TradersTrustはレバレッジ500倍、STPブローカーとして取引と会社の情報に透明度が高い

各コンテンツのショートカット

TradersTrustの特徴               ▼TradersTrustの日本語対応

TradersTrustの入出金              ▼TradersTrustのレバレッジ

TradersTrustの評判               ▼TradersTrustのボーナス

TradersTrustの携帯               ▼TradersTrustの総合評価

TradersTrustの詳細データ

TradersTrustの特徴・魅力

【TradersTrustとは】
TradersTrustとはキプロスを拠点にヨーロッパ各地で展開しているFXブローカーです。NDDのSTP採用と宣言しておきながら実際は呑んでいる業者がいる中で、真っ当なSTPブローカーとして透明性のある運営をしています。最近は低スプレッド環境が日本のトレーダーに評判がいいことに気づき、低スプレッド環境を頑張って作っています(STPは価格操作ができないのでスプレッドを狭くするのは自社利益を削ることなので大変)。キプロスのFXブローカーということでキプロス証券取引等監視委員会(CySEC)に登録、顧客資産は英バークレイズで管理、外部監査などでレートだけでなく会社の透明度も高くなっています。レバレッジは500倍、追証なし、世界標準のMetatraderを採用し、24時間のサポート体制を整えています。

【100%STPブローカー】
TradersTrustは、完全なSTPブローカーとして運営されており、NDD(ディーリングデスクなし)の環境になっています。STPとは(Straight Through Processing)といい、再入力や手動介入なしで法規・規制の下、電子的に行われる取引形式です。飲み業者といわれるディーリングデスク有りのFX会社の場合、価格の再提示や市場価格、スプレッドまでも変更し注文を操作することができるので顧客が不利益になるように価格を操作されることが多々有ります。STPはそういった注文の操作といったことができません。FXブローカーは市場のスプレッドに手数料分を上乗せ(マークアップ)して提示するので、投資家が取引すればするだけFX会社も儲かり、FX会社と投資家の間に利益相反の形が起こらないのです。ただし逆にレートをいじれない以上、固定スプレッドやスリッページ0というのは不可能になります。逆に言えばそういった環境はディーリングデスク有りの可能性が高いのです。

取引条件
口座種別
通常口座
LowSpread口座
ECN口座
取引手数料
なし
5USD/lot(往復)
最低入金額
100 USD
$500 USD
最小LOT
0.01LOT
レバレッジ
100~5000USD:500倍
5001~50.000USD:200倍
50.000USD~:100 倍
取引銘柄
FX43 CFD15
取引スタイル
制限なし
EA
制限なし
スキャ
制限なし
プラットフォーム
MT4
VPS提供
なし
追証
追証なし
マージンコール
80%
ロスカット
50%

 

【両建ては片方の証拠金】
TradersTrustでは両建てをした場合、片方の証拠金だけで済みます。両建てポジションの必要証拠金うち、大きい方のポジションを基準として計算されるのです。

【EA使用可能、スキャルピングOK】
TradersTrustではEAのり用がOKです。またスキャルピング利用もOKとなります。透明性の高いSTPのため、投資家が取引をしてくれればれくれるほどTradersTrustも儲かるので、どんどん取引を歓迎してくれます。

【キプロス証券取引等監視委員会(CySEC)に登録】
TradersTrustの運営会社:TTCM Traders Trust Capital Markets Ltd は Cyprus Securities and Exchange Commission (CySEC)によって規制・認可された大手金融会社です(認可番号 CIF 107/09)。そのためCySECの原則に従い、顧客の資産は最大限の保護を確保されています。また規制当局はキプロスだけでなく、取得の難しい英国 Financial Conduct Authority (FCA) 、ドイツのBaFin、フランスの Banque de France、スペインのCNMV、イタリアのCONSOB、スウェーデンのFI、オランダのAFM、デンマークのThe Danish FSAなどヨーロッパ各国のライセンスを保有しています。

