海外FX会社定番MT4のダウンロード・インストール方法

海外FX会社の殆どはメタトレーダーを使っている

海外FX会社で使うツールというのはだいたい8割ぐらいのところでMT4、メタトレーダーになっています。メタトレーダーは今や世界標準といってもいいぐらい世界的に使われているロシア会社の取引ツールであり、高性能なチャート機能、自由自在のレイアウト、豊富なカスタムインジケーター、自動売買プログラムのエキスパートアドバイザー(EA)を組み込むことで自動売買にも対応でき、両建て取引が可能で、オリジナル指標の作成というマルチな性能を搭載したしています。為替だけでなく、株価、株価指数、商品指数、株式CFD、債券CFDなど、サーバーが対応していればあらゆる金融商品を取引できます。動作が非常に軽いので日本にも愛用者はたくさんいます。

基本的に海外FX会社の多くはこのMT4に対応しているため、このツールを1つインストールしておけばどの海外FX会社に移っても大丈夫です。MT4のダウンロード、インストールは非常に簡単であり、あえて説明剃る必要もありませんがその流れだけを説明しておきましょう。

MT4は対応している海外FX会社でダウンロードできる

MT4はロシア製のものなので、まさかロシア語のメタトレーダーサイトに行ってダウンロードしなければいけない!?と思う方もいらっしゃるでしょうが、MT4を導入している海外FX会社であればどこでもダウンロードできます。日本の会社でもフォレックス・ドットコムアルパリジャパンなどの日本法人のサイトでダウンロードできます。どこでダウンロードしても結局は同じツールなので、使っている海外FX会社のサイトでダウンロードするのが一般的です。

例えばお勧めの海外FX会社であるXMです。まずはXemarketsのサイトへ行きます。英語表記だったら、右上に言語選択で日本語にしましょう。そしてTOPページ上のタブに 「トレーディング・プラットフォーム」 という欄があります。ここをクリックして進めば 「XM MT4」 という欄があり、ここからMT4のダウンロードができます。

ここからダウンロードできれば次のようなアイコンのファイル名が保存できるでしょう。

なお、XEMarketsには英語ですがビデオチュートリアルが用意されています。それこそ口座開設方法から入金方法、MT4のインストール方法やMT4のレイアウト変更方法、チャートの変更方法、テンプレートの使用方法など、ほぼすべてのやり方が記載されているので、言葉がわからなくてもやっていることは一緒なので、こちらをみてみてもいいでしょう。

すぐ終わるMT4のインストール

後は流れに沿ってインストールするだけです。









インストールしたフォルダは次のようになっているはずです。

config・・・サーバーやログイン情報の設定ファイルがある
expert・・・MT4の拡張ファイルを入れるところ
history・・・今まで閲覧した相場情報のキャッシュがある ※消してもいい
Language・・・言語設定ファイルがある ※日本語以外消してもいい
Links・・・各種リンクファイルがある ※消してもいい
mailbox・・・メールデータがある ※消してもいい
profiles・・・自分で配置したレイアウトやチャート情報設定ファイルがある ※消すとレイアウトがリセットされます
Sounds・・・音声ファイルがある ※音声がいらないなら削除してしまいましょう
symbolsets・・・表示する商品一覧ファイル
tempates・・・チャートに使用するテンプレートファイルがある

terminal.exe ・・・ MT4の実行ファイル。これをクリックすればMT4が起動します。

あとはご自身のログインIDとパスワードを入力して、サーバーをXeMarkets-Realにしてログインしましょう。

無理にインストールしなくてもログインできればいい

このようにMT4をインストールすればそのままXemarketsにログインすることができます。しかしいままで別の会社のMT4を使ってきて、またインストールするのが面倒って方は、設定ファイルだけを移動させることもできます。MT4はレジストリを使っていないので、フォルダ全部をコピペすることで簡単に移動することができます。XemarketsのMT4をインストールして、以前使っていたMT4のフォルダを全部上書きコピーすればいいのです。

しかしそれだと上書きしてはいけないファイルが上書きされそうで怖いという方もいるでしょう。ならば直接ログインすることもできます。例えばXemarketsにログインする際は、自分のログインID、パスワードを入力し、直接サーバーに 「Xemarkets-Real」 と入力します。サーバーには検索システムがあるみたいで、これでログインできることもあります。ですが絶対というわけではないので、少々力技として設定ファイルを移動させる方法もあります。新たにインストールしたXemarketのconfigフォルダを見てみましょう。そこには 「XeMarkets-Demo.srv」 と 「XeMarkets-Real.srv」 というXemarketのサーバー情報ファイルがあります。これを既存のMT4フォルダのconfigフォルダに移行すれば、そのMT4でもXemarketsのサーバー情報が得られてログインできます。

同ジャンルのリンク

海外FX会社サイトマップ

海外FX会社について
海外FX会社とはどんな業者なのか 脚光をあびたレバレッジ規制
規制を嫌がって投資家も会社も海外へ 日本FX会社スプレッド拡大
海外FX会社の利点・メリット
└ ハイレバレッジ
└ 入金増額ボーナス
└ 追証ゼロの0カットシステム
海外FX会社の難点・デメリット
└ 安全性が心配なとこもある
└ 英語や外国語が心配
└ 出金制度がややこしい
海外FX会社は日本語サポートが充実 都市銀行口座がないと銀行送金に苦労する
追証ゼロが常識、証拠金マイナスにはならない 追証ありの国内FX業者の恐怖
スイスフランショックに対する海外FX業者の対応  
海外FX会社のスプレッド一覧
初心者の海外FX会社始め方
定番MT4のダウンロード・インストール方法 初心者がやっちゃいけないこと
海外FX会社の情報やテクニックや裏ワザ
取引するほどお得なXMロイヤルティプログラム XMの低スプレッド口座:XM Zero(ECN)口座の特徴
MT4でGMOクリック証券のはっちゅう君が使えるEA  
賞金が$50000以上あるFXのコンテストサイト:FXArena
世界に唯一のFXコンテスト:FXArena  
BIG FREE コンテスト:賞金保証、参加費無料 BIG SMALL コンテスト:賞金が2000ドルから増えていく
BIG BIG コンテスト:賞金$50000以上の最大コンテスト  
FXArenaでは、あえて売買しない待ちに徹する FXArenaで1位より上位入賞すればいい
FXArenaでは1トレード500USD利食いを目標に FXArenaは日本時間のほうが勝ちやすい?
世界一のFXツール:Metatrader
01. Metatraderのインストール 02. メタトレーダーでデモ口座を開設する
3. メタトレーダーの画面の見方、フォルダの意味 4. MT4でチャートを表示する
5. MT4の足の種類や時間足の変更する 6. ローソク足や背景の色や数値の変更する
7. MT4のチャートにラインを引く 8. チャートに描写されたラインを編集・消去する
9. MT4のインジケーターをチャートに反映させる 10. チャートに反映されたインジケータの編集と削除
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!