海外業者は500倍1000倍と凄まじいハイレバレッジ

各コンテンツのショートカット

海外FX業者はすさまじいハイレバレッジ利用できる

class

class

class

class

海外FX業者はすさまじいハイレバレッジ利用できる

しかしレバレッジ規制というのは日本国内に限っただけの話です。海外業者にこれは当てはまりません。よって規制を受けない海外業者を利用すればまだまだハイレバレッジを利用することができるのです。しかも海外業者はレバレッジがすさまじく、日本業者の最高レベルであった400倍がもうスタンダードレベルになっています。高いところではなんと、レバレッジ1,000倍まで掛けることが出来る業者がいるなど、そのレバレッジはすさまじいの一言につきます。なにせレバレッジ1,000倍なら、ドル円80円の1万通貨を日本円で800円たらずで取引することができるのです。そのため1万円あれば、なんとドル円が12万通貨取引することができます。もちろん取引量を増やせばリスクも高くなりますが、ハイレバレッジがハイリスクハイリターンであることは今更言うことではありません。

各海外FX会社の手数料やレバレッジ
FX業者名称 口座維持 手数料 最低単位 通貨ペア レバレッジ デモ モバイル
YouTrade 無料 無料 1,000 36 300
FXIM 無料 無料 10,000 27 500 ×
FXDD 無料 無料 1,000 23 400
eToro 無料 無料 10,000 16 400 ×
MIG 無料 無料 10,000 70 500
IFCMarket 無料 無料 100 30 400
InstaForex 無料 無料 1,000 107 1,000
Pepperstone 無料 無料 1,000 26 400
Markets.com 無料 無料 1,000 50 200
ThinkForex 無料 無料 1,000 32 200 ×
TradingPoint 無料 無料 1,000 72 500 ×


基本的にどの業者も口座維持や取引に手数料はかかりません。レバレッジは低いところでも100倍、200倍と十分高いものになっています。海外業者を使う最大の理由はハイレバレッジが利用できるところですから望むところですね。1000倍のInstaForexは日本語サポートがないため英語力がないと辛いです。日本語サポートが充実してるところでハイレバなところは500倍で利用できるTradingPointがいいでしょう

基本的にハイレバレッジはハイリスクですがハイリターンです。よくレバレッジは高くていいことはない。破産するだけだ!とか言う人もいますが、ロスカットシステムがある以上、投下資金以上の損はありませんし、ハイリターンのところが抜けています。そもそもハイレバレッジだろうと、ローレバレッジだろうと、使い方を間違えた人はどっちにしても損しますし、勝てる人はどっちでも勝てます。そしてハイレバレッジ取引全てがハイリスクであるわけではないのです。ハイレバレッジは使い方とタイミングを選べば、ミドルリスクでハイリターンを得られる取引をすることができるのです。

MT4でGMOクリック証券の「はっちゅう君」 と同じ取引ツール

また海外FX業者でよく使われるMT4で、あの使いやすいGMOクリック証券の「はっちゅう君」 と同じ取引ツールを作ってくれた方がいました。「MT4発注君」 です。これはそのまんま、あの 「はっちゅう君」 をMT4で利用できるように作られたEA、というかプログラムです。DL-MARKETというダウンロード販売サイトで購入できます。価格はたったの1,000円です。一瞬が勝負を分ける介入相場ではまさしく不可欠なツールと言えます。

h3の内容がここに入ります

 

h3の内容がここに入ります

 

h3の内容がここに入ります

 

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!