TTCM Traders Trust Capital Markets Ltd の規制・監督機関
CySEC (キプロス証券取引委員会)認可、ライセンス番号107/09
英国 Financial Conduct Authority (FCA)
ドイツ Bundesanstalt fur Finanzdienstleistungsaufsicht (BaFin)
フランス Banque de France
スペイン Comision Nacional del Mercado de Valores (CNMV)
イタリア - Commissione Nazionale per le Societa e la Borsa (CONSOB)
スウェーデン - Finansinspektionen (FI)
オランダ Netherlands Authority for the Financial Markets (AFM)
デンマーク Finanstilsynet (The Danish FSA)
ICF (投資家補償基金)

 

【資産管理銀行は世界の大手金融機関】
投資家の資産は会社の資産とは分別して管理され、その管理先の銀行はBarclays Bank PLC、Credit Suisse AG、UBS、Bank of America Merrill Lynch、Deutsche Bank、J.P. Morgan、BNP Paribasなどの世界の大手インベストメントグレード銀行のパートナーです。

Barclays Bank PLC
バークレイズはイギリスに本拠地を構える国際的な金融グループです。1690年に創業し、本国イギリスをはじめとする、ヨーロッパ各国、アメリカ、中東、ラテンアメリカ、オーストラリア、アジア、アフリカなど全世界に幅広い営業拠点を持ち、総資産高では世界第2位を補超えるなど、イギリスだけでなく世界的にもTOPクラスの大金融機関です。

Credit Suisse AG
クレディ・スイスは名前のとおりスイスのチューリッヒに本社を置く国際的な金融機関です。スイスというお金持ちが対象のプライベート・バンキングや富裕層向け資産管理業務、資産運用業務などが有名です。創立以来150年におよぶ歴史を通じて、世界中のお金持ち事業法人、機関投資家、個人富裕層、スイス国内個人顧客など幅広い層を顧客に持ち、100以上の国籍におよぶ約47000名の従業員を有しています。スイスやニューヨークには株式も上場しています。

UBS:
UBSは、スイスに本拠を置く世界有数の規模を持つ銀行です。スイスの銀行というイメージが強いですが、実際はグローバルに展開する国際金融機関です。バーゼルとチューリッヒに主要オフィスを構え世界の主要な全金融市場に事務所を構え、50か国余で金融サービスを提供、従業員は60,200人を超えます。全運用資産額は2兆6,400億スイスフラン、株式資本額508億スイスフラン、時価総額640億スイスフランと巨大です。

Bank of America Merrill Lync:
バンクオブアメリカ・メリルリンチは元米国三大投資銀行の一つで、国際的に幅広く展開をしていた金融機関。投資銀行業を始めとし、世界37カ国・地域に展開していた金融グループ。リーマン・ショックの影響でバンク・オブ・アメリカに買収され、今の社名になりました。

Deutsche Bank(ドイツ銀行):

ドイツ連邦を代表する国際金融機関最大手、ドイツ銀行、コメルツ銀行、ドレスナー銀行とともに「ドイツ三大銀行」と呼ばれていました。ドイツ銀行グループの中核企業で約7万8000人の従業員をもつ世界有数の金融機関。

J.P. Morgan:
JPモルガンはアメリカを代表する金融グループであり、総資産2.2兆ドル。世界60カ国以上に営業拠点をもつ巨大組織。りリーマン・ショックによるダメージが抑えられたことであのゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーらを上回り、投資銀行部門では世界首位になっていTOP企業です。

BNP Paribas:
BNPパリバ銀行は、フランス・パリに本拠を置く世界有数の金融グループです。2000年にパリ国立銀行とパリバが合併して誕生した経緯をもち、ブルームバーグとフォーブスにより3.1兆ドルの資産を持つ世界最大の銀行および事業会社として評価されたこともある巨大金融グループです。

