動かないレンジ相場ではオプションを売って儲かる

タッチしない予想してワンタッチオプションの売り

IGマーケッツ証券や海外バイナリーオプション業者ではワンタッチオプションというものがあります。ワンタッチオプションはその名のとおり、満期時間内に一度でもその価格にタッチすれば満額になるオプションです。高/低(ハイロー)オプションよりも難しい部類とされているため、簡単オプションしか提供していない業者にはありません。今のところ本格的に扱っているのはIGマーケッツ証券や海外バイナリーオプション業者になります。実はこのワンタッチオプション、タッチ以外にも 「ノータッチ」 という選択もできるのです。

そもそもワンタッチオプションはタッチすればオプションの価格が満額、例えば0~100なら100になります。しかしタッチしなければ0になるのです。IGマーケッツ証券のワンタッチオプションはこの部類です。このワンタッチオプション、ノータッチと判断すればオプションを売ることがだってできるのです。例えばIGマーケッツ証券では、ワンタッチオプションは0~100の価格で常に変動し、満期時間までの残り時間と相場のボラティリティで価格が決まります。ここで相場がタッチしなさそうな価格帯のワンタッチオプションを(30)で売ります。当然相場がタッチしてしまえばオプション価格は(100)になり(70)の損になりますが、満期時刻までタッチしなければノータッチとなり、オプション価格は(0)になって(30)の利益となるのです。ワンタッチオプションを使った低リスク高リターン戦術とは全く逆の戦法なのです。そのためこのワンタッチオプションは、もしタッチする確率が高い場面でやってしまえば高リスク低リターンになりかねません。ただ相場がおとなしいときなどは非常に狙いやすい戦法なのです。

オススメはドル円です。ドル円は動くときは凄まじく動きますが、ほとんどは動かざること山の如しと比喩されるぐらい動きません。ドル円がタッチしなさそうな価格帯のワンタッチオプション売りは、負けたときの損は大きいものの非常に勝率の高い戦法なのです。例えば下のドル円ワンタッチオプション一覧ですが、満期時刻までまだ時間があって各々オプションの価格は20~35ほどありました。しかしドル円は77円にすらタッチせずに動かない相場でした。そういうときこそ、ワンタッチオプションを売って儲けられるのです。動かない相場でこそ最も儲けることができるのもバイナリーオプションならではです。

ワンタッチオプションの売り>> ワンタッチオプションで売りができるのはIGマーケッツ証券 <<

境界インオプションを買うという手もある

バイナリーオプションの一種に境界オプションというものがあります。これはレンジ相場とレンジ外で判断するバイナリーオプションであり、開始レートの上下10~30pipsのレンジを参考に満期時刻のレートがそのレンジをはみ出すか、レンジ内に収まるかで判断するものです。例えばドル円が77.00でレンジが77.20~76.80という境界オプションでは、満期時刻にこのレンジ内だったらインザマネーになり、77.21以上か76.79以下で満期時刻を迎えてしまえばアウトオブザマネーになります。

境界オプションでは上か下か、どちらでも動きすぎるとレンジ外になってしまいます。だからこそレンジ内で収まりそうな、動かない相場でこそ使えるバイナリーオプションです。例えば上にも下にも大きなレジスタンスがあって動けないEURUSDとか、さきほどの動かざること山の如しのUSDJPYなどで境界オプションは使えるのです。ちなみにこの境界オプションはレンジ外のほうを買うこともできるので、逆にすごく動きそうな場合であったらレンジ外のほうを選ぶということもできます。ただ、動かないドル円に境界インオプションは鉄板ですね。

境界インオプションを買う戦法


境界オプションの売りや買いができる業者:SmartOption【タイアップ特別ボーナスあり】
>> SmartOptionは数分で口座開設完了 <<



境界オプションの売りや買いができる業者:OptionFair【タイアップ特別ボーナスあり】Japan promo jan
>> OptionFairは数分で口座開設完了 <<

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!