日本FX会社はスプレッドを拡大し、海外FX会社との差はほとんどない

日本FX会社の極限の低スプレッドが拡大しつつある

一時期はドル円のスプレッドも0.5pipsというひどい時期もありましたが、今や日本のFX会社のスプレッドは世界でもトップクラスに狭くなり、ドル円で0.3pips、ユーロドルでも0.4pipsなどというトンデモナイ低スプレッドが実現しています。実はこれは、銀行間の取引をするプロのディーラーよりも好条件なのです。それほど恵まれているのが日本のFX会社 ”でした”。

しかし日本のFX会社の熾烈な淘汰競争が終わり一部のFX会社に顧客が集中して、さらにFX市場が飽和状態になってしまうことで競争が一段落してしまいました。一時は会社が次々倒産するような競争もなくなったために競争も一段落しました。さらにスプレッドが極限まで狭くなったために、取引を数秒から1分以内に終えてしまうような超短期トレード:スキャルピングが非常に取引高を上げてFX会社の負担が重くなったことも追い打ちとなり、今ではスプレッド拡大をする業者まで出てきてしまっています

例えばSBIFXトレードはドル円1万通貨以下の取引で0.1銭(原則固定、以下同)だったスプレッドを0.29銭へと拡大させました。取引高世界一のGMOクリック証券も0.3銭だったドル円のスプレッドを0.4銭に拡大しました。特にSBIFXトレードは0.1銭という圧倒的な低スプレッドがウリだっただけに、スプレッド拡大は自社の首をしめる重大な決定でもありました。GMOクリック証券においては、一日の取引上限を引き下げるという規制まがいのことまで行いました。このように日本のFX会社は、ウリであった世界一のスプレッドなどの環境を自分でおとしており、さらには取引制限まで行うなど、自由がどんどんなくなっているのです。

【GMOクリック証券の米ドル/円 取引上限変更】

■変更日
2013年7月29日(月)より

■変更内容
FXネオ取引の取引上限を、下記の通り変更いたします。

▽1注文の最大発注数量
       [変更前]    [変更後]
米ドル/円  200万通貨 → 100万通貨

▽建玉上限
       [変更前]     [変更後]
米ドル/円  3,000万通貨 → 1,500万通貨

海外FX会社のスプレッドは日本と遜色が無い

上記のように極限とも言われた日本FX会社のスプレッドにも限界を超えた状況により、ついに狭くなる一方だったスプレッドが拡大への方向へと向かっていっています。さらに一部会社では一日の取引上限などまで設定するなどの不自由さです。そこで海外のFX会社の環境をみてみましょう。いろいろな問題もなくはないですが、海外FX会社の一部には日本のFX会社と同じくらいの低スプレッドを提供しているところもあるのです。

【海外FX業者ではNo.1の低スプレッド】
Pepperstone(ペッパーストーン)のスプレッドはかなり狭い水準になります。会社自体が日本でNo.1の低スプレッドを謳い文句にしていることも誇張表現ではなく、本当に狭い水準なのです。ドル円ならスタンダード口座で1.0pips、レイザー口座なら0.1pipsの水準、ユーロドルならスタンダードでもレイザーでも0.1pipsの水準なのです。海外では円絡みのペアであるドル円のスプレッドは比較的広く1pipsを超える所も多いのですが、1.0pipsを割り込む水準なのはかなりレアといっていいでしょう。

【ランクが上がればスプレッド縮小するIronFX(アイアンFX】
IronFX(アイアンFX)ではマイクロ、プレミアム、というランクがあり、通常の開設はマイクロ口座になりますが2500ドル以上の入金でプレミアムにランクアップします。プレミアムになるとスプレッドがマイクロ口座よりも0.4pips狭くなり、週5日体制で専属マネージャーが付いて、きめ細やかなサービスが受けられる利点があります。さらに残高が20,000ドル以上になればVIP口座を利用することができます。こちらはさらにスプレッドが0.2pips狭くなる好条件です。これらのライブ口座は入金ボーナスに対応し、ロスカットも20%と証拠金ギリギリまで使えるため、IronFX(アイアンFX)は限界ハイレバレッジを利用する人に人気になっています。

各口座タイプのスプレッド
通貨ペア マイクロ プレミアム VIP
条件 なし 2500ドル以上 20,000ドル以上
マネージャー ×
EURUSD 1.1 0.7 0.5
USDJPY 0.8 0.4 0.2
EURJPY 1.5 1.1 0.9
GBPJPY 4.4 4.0 3.8

 

>> スプレッド0.1ポイント!Pepperstoneの口座開設はコチラから <<

>> Bonus有りのライブ口座、IronFXの口座開設はコチラから <<

なぜFX会社はスキャルピングを嫌がるか

超短期トレードであるスキャルピングはFX会社の負担と言われています。今までも一部では公然とスキャルピングを禁止にし、違反が確認出来れば口座を凍結するというFX会社もいくつかありました。ではなぜFX会社はスキャルピングを嫌がるのでしょうか?それはFX会社の収益の構造になります。

FX会社の利益は周知の通りレートのスプレッドの差分やスワップの差分にあります。手数料無料が大多数のため手数料ではなく、スワップも限られるため、必然的にスプレッドが主な収益源となっているのです。例えば注文を飲んでいると言われているFX会社では、顧客の注文をインターバンクに流さずに顧客同士で売りと買いを相殺させています。これをすれば差分が完全にFX会社の利益になり、無理に合わせるために顧客に不利なレートを押し付けていたりもします。しかし超短期トレードのスキャルピングをすると、その注文の相殺などが十分に行われずにFX会社がリスクをとってカバーしなければならない時もあります。このためスキャルピングはFX会社にとってはリスクなのです。

また投資家の方もいろいろ考えるので、びっくりするような方法を使っている人もいます。「仮名口座」「借名口座」を使った違法な取引です。例えばSBIFXトレードでは低数量の取引はスプレッドが狭くなっていました。100万ドルの取引だとスプレッドは0.48銭、1万ドルなら0.10銭であり、1万通貨の注文を100回繰り返せば低コストで100万通貨の取引と同じになります。そこで他人の口座を 「仮名口座」「借名口座」として使い、マウスの動きを自動化させるツールで複数のパソコンで複数の口座で同時取引をするのです。取引数量別のスプレッドを悪用であり、FX会社の悩みの種だったようです。

同ジャンルのリンク

海外FX会社サイトマップ

海外FX会社について
海外FX会社とはどんな業者なのか 海外FX会社が脚光をあびたレバレッジ規制
日本の規制を嫌がって投資家も会社も海外へ 日本FX会社スプレッド拡大も海外FXの追い風
海外FX会社の利点・メリット
└ 1,000倍のハイレバレッジ
└ 何十%の入金増額ボーナス
└ 追証ゼロの0カットシステム
海外FX会社の難点・デメリット
└ 安全性が心配なとこもある
└ 英語や外国語が心配
└ 出金制度がややこしい
海外FX会社は日本語サポートが充実 都市銀行口座がないと銀行送金に苦労する
追証ゼロが常識、証拠金マイナスにはならない 海外FX会社の安全性・信頼性について
追証ありの国内FX業者の恐怖 FCA登録の海外FX業者は資産保全される
スイスフランショックに対する海外FX業者の対応 キプロス証券取引委員会(CySEC)登録のFX会社
MetaTrader帝国を切り崩すcTraderとは 信頼できるFX会社と出金トラブルがあったFX会社
★ 海外FX会社のスプレッド一覧 ★
安全性が比較的高い海外FX会社の資産管理
XMの資産はバークレイズ銀行管理  
LANDFXは英FCAの認可を取得! TradersTrustはバークレイズ銀行で資産管理
初心者の海外FX会社始め方手順♪
海外FX会社をはじめるならXMだ 初心者がやっちゃいけないこと
海外FX会社定番MT4のダウンロード・インストール方法 XMの100%ボーナスの情報と解説
XMの50%ボーナスの情報と条件解説
海外FX会社の情報やテクニックや裏ワザ
取引するほどお得なXMロイヤルティプログラム XMの低スプレッド口座:XM Zero(ECN)口座の特徴
MT4でGMOクリック証券のはっちゅう君が使えるEA  
賞金が$50000以上あるFXのコンテストサイト:FXArena
世界に唯一のFXコンテスト:FXArena  
BIG FREE コンテスト:賞金保証、参加費無料 BIG SMALL コンテスト:賞金が2000ドルから増えていく
BIG BIG コンテスト:賞金$50000以上の最大コンテスト  
FXArenaでは、あえて売買しない待ちに徹する FXArenaで1位より上位入賞すればいい
FXArenaでは1トレード500USD利食いを目標に FXArenaは日本時間のほうが勝ちやすい?
世界一のFXツール:Metatrader
01. Metatraderのインストール 02. メタトレーダーでデモ口座を開設する
3. メタトレーダーの画面の見方、フォルダの意味 4. MT4でチャートを表示する
5. MT4の足の種類や時間足の変更する 6. ローソク足や背景の色や数値の変更する
7. MT4のチャートにラインを引く 8. チャートに描写されたラインを編集・消去する
9. MT4のインジケーターをチャートに反映させる 10. チャートに反映されたインジケータの編集と削除
海外FX会社徹底分析
一言解説:
ハイレバレッジと0カットで大勝負 ・・・ XM、IFCmarkets
低スプレッドPepperstoneの後釜 ・・・ XM(ZERO)、Myfxmarkets
預託金に保証があり。信託保全 ・・・ XM、FXPRO、FXNET、TraderTrust
ボーナス、キャッシュバック豪華 ・・・ XM、LAND-FX
EAやスキャルピング向け口座 ・・・ Myfxmarkets、FXNET、TraderTrust
cTrader使いたい ・・・ FXPRO
ウサイン・ボルトのファン ・・・XM
★5 XMの記事 レバレッジ888倍!あのウサイン・ボルトのスポンサー!
└ XMの口座開設手順
└ XMの特徴・魅力
└ XMの日本語対応
└ XMの入出金方法
└ XMのレバレッジ・ロスカット
└ XMの評判・口コミ
└ XMの入金ボーナス
└ XMの携帯・モバイル
└ XMの総合評価
└ XMの資産はバークレイズ銀行管理
└ XM無料シグナル配信有り
└ 画期的なFXアリーナで賞金をGETできる!
└ ウサイン・ボルト選手がXMの公認大使に就任
└ XMは2016年のWF100にFX会社で唯一選出
 
★5 FXPRO記事 高い信頼性、ハイレバ+0カット ★3 LAND-FX記事 低スプ+ボーナス
└ FXPROの特徴・魅力
└ FXPROの日本語対応
└ FXPROの入出金方法
└ FXPROのレバレッジ・ロスカット
└ FXPROの評判・口コミ
└ FXPROの入金ボーナス
└ FXPROの携帯・モバイル
└ FXPROの総合評価
└ FXPROの資産管理はバークレイズ
└ LAND-FXの特徴・魅力
└ LAND-FXの日本語対応
└ LAND-FXの入出金方法
└ LAND-FXのレバレッジ・ロスカット
└ LAND-FXの評判・口コミ
└ LAND-FXの入金ボーナス
└ LAND-FXの携帯・モバイル
└ LAND-FXの総合評価
└ LAND-FXはWestpac銀行で分別管理
★3 IFCMarkets記事 レバレッジ1000倍 ★3 TradersTrust記事 STPで透明性高い
└ IFCMarketsの特徴・魅力
└ IFCMarketsの日本語対応
└ IFCMarketsの入出金方法
└ IFCMarketsのレバレッジ・ロスカット
└ IFCMarketsの評判・口コミ
└ IFCMarketsの入金ボーナス
└ IFCMarketsの携帯・モバイル
└ IFCMarketsの総合評価

└ TradersTrustの特徴・魅力
└ TradersTrustの日本語対応
└ TradersTrustの入出金方法
└ TradersTrustのレバレッジ・ロスカット
└ TradersTrustの評判・口コミ
└ TradersTrustの入金ボーナス
└ TradersTrustの携帯・モバイル
└ TradersTrustの総合評価
└ TradersTrustはバークレイズ銀行で資産管理
★1 InfintySpace レバレッジ1000倍 ★2 Myfxmarkets記事 登録国がモーリシャスに
・レバレッジ1000倍が使える小規模業者
・個人サイトみたいな公式サイトが不安
そこそこの取引環境
そこそこのサービス
★1 FXDD レバレッジ400倍&自動売買 ★1 InstaForex レバレッジ1,000倍
・昔はよかった海外FX会社先駆け
・今はいろんなサービスが中途半端
・ロシアの会社
・日本語未対応
各国の金融監督機関
FCA (イギリスの金融行動監視機構) CySEC (キプロス証券取引委員会)
ASIC (オーストラリア証券投資委員会) MiFID (EU金融商品市場指令)
海外FX会社に関するQ&A
英語がしゃべれなくて心配なんだけど・・・ どれくらい日本語に対応しているの?
海外FX会社って安全なの? 海外FX会社にはクレジットカードが絶対必要?
海外FX会社の口座開設条件って何? 海外FX会社のスワップ金利ってどれくらい?
海外FX会社のスプレッドってどれくらい? 海外FX会社の情報サービスってどんなもの?
海外FX会社のモバイル対応ってどうなってる? 海外FX会社の入金ボーナスってどんなの?
レバレッジが高い海外FX会社はどこ? スキャルピングに適した海外FX会社はどこ?
海外FX会社XMの紹介をしたいなら? 海外FX会社にマイナンバーは必要なの?
海外FX会社の0カットシステム(NBP)とは?  
海外FX会社のプロモーションやキャンペーン
XM お花見プロモ2016 XM FXワールドチャンピオンシップ
ウサイン・ボルト選手がXMの公認大使に就任 XMは2016年のWF100にFX会社で唯一選出
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!