【投資家の資産は2万EURまで保証】
TraderTrustはICF投資家補償基金という団体に加盟しています。この団体は加盟企業が万一破綻した場合、その規定に基づきICFにより最大2万EURが保障されることになっています。投資家は資金の安全性を保証されれ安心して取引ができます。またそもそもTraderTrustはライセンス登録しているキプロス証券取引委員会(通称サイセックCySEC)の求める形での決算報告義務があり、加えて外部監査会社が受益代理人として信託状況をチェックしています。つまり万一というのはこういった監査会社やCySECの監督の網の目をかいくぐって、顧客資産が全てなくなってその業者が破綻した場合の補償になります。普通に考えれば万一のことが起こる可能性は相当に低く、さらにその万一になっても保証があるということです。

 

>> TradersTrustの口座開設はコチラから <<

TradersTrustの日本語対応

【日本語サイト】
TradersTrustのホームページは日本語化されています。

【日本語システム】
WEBシステムやMT4は日本語化できます。

【日本人スタッフ】
TradersTrustには日本人のスタッフ在籍しています。安心できますね。
サポートの対応は結構早く、月~金で24時間サポート対応です。

【日本語メールサポート】
TradersTrustでは日本語でのメールサポートがあります。

【日本語電話サポート】
TradersTrustでは日本語での電話もできます。

【日本語ライブチャット】
TradersTrustは日本語ライブチャットもサポートできるようになりました。

>> TradersTrustの口座開設はコチラから <<

TradersTrustの入金・出金方法

TradersTrustが使いやすい口座の特徴として、なんとクレジットカード入金が迅速反映。ほぼリアルタイムの数分以内、遅くとも1時間以内に着金するので、相場の動きを見て即座にログイン>入金>取引ということができます。また電子マネーもヨーロッパ各国のいろんな電子マネーに対応、なんとBitcoinでの入金もできるという珍しい入金方法があります。初回預託金は100USDです。レバレッジ500倍なので100USDでも50000USD相当の取引ができます。

また信頼性を重視するTradersTrustは入金のセキュリティにも細心の注意をはらっています。インターネット上の機密デー タを保護するための最も広く受け入れられている手法SSL技術(secure socket layer)を使用しています。また投資家の個人情報は、最新のファイアウォールシステムで保護され、安全なサーバーに格納されます。パスワードはMD5ハッシュ関数を使用してハッシュ技術を用いることにより、パスワードを保護しています。ログイン処理の際、暗号キーは1024ビットRSA暗号化を使用して行われます。キーの交換が行われた後、各データのパケットはトリプルDESによって暗号化されます。

【対応クレジットカード】
TradersTrustで対応しているクレジットカードでは、Visa(ビザ)、Visa Electron(ビザエレクトロン)、Mastercard(マスターカード)、の二大ブランドが取り扱われています。JCBは取り扱われていません。これらのクレジットカードであれば入金が1~2時間程度で反映されます。もちろん手数料無料です。言うまでもないですが、口座名義とカード名義が同一人物でないと利用することはできません。

【対応電子マネー】
TradersTrustは電子マネーとしてはOKPAY、PayCo、FasaPay、Cash4WM、Bitcoinに対応しています。これらの電子マネーも1~2時間、遅くでも1営業日中に反映されます。Bitcoinがあるのが珍しいです。入金の際はFasaPay、OKPAYは0.5%ほどの手数料が差し引かれます。

【銀行の電信送金】
TradersTrustではもちろん銀行口座からの電信送金も可能です。その場合は銀行の都合やら入金確認の手間などで、入金の確認が普通よりも圧倒的に遅い2~5営業日ぐらいかかってしまいます。またTradersTrustは手数料を徴収はしませんが、銀行の方での手数料がかかることがあります。それに口座通貨と送金通貨が違う状態で送金をすれば、銀行による不利な為替レートによる両替や為替手数料までかかってしまうので、余程の理由でも無い限りは銀行送金はおすすめできません。ただ、最近はTradersTrustの三井住友銀行への国内送金で入金することができます。こちらの場合、手数料は振込手数料分が各銀行で、反映は1営業日ほどです。

【出金】
預託金の送金がクレジットカードや電子マネーで行われた場合、入金額を上限として同じクレジットカード、電子マネーへ振り込むことができます。手数料に関してはクレジットカードや電子マネーは無料です。銀行送金についてはTraderstrust側の銀行の手数料およそ25USDほどかかり、さらに中継銀行を介する場合はさらに手数料がかかります。反映が最も早いのは電子マネーで通常1-2時間、最大1営業日ほどで反映されます。クレジットカードや銀行送金はおよそ3~7営業日ほどかかります。

入金方法 反映時間 手数料
クレジットカード 通常1-2時間、最大1営業日 無料
銀行送金(国内) 1営業日 各銀行振込手数料
銀行送金(海外) 3営業日 銀行手数料+為替
電子マネー 通常1-2時間、最大1営業日 PayCo:無料
Bitcoin:無料
FasaPay:0.5%
OKPAY:0.5%
出金方法    
クレジットカード 3~7営業日 無料
銀行送金 3~7営業日 25USD+銀行手数料
電子マネー 通常1-2時間、最大1営業日 無料
出金に必要な書類 ① 身分証明書
② 住所確認書類

 

>> TradersTrustの口座開設はコチラから <<

TradersTrustのレバレッジとロスカット

【最大レバレッジは500倍】
海外FX業者の最大の魅力としてメリットが最大レバレッジが日本業者よりも圧倒的に高いところです。TradersTrustの最大レバレッジはなんと500倍にもなります。レバレッジには制限があり、総取引量によってレバレッジが500倍から100倍まで下げられます。

エクイティ(USD) レバレッジ
100-5000 1:500 まで
5001-50,000 1:200 まで
+50,000 1:100 まで

 

【証拠金維持率は低く、0カット制度あり】
TradersTrustのロスカット制度は維持率80%でマージンコール、維持率50%でロスカットになります。証拠金の半分までは粘れるということです。またTradersTrustでは追証なしなので、例えロスカットでマイナスになっても追証にならず0カットです。ハイレバレッジと0カット制度という、海外FX業者のメリットを最大限活かせるスペックを有しているのです。

レバレッジは500倍
0カット制度あり!

 

>> TradersTrustの口座開設はコチラから <<

TradersTrustの評判・口コミ

Yahoo!知恵袋:なし

教えて!goo:なし

【TradersTrustの評判・口コミ】
TradersTrustはあまり口コミの声がありません。知名度が低いです。

>> TradersTrustの口座開設はコチラから <<

TradersTrustのボーナス

TradersTrustはボーナスやキャッシュバックといった制度は提供していません。

>> TradersTrustの口座開設はコチラから <<

TradersTrustの携帯・モバイル

TradersTrustはグローバルに対応したFX業者なので、スマートフォン対応が中心のモバイル対応になっています。WEBトレードシステムがあるのでスマートフォンでWEBアクセスができればそのまま取引も可能です。そしてモバイル取引にはスマートフォンであるiPhoneやAndroid、iPad、に対応です。

Metatraderの機能:
オペレーティングシステム: Windows 8/7/Vista/XP
プロセッサ: 1.5 GHZ
RAM: 1 GB
画面解像度: 1024x768
ブロードバンドインターネット接続

人気のMT4 機能::
多種多様なチャートツールとインジケーター
ワンクリック注文
カスタムEAとインジケーター作成・インストールプログラミング
インポート・エクスポート機能とデータベース管理

iPhone・iPad取引プラットフォーム:
3G、3GS、4G、iPod Touch、iPad を含むアップルのiPhoneモデル対応
言語:英語、中国語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、スペイン語。

androidアプリケーション:
言語:英語、中国語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、スペイン語。

>> TradersTrustの口座開設はコチラから <<

総合評価 評価の理由 5段階評価
レバレッジ TradersTrustのレバレッジは最大500倍になります。ポジションの量によってレバレッジが段階的に500倍から100話に下げられていきます。 ★★★
ロスカット ロスカットは必要証拠金の80%でマージンコールが起こり、50%でロスカットが執行されます。証拠金全額まで引っ張ることはできません。TradersTrustでは追証はありません。万一ロスカットが執行されずにマイナス残高になっても0調整してくれる0カットを導入しています。 ★★★
コスト面 スプレッドはおおよそ1.5~2.0pipsほどです。TradersTrustはSTP方式を採用した強力な約定力、かつリクオート・約定拒否なしの注文環境が評価されてます。STP方式では価格をいじることはできないので、スプレッドを狭くするには限界があります。 ★★★
日本語対応 日本語サイトあり、日本人スタッフが在籍し、メールやチャットなどのサポートをしてくれます。レスポンスは意外に早く、24時間サポートになっているようです。 ★★★★
入出金方法 クレジットカード、電子マネー、銀行送金があります。電子マネーはOKPAY、PayCo、FasaPay、Cash4WM、Bitcoinとかなり多彩で、Bitcoinは珍しいです。手数料はクレジットカードは無料、電子マネーは無料のと0.5%かかるものがあります。また三井住友銀行への国内送金で入金することもできます。 ★★★★
安全・信頼性 TradersTrustはキプロス証券取引委員会(CySEC)により認可を受けた正規のFXブローカーです。外部企業の監査にCySECの監督など複数の監視の目があり、会社の透明性が高いです。またキプロスのCySECだけでなくEUおよびEEA(欧州経済領域)圏内にて正式な金融ライセンスを取得しています。資産管理銀行はバークレイズをはじめとした国際金融機関。さらにICF投資家補償基金に加盟していることで、万が一のことがあっても2万EURまでの保証がついています。 ★★★★★
評判・人気 知名度が低いので、口コミの声はほとんどありません。
携帯・モバイル iPhoneやAndroid、iPad、Windows Phoneなどほぼ全ての種類のスマートフォンに対応しています。さらにWEB取引ツールもあるために、WEBアクセスだけで利用可能です。 ★★★★
ボーナス ボーナスやキャッシュバックなどは実施されないようです。
総合判断 TradersTrustの魅力はSTP方式を採用した、リクオート・約定拒否がない透明性の高い注文環境です。加えて欧州各国のライセンスを保有し、2万EURまでの保証があるという会社の透明性も高く信頼性が高いです。反面、スプレッドはそこまで狭くなく、VPSサービスがなかったり、独自性の強い大きなサービスがありません。あまりサービスなどは求めず、純粋に約定力などの取引環境重視の人に向いています。 ★★★
>> TradersTrustの口座開設はコチラから <<

>> TradersTrustの口座開設はコチラ <<
※ 口座開設はもちろん無料です。口座維持手数料もかかりません。



TradersTrustは透明性の高いSTP、NDDの業者、100ドルからFX取引、様々な入金方法、
欧州各国のライセンス保有、バークレイズをはじめ国際金融機関での資産管理、
公的機関、監査機関によるチェックに加え、EUR 20,000までの顧客資金保全という高い信頼性、
隠された手数料なしと取引と会社の健全性に高い透明性を誇る

