CySEC(キプロス証券取引委員会)

CySEC(キプロス証券取引委員会)

CySECとして知られるキプロス証券取引委員会は、キプロス共和国の金融規制当局です。キプロスが、2004年にヨーロッパ共同体のメンバーになったため、ヨーロッパMiFID管轄に入りました。 CySECは多くの責任を有しており、その中でも下記の部分を含みます:株式で実行された取引及びキプロス株式市場,上場企業、ブローカー、ブローカー企業の操作を管理、監視。更には、CySECはキプロスの投資会社の管理当局であり、 European Securities and Markets Authority (ESMA)のメンバーです。 2013年にはアメリカの圧力を受けて、非EU圏の顧客を追い出そうとする横暴な行為を行おうとして、国内外からコテンパンに叩かれました。結局それらの追い出しは白紙となり、あまり厳格な基質もなく行動力もない監督機関として見られています。

他にもキプロス証券取引委員会(CySEC)では完全な分別管理を徹底すると言っています。しかし登録している機関が多いこととチェック機能があまり機能していないこともあって、分別管理がされていない業者も少なからずありました。そして大切な出金制度もルーズになっており、システムによる自動処理ではなく、今時人間の手動による出金がされていて実際に手元に資金が来るまで数ヶ月もかかったというケースが聞かれています。キプロス証券取引委員会(CySEC)登録のFX会社に出金拒否騒動などが起こるのも、こういったお粗末な対応をする業者が混じっているからでもあります。もちろん明確な出金拒否をすればキプロス証券取引委員会(CySEC)でもライセンス剥奪や処分が下されるので、悪質業者がそこら中にいるというわけではありません。最近では顧客管理の抜き打ちチェックなども頻繁に行われているため、安全性は高くなっています。

IronFX
IronFX 口座開設

XM

キプロス金融当局、FX業者の非EU顧客との取引禁止規制を完全撤回

CySEC(キプロス証券取引委員会)は、CySECが2013年7月に発表した、CIF(キプロス投資会社)が海外および第三国(非EU)の顧客勧誘を禁止する規制を履行する必要がないことを発表した。

発表以来、物議を醸していたこの規制が完全撤廃された背景には、ACIIF(キプロス国際投資会社協会)を含む業界の専門家が、FX会社とCySECの間を取り持つロビー活動による交渉を重ねたことがあげられる。 360 Consulting社、取締役の Costas Constantinides氏は、フォレックス・マグネイトに「この決定は特別に想定外でも奇跡でもなく、ブローカーの存在の目的を破ることよりもブローカーの存在とコンプライアンスの両方を許容できる方針を採択した業界関係者とCySECの見解とコミュニケーション交換がもたらした当然の結果だと強く信じています。」と述べた。 今回の規制撤回は、CySECが法律およびコンプライアンスの問題に真剣に対処するという事実の表れである。当初7月に発表されたこの規制は、キプロスがEUの MiFID(金融商品市場命令)メンバーとして、ヨーロッパの広い視点で対応することができる問題である。

ACIIFの議長で、ロビー活動に努めてきたStelios Platis博士は、フォレックス・マグネイトの電話インタビューで「CySEC のFXセクターに対する非常に強い関心の中で、CySECが実用的かつビジネスフレンドリーなアプローチを維持することがわかって嬉しいです。」と語った。 CySECは、デリバティブ商品に対するその活動と視点を発展させている。CySECは、バイナリーオプションを支持する世界で一番最初の金融当局であり、金融サービス会社のコンプライアンス関連事項について確固たる地位を維持している。 

同ジャンルのリンク

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!