マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

IFX系アクトフォレックスのシステムは約定力に優れたトレーダー向けのシステム

IFX系アクトフォレックスのシステムとは

IFX系アクトフォレックスのシステムはわかりやすい

FX業界でIFX系といわれるのは、Interactive Financial Exchangeを利用したアメリカのアクトフォレックス社が作ったシステムのことをさしています。アクトフォレックス社のシステムなので、ACT系のシステムとも言われることがあります。FX業界で有名なSAXO、GFTとは違い、それほど有名なシステムではありませんが、一部のトレーダーに好まれています。

【IFX系アクトフォレックスのシステムの特徴】
このシステムの特徴は、総じて短期売買を行うトレーダータイプの方に向いているものが多いです。最大の特徴は、スプレッドが狭い上に安定した約定力・約定スピードを誇る点です。同じく海外システムで評判がよいSAXOと比較しても遜色ないでしょう。注文ボタンを押してから約定するまで一瞬で完了するほどです。また、上の図を見てもらえばわかるように、余計な機能やウィンドウが開かない簡潔なレイアウトをとっており、直感的にわかりやすいところも好まれています。レイアウトや約定力が好まれて、一部のスキャルトレーダーには ”勝ちやすいシステム” といわれることまであります。ただし、スプレッドが広がりやすい、両建てができない、入出金がやや面倒など欠点もいくつかあります。

IFX系のシステム導入業者はどこがいいか

IFX系のシステムはFX業界ではそれほど有名ではありません。そのためシステムを導入している業者はかなり少ない部類に入ります。IFX系システムを提供しているのは「121証券」、「ヒロセ通商」、「FXトレード・フィナンシャル」 になります。ただし、121証券とヒロセ通商においては、それぞれ複数のサービスを提供している業者のため、複数のサービスの1つにIFX系システムがある程度です。また以前にはH&LもこのIFX系アクトフォレックスのシステムを導入していましたが、新しいサービス開始のため終了しています。

【121証券とヒロセ通商は重要視してない】
121証券は121FXというサービス、ヒロセ通商はHirose-FXというサービスにおいてIFX系アクトフォレックスのシステムを導入しています。しかしどちらの業者も、このサービスはあまり重要視していません。121証券はメタトレーダーを導入したRobotFXや121Traderを、ヒロセ通商は独自システムのLionFXを非常に重要視しており、IFX系システムのサービスには力を入れていないのです。今後もその傾向は変わりそうにはありません。最悪サービスを終了する可能性もあるので、これらの業者は使わないほうがいいでしょう。

【FXトレードフィナンシャルがお勧め】
上述のように121証券とヒロセ通商はオススメできないので、必然的FXトレード・フィナンシャルが候補になります。以前にはH&Lという業者もあったのですが、新サービス開始の折にそのシステムは停止されてしまいました。よってFXトレードフィナンシャルが候補となるのです。この業者も社名変更したことはありますが致命的な欠点は特になく、IFX系システムのサービスに全力を入れています。取引ツールに 「ワンクリック注文」 、チャート上から取引画面を出さずに注文する 「チャート注文機能」 、さらには逆指値が自動的に切りあがる 「トレール注文」 などを搭載して、完全に短期売買をするトレーダータイプの人を狙っています。長期投資タイプの人には向いていませんが、短期売買タイプの人にマッチしているので、頻繁に売買する人に特にオススメです。

FXトレードフィナンシャルのターゲットは短期売買タイプ
>> FXトレード・フィナンシャルの口座開設はコチラ <<

FX業者が搭載するシステムについて

同じようなシステムを複数のFX業者で見たことない?
海外システム : SAXO
海外システム : GFT
海外システム : IFX
海外システム : CMS
海外システム : FXCM
海外システム : MetaTrader
海外システム : GAIN
海外システム : IGグループ(PureDeal)
国内システム : スリーエイ・システム
国内システム : FXプラットフォーム
国内システム : フラクタル・システムズ
国内システム : SimplexTechnology
国内システム : 外為どっとコム
国内システム : セントラル短資FX
国内システム : FXプライム byGMO
国内システム : クリック証券
国内システム : EMCOM(旧FONOX)
国内システム : I&AS(外為オンライン)

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved