海外は0カットなのでハイレバレッジでも追証はない

追証ゼロにしてくれる、文字通り0カット

日本のFX業者では預けた証拠金以上の損失が発生しないように、一定の証拠金を上回る損失がでた場合に強制的にポジションを決済させて取引を終了させるロスカットシステムがあります。英語ではマージンコールといいます。ですが、ここ日本の業者ではポジションを決済するときの逆指値が相場の変動によってスリッページしたり、ひどいところでは決済そのものができなくてロスカットができなかったところがあります。その場合ポジションが証拠金残高を上回る損失を出して、証拠金残高がマイナスになって追加入金を催促されるいわゆる ”追証” が発生することがあります。

これに対して海外のFX業者では 「追証ゼロ」 というサービスが標準搭載されています。このサービスは文字通り、追証がゼロになるというものです。相場がどんなに急激に変動したとしても確実に決済処理が行われて、証拠金残高がマイナスにならないというのです。それなら日本の業者でも同じだ・・・と思うかもしれませんが、この追証ゼロサービスのすごいところはどんな変動でも確実に0で処理されるというところです。例えリーマン・ショックのような変動が起きてレートが飛んだとしても、週をまたいで大きく窓を開けて相場が始まって残高がマイナスになる水準で市場が開いても、すべて0カットされるのです。日本の業者なら決済できない時間帯はロスカットできないのでマイナスになっていきます。海外の業者はこの変動リスクをすべて補ってくれるのです。海外業者が日本業者より優れている代表的な特徴です。ほとんどすべての海外FX業者が追証ゼロサービスを導入しています。

「追証ゼロ」 というサービス

日本の業者ではすべりまくり

為替市場では年に何回か、クロス円がリスク回避の円買いによって大きく下落することがあります。リーマン・ショックやドバイ・ショック、ギリシャショック、東日本大震災ショックや米国債ショックなど、本当に何回も暴落しています。しかもその下落はあまりに急激なためにサーバーが安定せず、約定力の弱い日本のFX業者の一部ではロスカットが作動しなかったことがいまだにあるのです。過去にはアトランティックトレードがサブプライムショックでトルコリラをロスカットできずに顧客に2,000万の追証を出したというものがありましたが、それと似たようなことがいまだに起こっているのです。

ロスカット未収金 発生件数 発生金額(千円)
H22/9 0 -
H22/10 0 -
H22/11 1 0
H22/12 0 -
H23/1 5 1,910
H23/2 1 25,784
H23/3 (注2)12,216 1,694,590
H23/4 0 -
H23/5 1 0
H23/6 0 -
H23/7 5 9
H23/8 57 1,464

上記は金融先物取引協会の集計で明らかになっているロスカット未収金発生状況の表です。2011年3月の地震ショックでは、なんとロスカット未収金が1万件もあったのです。2011年3月といえば東日本大震災によってドル円が82円から一気に76円まで暴落したとんでもない相場でした。急落したのは早朝であり、シドニー時間だったので注文も薄くレートも飛んでいたのです。3月にはロスカットによる未収金の損害が16億円も出ています。その後も普通の相場であった月でも数件、8月の急落でも50件ほど出ています。特にくりっく365などは早朝がメンテナンスになっているので、その時間に3月17日のような暴落がくるとロスカットによる逆指値が発動せずに、証拠金残高を上回る損失が出ます。くりっく365を代表として、日本のFX業者のロスカットシステムはまだまだ未整備なのです。正直、ハイレバレッジでやっていくには日本の業者のサーバーと約定力は信用できないのです。

参考リンク:金融先物取引協会のロスカット未収金発生口座数集計

ロスカットシステムは完全に海外業者のほうが上!

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!