イギリスの金融行動監視機構(FCA)

各コンテンツのショートカット

イギリスの金融行動監視機構(FCA)

イギリスの金融行動監視機構(FCA)

金融行動監視機構(FCA:Financial Conduct Authority)は英国内の金融サービス業の規制、金融業界の安定性促進、顧客の安全を推進しています。公正なアプローチで知られているものの、捜査力、強制力を通じ、FCAは金融での不正を最小限にするため、最大限の運営を行っています。財務省によって管轄されるFCAの規則は、憲法事項省が運営する金融サービス市場審判所を擁立するもので、企業や個人で合意に達しなかった場合、規制当局としての決定を検討するものです。 

金融行動監視機構(FCA)は世界でも指折りの厳しい審査と厳格な規定があり、これを取得できた金融機関は一定の信頼を得ることができます。それは世界に通じる信頼です。

入出金フローについては全てが自動処理されて、人間がいじる隙間をなくしていないと審査に通りません。その入出金プロセスが自動処理されているために顧客の資産は安全に迅速に入金や出金されます。もちろん自動処理されているためブローカーの都合で出金拒否をすることはできなくなっています。

他にも資産管理にも厳格な基準が定められています。完全な信託分別保管や出金自動化は必須であり、これを整備していないかぎりライセンスを取得することはできません。過去に2015年にはスイスフランショックによるダメージで、英のアルパリUKが破綻しましたが、アルパリUKはFCAライセンスを取得できるほどしっかりと整備されていたため、顧客の資産は完全分別管理され無事でした。

この英国FCAライセンスを持っている企業を調べるには(https://register.fca.org.uk/)にアクセスし、その企業名を入力して調べることができます。注意点としては運営しているブランド名と運営企業名は異なることがあります。例えば、人気海外FX会社のXMは運営会社名はTradingpointになります。ブランド名を入力しても検索結果が出ないことがある場合は運営企業を調べてから入力してみましょう。

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!