TradersTrust のURL : http://www.traders-trust.com/




TradersTrustの詳細データ
会社名 TTCM Traders Trust Capital Markets Limited
URL http://www.traders-trust.com/
設立 2009年
所在地 キプロス
登録 キプロス証券取引委員会(CySEC)
欧州連合 Markets in Financial Instruments Directive ('MiFID')
英国 Financial Conduct Authority (FCA)
ドイツ Bundesanstalt fur Finanzdienstleistungsaufsicht (BaFin)
フランス Banque de France
スペイン Comision Nacional del Mercado de Valores (CNMV)
イタリア - Commissione Nazionale per le Societa e la Borsa (CONSOB)
スウェーデン - Finansinspektionen (FI)
オランダ Netherlands Authority for the Financial Markets (AFM)
デンマーク Finanstilsynet (The Danish FSA)
ICF (投資家補償基金)
デモ取引
資産管理方法 分別保管
資産管理銀行
Barclays Bank PLC
使用システム MetaTrader、Webブラウザ
システムの内容 リッチクライアント型
システムの重さ 軽快に動く
サービス マイクロ口座
最低取引通貨単位 1000通貨
口座維持手数料 無料
取引手数料 無料
取扱口座通貨
JPY, USD, EUR
通貨ペア 42通貨ペア
レバレッジ 500倍
ロスカット 維持率80%でマージンコール、維持率50%でロスカット
携帯・モバイル スマートフォン対応、iPhone、iPad、AndroidOS
入出金方法 クレジットカード(ビザ、ビザエレクトロン、マスターカード、ソロ、スイッチ)、
銀行電信送金、
OKPAY、PayCo、FasaPay、Cash4WM、Bitcoin
入出金手数料 クレジットカードは無料
電子マネーは無料
銀行は各銀行間の手数料、出金はおよそ25USD
入出金時間 クレジットカードは入金は即時反映、出金は3~7営業日
電子マネーは入金は即時反映、出金は通常1-2時間。最大1営業日
銀行は入金は3~5営業日、出金は3~5営業日
両建て
複数口座
0カット
日本語サイト
日本語システム
日本人スタッフ
日本語メール
日本語電話
日本語チャット
スキャルピング
ボーナス -
>> TradersTrustの口座開設はコチラから <<

同ジャンルのリンク

 

海外FX会社サイトマップ

海外FX会社について
海外FX会社とはどんな業者なのか 脚光をあびたレバレッジ規制
規制を嫌がって投資家も会社も海外へ 日本FX会社スプレッド拡大
海外FX会社の利点・メリット
└ ハイレバレッジ
└ 入金増額ボーナス
└ 追証ゼロの0カットシステム
海外FX会社の難点・デメリット
└ 安全性が心配なとこもある
└ 英語や外国語が心配
└ 出金制度がややこしい
海外FX会社は日本語サポートが充実 都市銀行口座がないと銀行送金に苦労する
追証ゼロが常識、証拠金マイナスにはならない 追証ありの国内FX業者の恐怖
スイスフランショックに対する海外FX業者の対応  
海外FX会社のスプレッド一覧
初心者の海外FX会社始め方
定番MT4のダウンロード・インストール方法 初心者がやっちゃいけないこと
海外FX会社の情報やテクニックや裏ワザ
取引するほどお得なXMロイヤルティプログラム XMの低スプレッド口座:XM Zero(ECN)口座の特徴
MT4でGMOクリック証券のはっちゅう君が使えるEA  
賞金が$50000以上あるFXのコンテストサイト:FXArena
世界に唯一のFXコンテスト:FXArena  
BIG FREE コンテスト:賞金保証、参加費無料 BIG SMALL コンテスト:賞金が2000ドルから増えていく
BIG BIG コンテスト:賞金$50000以上の最大コンテスト  
FXArenaでは、あえて売買しない待ちに徹する FXArenaで1位より上位入賞すればいい
FXArenaでは1トレード500USD利食いを目標に FXArenaは日本時間のほうが勝ちやすい?
世界一のFXツール:Metatrader
01. Metatraderのインストール 02. メタトレーダーでデモ口座を開設する
3. メタトレーダーの画面の見方、フォルダの意味 4. MT4でチャートを表示する
5. MT4の足の種類や時間足の変更する 6. ローソク足や背景の色や数値の変更する
7. MT4のチャートにラインを引く 8. チャートに描写されたラインを編集・消去する
9. MT4のインジケーターをチャートに反映させる 10. チャートに反映されたインジケータの編集と削除
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!