レバレッジ規制によってハイレバレッジを使うなら海外FX会社しかない

日本のFX会社はレバレッジ規制された

遡ること2008年頃、日本のFX会社のレバレッジはものすごいレベルになっていました。あの外為オンラインやマネーパートナーズでレバレッジ200倍を導入するなど当たり前、FXTSやみんなのFXなどはレバレッジ400倍、IGマーケッツ証券はストップロス限定という条件つきでなんとレバレッジ700倍を使うことができたのです。それこそ1万円で何十万通貨もポジションをもつことができたので、限界までハイレバレッジをかけた人の中には、10万円を6億円にした伝説の個人投資家もいました。

しかし日本の閉鎖的象徴機関である金融庁は、2010年まで猶予期間をおいてから、まず50倍までに、そして2011年には全てのFX業者のレバレッジを25倍までに引き下げることが決定しました。そして現在、日本のFX会社は最大レバレッジ25倍までしかレバレッジをかけることができなくなってしまったのです。規制があるのは世界中でも日本とアメリカぐらい、アメリカでさえレバレッジ100倍です。

ハイレバレッジを使いたいなら海外FX会社しかない

確かにハイレバレッジはハイリスクであることも事実です。相場がほんの1%動くだけでレバレッジ100倍の口座は証拠金がすべて無くなってしまいます。ですが逆に動けば口座は2倍になるのです。ハイレバレッジはハイリスク・ハイリターン。このリスクの許容範囲は各々の裁量に任せてしかるべきです。

そんなレバレッジ規制もあって、ハイレバレッジは日本のFX会社では使えないのです。よってハイレバレッジを使いたいなら海外のFX会社を利用するしかありません。現在、海外FX会社を使っている日本の個人投資家たちはほぼすべてがハイレバレッジを使いたいのが理由になっています。そのレバレッジですが海外FX会社でもピンからキリまであります。低いところであれば100倍、高いところでは1,000倍という超ハイレバレッジを適用しているところもあるのです。もちろんハイレバレッジはハイリスクハイリターンですが、介入相場などのチャンスを見極めて使えば大きな武器になりえます。

同ジャンルのリンク

海外FX会社サイトマップ

海外FX会社について
海外FX会社とはどんな業者なのか 脚光をあびたレバレッジ規制
規制を嫌がって投資家も会社も海外へ 日本FX会社スプレッド拡大
海外FX会社の利点・メリット
└ ハイレバレッジ
└ 入金増額ボーナス
└ 追証ゼロの0カットシステム
海外FX会社の難点・デメリット
└ 安全性が心配なとこもある
└ 英語や外国語が心配
└ 出金制度がややこしい
海外FX会社は日本語サポートが充実 都市銀行口座がないと銀行送金に苦労する
追証ゼロが常識、証拠金マイナスにはならない 追証ありの国内FX業者の恐怖
スイスフランショックに対する海外FX業者の対応  
海外FX会社のスプレッド一覧
初心者の海外FX会社始め方
定番MT4のダウンロード・インストール方法 初心者がやっちゃいけないこと
海外FX会社の情報やテクニックや裏ワザ
取引するほどお得なXMロイヤルティプログラム XMの低スプレッド口座:XM Zero(ECN)口座の特徴
MT4でGMOクリック証券のはっちゅう君が使えるEA  
賞金が$50000以上あるFXのコンテストサイト:FXArena
世界に唯一のFXコンテスト:FXArena  
BIG FREE コンテスト:賞金保証、参加費無料 BIG SMALL コンテスト:賞金が2000ドルから増えていく
BIG BIG コンテスト:賞金$50000以上の最大コンテスト  
FXArenaでは、あえて売買しない待ちに徹する FXArenaで1位より上位入賞すればいい
FXArenaでは1トレード500USD利食いを目標に FXArenaは日本時間のほうが勝ちやすい?
世界一のFXツール:Metatrader
01. Metatraderのインストール 02. メタトレーダーでデモ口座を開設する
3. メタトレーダーの画面の見方、フォルダの意味 4. MT4でチャートを表示する
5. MT4の足の種類や時間足の変更する 6. ローソク足や背景の色や数値の変更する
7. MT4のチャートにラインを引く 8. チャートに描写されたラインを編集・消去する
9. MT4のインジケーターをチャートに反映させる 10. チャートに反映されたインジケータの編集と削除
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!