも前々から実績を上げてきたトラップリピートイフダンは投資家が集まるのが必然でした。他の業者も続々と自動売買や分析ツール、取引ツールなどを出してきていますが、時代を先取りしていたマネースクウェア・ジャパンは一歩リードしているのです。そういったこともあって、流出したFX投資家の資金が、どんどんマネースクウェア・ジャパンに集まってきているのです。そんなことで、マネースクウェア・ジャパンの業績は絶好調。投資家に利益を還元するために配当を増やしたり、自己株式取得など、ドン底の日本企業の中でも勝ち組といえる企業になってきています。

さらなる高見へ!トラリピ手数料を値下げします

業績が好調だと企業には資金がいっぱい集まります。企業とは営利団体ですから、この利益を株主に還元すると共にさらなる利益向上のために自己投資を行います。それがさらなる利益を産んで、また自己投資して、また利益が増えてと、理想的な正のスパイラルが今起こっているのがマネースクウェア・ジャパンです。現在マネースクウェア・ジャパンは自己のサービスに積極的に投資をおこないました。それがトラリピの手数料値下げです。トラリピにはいくつかの弱点が存在し、手数料というのは代表的なウィークポイントの1つでした。マネースクウェア・ジャパンはお世辞にもスプレッドが狭い業者とは言えませんし、さらに取引手数料までかかっていました。このコストの高さはサービス重視の裏返しでもあるのですが、投資家としてみれば手数料は安いほうがいいのが本音です。それだけに手数料値下げは非常に重要なことなのです。

マネースクウェア・ジャパンは創立10周年を記念して、また業績好調の還元も込めて手数料割引サービスを始めました。施行日移行は手数料が通常の3pips、または5pipsから1pipsに値下げされます。つまり今まで取ってきた手数料を3分の1にしてくれるということです。単純に考えればマネースクウェア・ジャパンの手数料収入は今まで通りだと3分の1になってしまいます。これはそれだけ割引してもやっていける企業体力がつくほど業績がいいということの表れということもできるでしょう。ただし、条件がいくつかあります。対象となるのは利益確定が20ポイント以内の小幅なものに限られることと、香港ドル、南アフリカランドは対象外ということです。

[株式会社マネースクウェア・ジャパン]
>> 当サイトではマネースクウェア・ジャパンさんと限定タイアップ実施中! <<
 

同ジャンルのリンク

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!